2012年07月04日

1年ぶりのせいちゃん。


昨日は、1年ぶりにせいちゃんのところに行ってきました。

せいちゃん、2歳になったんだね。

1年前は、やっと首がすわったかな〜って感じでしたが、
昨日は、ゴロゴロと寝がえりしてました。


ゴロゴロゴロ・・・・

ゴロゴロゴロ・・・・


声をかけても、おもちゃを見せても、

ゴロゴロゴロ・・・・



「めっちゃ元気になったよ〜。」って、
いつも行ってる看護師さんには聞いていました。
確かにパワーアップしてました。


が、


困ったパターンです。


首をグッとそらして、腹ばいに。

肩が支えれなくて、また同じ方向に首をそらして、仰向けに。

またそらして、腹ばいに。


弱い体幹部と連動して、肩の支持ができず、
本人は、腹ばいで移動したいのに、ひっくり返ってしまう・・・
パターン運動です。
そんな移動方法を身につけてしまってました。

立たせてみると、膝をロックしてつま先立ちになってしまいます。
首、背中を緊張させ、骨盤が後ろに引かれた状態です。


まずは丸抱きだっこで背筋の緊張を取ろうとしましたが、
嫌がって、からだぐにゃぐにゃ、手足バタバタ、
いっときもじっとしてません。


あの手この手で、悪戦苦闘1時間。

まず、パターン運動での寝返りが止まりました。

寝がえりを繰り返すことがなくなりました。

仰向けでじっとしていられるようになったので、
胸やおなか、腰まわりをやさしくスリスリ、なでなで。

生まれた時から、せいちゃんは、肺の疾患があり、
体幹部、特に下部肋骨のあたりがガチガチになってます。

バタバタ体を動かしたがるのは、カチカチの体をほぐしたくてしょうがない、
からだの自然な反応です。

スリスリを止めると、(もっとやってよ〜。)というように、
わたしを目で追います。


腕を上げたり、足を上げたりしてあげて、
体を丸くする遊びをしました。

これで、丸抱きだっこも嫌がりません。

あぐらをかいた膝の中にせいちゃんをポッコリ入れて、
あっちに揺すり、こっちに揺すり、トントンしたり。


しばらくして、腹ばいで肩で支えて止まっていられるようになり、
やっと目を合せてくれるようになりました。
そして、ニコッと笑ってくれました。

そうなれば、あとはこんな動き方もあるんだよ〜っと、
次の動作に結びつく運動パターンを経験させることです。



せいちゃんは生まれた時、生きるか死ぬかの超未熟児でした。

ですから、周囲は、どうしても運動発達の遅れに目が行きがちです。
アプローチもそこのところが主になるのでしょう。


もともと赤ちゃんは動くものです。
でも、コミュニケーションはとれます。

最初はお母さんにじっと抱かれることで、
落ち着きや人への安心感、愛着感を高めます。

せいちゃんは、落ち着きがなく、声かけにも反応しない、
自分のしたいことに突進する・・・
コミュニケーションが取りづらい状況です。

哺乳力が弱くて、生まれた時からずっと鼻腔栄養でしたし、
入院もしていたので、抱っこの機会が少なかったのもあると思います。



運動機能の発達も大事ですが、情緒面のかかわりも忘れずに
大事にしていって欲しいと思いました。
まずは、じっと抱かれるようになることです。

いつもかかわっているスタッフに、
そこのところにも目を向けていただけるよう伝えていきます。




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月03日

今年の氷室まんじゅう


大粒の雨が猛スピードで落ちとります。

昨日は、メチャいい天気で洗濯物がスッキリ乾いて気持ちよかった。
今日は乾きそうにないですね。。。


石川のアネキから、毎年この時恒例の「氷室まんじゅう」が届きました。

氷室=ひむろ と読みます。

期間限定発売のおまんじゅうです。


氷室まんじゅう1



古くから加賀藩では、この季節に倉谷の渓谷にある氷室を開け、
その氷雪を江戸まで運び、幕府に献上してました。

庶民の間では、盛夏を迎えるこの季節の変わり目に
麦まんじゅうを食べて、無病息災を祈ったそうです。

この慣習が今に伝わってるんですね。



お酒が少し入ってるんです。

割って口元に運ぶと、ふわ〜っと酸味のある香りがします。

以前は、ピンクには白あんが入ってたように思うのですが。
今回はどの色も黒のこしあんがはいってました。



お店によって、味も形も違います。

姉はだいたい2店舗のを送ってくれます。

今回は、初めて、金沢の老舗の「森八」さんのを食べました。

「八講屋」さんのよりも、生地がふわふわで、あっさりあん。

結構、好みです(^^♪


氷室まんじゅう2
(これは八講屋さんの。塩が効いてグッとくる甘さです。)


