2012年10月21日

母、退院。


昨日、兄から電話あり。「病院から連れ戻したぞ。」と。

(え!? こらまた、なんか事件でも起きたか!)体がこわばった。


訊きなおしてみると、なんのことはない、母が退院したのであった。


振り返ってみると、5カ月。

こけて入院して3カ月、歩けないまま脱出するよう転院させ骨折が判明、
手術、リハビリ・・・と2カ月。

1週間、1週間は早かったが、そうか、まだ半年も経っていないんだ。

長く感じたなあ〜。。。



母は家に着くなり、杖もつかず、気になっていた5か月分の用事を済まそうと、
あっちこっち飛びまわっているらしい。

退院時も「そんなに速く歩いちゃダメだ!」と看護師さんに注意されていたそうだ。

人工骨頭を入れた脚の反対の膝も悪いので、そっちの心配もある。



兄の携帯電話に出た母は、好き放題しゃべったあと、
「こりゃ、電話より便利なもんやな〜。」と言っている。

耳も遠いうえ、興奮気味で、こっちの話をちっとも聞かん。

ブチっと切られた電話、
(おい!こら!)とばかりにこっちからかけ直した。


「今度こけたら、反対側が折れるデ。」

母に釘を刺すよう、兄に頼んだ。





posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記