2012年12月31日

今年ラストのお歳暮の買い物

いよいよ今年もあと二日の昨日、お歳暮のお肉を買いにホテル竹園の精肉部さんへ。
9時半開店で9時40分に到着。すでに10メートルの列。こんなことでは負けません。
行列の横には、電気ストーブ、お茶のポット。すべてお店のサービス。
雨のせいで床がツルツル、わたしの目の前だけでも3人コケた。。。(危たらーっ(汗)

今年の年末奉仕品は、特選但馬牛切り落とし。100g315円!破格のお値段!
でも、確か去年まではすきやき用肉だったはず・・・バッド(下向き矢印)
いや、切り落としだからといって質が落ちるってもんでもないのだ!グッド(上向き矢印)

見たら上質の赤身肉。迷わずゲット。あとはほどよい霜降り肉を。
肉の3キロはずっしりと重い。ああひらめき生まれたての赤ちゃんくらいだね。



<追記>

入り口には誘惑はなはだしいコロッケ製造部あり。アツアツが買える。
お肉の注文の前にちょっと・・・ご多分にもれず、購入。

竹園コロッケ

竹園コロッケ2
(中はこんな感じ。薄味。とってもやわらかい。1個99円也。)



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月30日

今年はやめとこうかと思ったけど・・・。

昨日は障子張り。「はがすの楽チン」なんての買ってきて使ってみたけど、
アカンやん!これだったら、水で濡らした方が一枚ぺラッとキレイにはがせる!(疲)
しかしこの作業、いつまで続けられるか・・・けっこう重労働。

左隣のお家は障子の張り替えをしている気配が無いし、
右隣のお家は引っ越してきた早々にロールスクリーンに替えた。
ウチもそろそろ。。。

それにしても、「赤ちゃん人形」。メッチャ寒そうなんでフリースにくるんでみた。
部屋に置いたら、夜そのまんまにしとくのもなんだし、横にする(まぶたが閉じる)。
取り扱いが心情的に複雑だ。。。


赤ちゃん人形服着せる


<追記>

二倍強いってのはホンマに強い!今年はまったく破れなかった。
わたしの不意の掃除機攻撃にも耐えた。


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月29日

やっと年賀状

昨日は年賀状の印刷。毎年こんなもん。作ってる最中は来年こそ早くに!と、思うが、
数が少ないから・・・という思惑がはびこり、結局、せっぱつまることになる。

最初考えていた図案とまったく違ったものに。来年巳年、ヘビってさ、なんか怖いじゃない?、
そのイメージ脱却しようと試行錯誤の作品。若づくり過ぎ?

数年前、誰に出そうか、相当 数を減らしたが、いつのまにか増えるもの。
そんなときに思い出すのは、T先生からのハガキ。

22年末、今度の3月に長年勤めた病院を定年に2年残し退職、
「脳力・体力・気力が多少残っている筈のうちに」自分に時間を与え、
やり残した仕事のけりをつけたい、との由。
お世話になった方々への感謝の言葉とともに、年始の挨拶も本年限りにさせて
頂きたいとのお願いで締めくくってあった。

なんともいさぎよい、T先生らしい終わり。

わたしはまだ若輩者。まったく年賀状を出さないのも早すぎるに違いない。
しかし、憧れる。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月28日

「キクチカラ」


昨日のテレビ。阿川佐和子さんといえば「キクチカラ」と、司会者が何度も言うから、
「きくち〜(から)」ってなあに?「菊池カラ」って誰?と、
頭の中でありとあらゆる知識を総動員。ものすごいスピードで回った。
話の流れから本の題名「聞く力」と知り、これまた100万部以上のベストセラーと知り、
自分の無知さに恥。。。

以前、阿川さんがテレビで語ったエピソード。
昔、2段ベッドを降りようとして、めんどくさくて下に置いてある椅子に飛んだ。
したら、イスがひっくり返って脚の先が阿川さんの股間にグサリ。
やたら痛いし、見たら出血。。。阿川さんのたまう「これがわたしの初体験」(爆笑!)
「これで子どもが生まれたらイス子。。。」

この話を18歳のT君が分かりやすいように語ってくれた。彼はどんな大人になるんだろう・・・。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月27日

賞味期限。


ビリケンさんってアメリカ発祥だってね、世界中に像があるんだってね、知らんかった。

昨日はクリスマスツリーの片づけ。飾りを一つ一ついとおしみながら袋詰め。
今度これらが箱から出るのはいつのことか。パンパンになった箱にギュッと紐をかけ倉庫奥へ。
今年はいつもにも増して重かった。体力低下をこんなところにも感じる。

重いといえば、整理した本、専門雑誌のたぐい。畳半畳分に50cmくらい積み上がった。
持ってただけでちっとも身についとらん(笑)賞味期限切れ。あら、あたいもとっくに(笑)
賞味期限とは、往々にして“切れてから気づく”ものよ。
明日廃品回収へ(本とか雑誌を!)。運ぶのにまた体力がぁ・・・。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記