加賀には、こういう季節限定のお菓子がたくさんあります。

そのたびに姉が送ってくれるので、わたしは離れて暮らしていても、
季節の味を忘れずにいることができます。

姉貴、ありがとう!




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月02日

感情の世界


バタバタした10日間でした。

やることはやったので、あとはどうなっても受け入れることができると思います。

転院に関しては、こういう結果になったのは、「母の運命」と思いましたが、
2番目の兄からこんなメールが届きました。


 『こうなる運命だった』と振り返るのは本人だけです。
 『こうなる運命だった』と周りの人が決めつけてはいけません。
 『どんな人が、いかに関わるか』も『その人の運命』です。
 息子・娘としては『母さんの運命』に、大いに係わるべきです。
 たとえ余計なお世話と言われたとしても良いじゃん。



昔から文学青年でしたが、いいこと書くじゃん!(笑)


ま、気持ちはスッキリしてます。

それにしても、人の世の中って、“感情”でできてるんですね。





昨日、○号昇格の祝賀会が県の道場で行われました。

ウチの道場からも昇格した方がいるんで、
お祝いに、わたしも参加させていただきました。

○号を得ると公に「先生」って呼ばれるんです。
昨日は、(あ〜、○○さんは「先生」になったんだなあ〜)と
つくづく思いました。

「先生」と呼ばれる人になった人は、
こちらが接し方に気をつけないと、とても機嫌が悪くなる人がいます。

それだけ、難関を乗り越えた、価値のあるものを得た・・・人ってことですか。



○号に関しては、今まで会の運営に貢献してきた人には、“推薦”という
昇格方法もあります。

昔は、普通の昇段試験にも、“恩情”合格というのもあって、
昔世話になった先生の門下生だとか、何回も受けてるからとか、
そういうので優遇されることもあったそうです。

最近の審査員は自分たちに実力がありますから、“恩情”合格というのは
なくなったといわれていますが。


どんな合格方法にしろ、みんなの前でお披露目するんです。
それが昨日の会です。


(ん〜〜〜?)ですよ。


日常の生活でならなんでもない普通のことだと納得しますが、
教本があって、それに徹しろと言われるのに、そこから逸脱してることばかり
目にして、(弓道の世界って、何なん?)と思ってしまいました。

いろんな人がいて、いろんな思惑が渦巻いてます。

ごきげんを伺いながら過ごすのは疲れちゃった。

「ただ引きたいから引くだけ」、それは許されない世界のようです。



ちょっとずつ気持ちが離れていってるのに気づいた昨日。




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月01日

いつまでもあると思ってたことが・・・


いろ〜んな人の話をひたすら読んで、

気づいたんだー、

いつまでもあると思ってたことが、
実は無かったことに。



志茂田景樹さんの言葉が身に染みる。

 やれることをやったのなら後は天に託して待っていいでしょう。
 無ではなく素直な気持ちで待ちましょうか。

 良かれと思ったことが いつも良かれだったら人生味気ない。
 思い通りにいかない、空振りが多いから人生になる。
 めげずに歩いていこうね。人生だから。




あの・・・
少しでもわたしはあなたをしあわせにしたでしょうか?

みんなにたずねてみたい。




朝の連ドラ、「梅ちゃん先生」、
世良公則さん演じる坂田先生が言ってたね、

 医者はそこにいるだけでいい。


ああ・・・そうだな、って思ったけど、

これってさ、すごいことだよね。

そこにいるだけでいい・・・そんな人になるってね。



いろんな言葉を思い起こしては、

昨日から深呼吸ばかりしてるんだ。


力を抜け、力を抜け、

ふ〜。。。

ふ〜。。。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記