2012年12月22日

“すみれ”ってどんな花?


ベビーマッサージやおひな巻き、抱っこの仕方など、専門的に言えば、
赤ちゃんの体のコントールをよりよく指導できるようになりたいと、
練習のため保健現場で使われている人形を買おうと「赤ちゃん人形」と入力。

出てきたのは、「うふん♡」とポーズをとったキレイどころ。
胸から下ひらひらついた下着、いや、ランジェリー、「ベビードール」っていうんだよ。
力抜けた。。。

そういえば、以前新聞のコラムで読んだ。小児科医の話。
診察に来た女の子と話していて、 “すみれ”ってどんな花?」 
って聞かれて、その場で検索。
目の前に出てきたのは、 “きれいなおねいさん”たち! (笑)
あわててごまかしたって。
で、次回 “もも” を検索する時は、入力するのにえらい気ぃつかったって(笑)


昨日注文した。ちゃんと「人形」が届くと思うけど。。。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月21日

かぶら寿司食べながら・・・


おれは、パンなんか食やしない。麦なんて、なんにもなりゃしない。
だから麦ばたけなんか見たところで、思い出すことって、なんにもありゃしないよ。
それどころか、おれはあれを見ると、気がふさぐんだ。だけど、あんたのその
金色の髪は美しいなあ。あんたがおれと仲よくしてくれたら、おれにゃ、そいつが、
すばらしいものに見えるだろう。金色の麦をみると、あんたを思い出すだろうな。
それに、麦を吹く風の音も、おれにゃうれしいだろうな。
(〜「星の王子さま」キツネの言葉より)


「出会い」ってこういうことなんだろう。モノに対する意味ってさ、
こんなふうにして生まれて来るもんなんだろうな。死ぬまでずっとそうなの。
人間って、そうやって成長し続ける生き物なんだね。




昨日、姉貴から荷物が届いた。「かぶら寿司」と「大根のビール漬け」。
金沢のこの季節ならではの「かぶら寿司」、どちらも姉貴手作り。

旨いよ〜姉貴ぃ〜、旨すぎる(泣)

かぶら寿司
(同じ親から生まれたとは思えん。。。姉貴、美人。背高い。マメ。)



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月20日

名著「星の王子さま」


たびたび本の処分をしてきたが、これだけは手放す気が起こらなかった。
「本当に大切なものは目に見えないんだよ。」この言葉が忘れられない。
カバーは長年の時を経てシミだらけ。

この間から老前整理を始めて本棚の表紙を見た時、むしょうに読みたくなった。
毎晩数ページずつ進んで、2日前に電車の中で読み終えた。
美しい・・本当に美しい言葉の数々。
涙がポロポロ、マスクを目のきわに引き上げてごまかした。


30年前に読んだ時はこんなに深いとは分からなかった。
サン=テグジュペリしかり、訳者の内藤濯(あろう)氏しかり。

もっと知りたくて、昨日、図書館に行った。
フランス文学のコーナーの一角。
ここは、あまり借りられたことが無いようでピカピカの本ばかり。
わたし独占だよ、なんとも贅沢な(笑)


星の王子さま
(昨晩、「100分de名著」で「星の王子さま」やってたんだね。偶然!
 そうだよ、名著だよ。これ一冊でいいって思った。他の本をまた手放すことになった。)



<追記>

昨日は、道場の大掃除あり。帰りにおにぎりをいただいた。
これまたなんと贅沢なおにぎり。自分じゃよう買わん。


おにぎり



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月19日

今年最後のメンテナンスへ


昨日は、「星の王子様」を抱え、電車に乗り込む。

(私の心は無垢よ。)とばかりに神聖なる「王子様」をこれ見よがしに開くと、
(あんた、ちゃうやろ!)と周囲の視線のシュプレヒコール。
(へへん、あたしゃ、これから王子様に会いに行くんだぜ(^^)v )

Kカイロプラクティック院に到着。J先生はポキッと一撃で魔法をかける「王子様」。
ねむり姫が王子様のキスで目が覚めた、それのように。
いや、まてよ、「王子様」?それとも「王様」?


J先生から、東京に引っ越したI先生が元気でおられると伺った。
仕事も順調。良かった、と思う。
私ごときがどう気にかけようが、I先生にはなんの関係も無いが、
人は時間を共有したぶん、それを大事にしたっていい。
私の中で「良かった」と思う。それだけでいい。

時間といえば、何故かJ先生と話していると時間を忘れてしまう。
それで帰りぎわの段取りが悪くなることたびたび。
行ったら忘れるから、次からは着いたらすぐに帰る準備をぬかりなくやらねば。(?)




<追記>

昨日の熊取町、駅の階段を降りるとスーッと冷たい空気。引き締まる。気持ちいい〜。
ズレたピントがぴったり合ったような澄んだ町並み、山の稜線。
体じゅうの細胞が洗われるって、あのことだ。

駅の壁に「クリスマスツリー」。
夜になったらどんなだろう。どんなにかきれいだろう。。。

クリスマスツリー




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月18日

プロのこだわり価格。


近所のお家が塗り替え。
業者さん曰く、最高の施工、屋根と外壁で330万!!
塗料もトップレベル、ビニールみたいにびよ〜んと伸びて弾性あり〜の、断熱性あり〜の。
夏でも家内の気温が2〜3℃は下がるそう。

相場、150万もあればシリコンレベルのができる。
そこの業者は「安い仕事はしません。そのかわりプロのこだわり仕事をします。」と。
なんだか徹底した仕事をしてくれる“期待感”が根拠もないのに湧いてくる。
さぞかしいい仕事しはるんやろなぁ。。。300万かぁ〜。。。


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記