2012年11月18日

年末までに想像以上のゴミが出そう。。。


昨日、事業所の20周年記念講演会があったので行ってきた。

『老前整理』の著者、坂岡洋子さんをお招きしての講演。


インテリアコーディネーターの坂岡さんは、
もともと公共の施設のデザインにかかわっていたが、
個人の家にもかかわるようになって、愕然とした。

とにかく物が多い!

介護保険制度が始まってからは、家のリフォームにも参加、
物があふれていて手すりを付けようにも使えない、
車椅子が通る場所もない、そんな家の多いこと!



整理するということは、想像以上のエネルギーを使うのだという。

「気力・体力・判断力」が相当必要で、年を取ってからではできないのだ。


年老いた親に整理しとくように言ったって、「もったいない。」と言う。
でも結局、体が動いてくれないんだろうね。



物が多くて生活が不便って、なんか贅沢な国だな。

「断捨離」とか、「捨てる技術」とか、
そんなのが流行り出して、セミナーやコンサルタントの職業までできてる。






10年くらい前までは、かたづけ術がはやってたよね。
捨てるんじゃなくて、キレイに収めるの。
アイディア満載の収納術に、「へ〜。。。」って関心して見てたよ。
人気収納アドバイザーさん、収納御殿、建てはったもんね。


10年以上前に“キレイに”押し込んだものが、
10年なんてあっという間で、
いつのまにか、「まったく使わずに置いてたゴミ」になっちゃった!






posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記