2012年06月12日

辛いところ。


昨日、施設に伺った時、そこのケアマネさんが、
「Mさんの嚥下の状態を評価してほしい。」・・・・と
おっしゃったんです。

初めはMさんのケアについて雑談のように話しておられましたが、
結局は、嚥下のことが知りたかったみたいです。

自分(ケアマネでもあり介護福祉士でもある)が、
Mさんの食事介助にかかわることになって不安になったようです。


普通、わたしの仕事では、食事前の嚥下を促す運動、
食事時の姿勢を整えるなどのかかわりはありますが、
直接の食事指導はしません。

言語聴覚士の専門領域です。

今回は、言語聴覚士による評価がより客観的なのでそちらを勧めつつも、
事務所に帰ってから担当の看護スタッフに相談することを約束して
帰って来ました。



でも実は・・・


在宅でのリハビリにかかわると、結構 嚥下に問題がある方が多いのです。

60歳以上の方がほとんどですから、当然といえば当然。

体を動かすことのリハビリで指示を受けうかがうと、
案外、嚥下障害、呼吸障害の方がひどい。

でも、それに対する対応が二の次になっているというのがほとんどです。
(これはDr.も本人、家族の意識の中でも。)

それを見て、わたしも必要に応じて、口腔内のマッサージをしたり、
食事のアドバイスもしたりすることがあるのです。



要は、在宅で患者さんを介護していく社会になるということは、
どんな疾患をもつ患者さんであろうが、
またあるいは、いつなんどきなにが起こっても、
それに対応するマルチな知識や技術を持っている専門家がいることが
対処も早く、一番なわけです。
そのうち在宅専門療法士なんて出てくるかも知れません。



あれにもこれにも対処してあげたい。
そしてまた周囲から要望される。

けど、勉強したりない・・・。


そこのところが辛いところなんです。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年06月11日

しまいこんでいる物


昨日は、「父の日」の買い物をしました。

まよいにまよったあげく、「プリンの詰め合わせ」にしました。

形に残るものを贈っても、どっかにしまいこんで使ってくれないので、
食べ物なら味わってもらったあと、“残る”ってことはないでしょ?

17日、「父の日」に届くようにしました。

甘党の父に喜んでもらえたら嬉しいな。



夕方から、身辺整理の続きを始めました。

もう読まないだろう本が15冊ほど出てきたので、
そのうち、ラインの引いてないもの、汚れのないものを選んで箱詰め、
リサイクルに出す手続きをしました。

前回同様、ライブ○アの古本買取を利用します。
(前回の結果、ブック○フの店舗に持って行くより高く買ってもらえました 手(チョキ)



それにしても、物の多いこと!

たいした物無いのに!(笑)


今週は服の選別をしましょう。。。





posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年06月10日

あじさいロード


近所に、わたしが勝手に「あじさいロード」と呼んでいる道があります(^^ゞ

い〜っぱい綺麗なあじさいが咲くのです。

毎日のようにその場所を通るのですが、いつもカメラを忘れ・・・
昨日やっとこ撮影にこぎつけました。


あじさいロード1


ちょっと時期が遅くなっちゃったかな?

青紫の色がほんの少し抜けてしまっていました。



あじさいロード2



花びらのように見えるのは、実際は“ガク”だそうですね。

おしべとめしべが退化してしまっているそうです。


なんとも色鮮やかな“ガク”ですね。




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年06月09日

ダラダラもいい。


昨晩、雨。

梅雨入りの雨です。

窓にあたる雨音を聞きながら、本を読むのもまた格別。
落ち着きますね。
贅沢な時間を過ごしました。

今朝は辺りじゅうがしっとり。
窓から入る風が生あたたかさを吸い取られ、
スッキリひんやり。

寒い。。。

一枚余分に着ました。


今年はことのほか 春の花粉の時期が長引いて、
つい一週間前まで 外に洗濯物が干せませんでした。

冬の間に溜まった大物の洗濯もできないまま。

こうなれば、積み上がった洗濯物を横目に、
夏までこの季節を楽しみましょう。

雨の時期もけっこう好きです ぴかぴか(新しい)



外山滋比古(とやましげひこ)先生の本の中に、
中国の趙甌北(チョウオウホク)の詞が出てきます。

「到老始知非力取 三分人事七分天」

若い時はなんでも力まかせ、その気になれば何事も成らざるはないように思うが、
年をとってくると努力しても、どうにもならないことのあるのが分かってくる。
力でできるのは三分、あとは運。



続いて外山先生は次のように書いておられます。

いい考えを得ようと、あせっても、もがいても、
ダメなときはダメなのである。
むきになればなるほど、かえって逃げてしまう。

見つめられた鍋はなかなか煮えない、という諺がある。
神経をつかいすぎるとそれが仇になって、逆効果になることがすくなくない。

妙案が閃くのも、なんとかいい考えはないかと頭をひねっている時ではない。
ほかの仕事で体を使っていたり、休息していたり、という思いがけないときに、
ひょいといい着想が頭をもたげる。

・・・・




これ“考え”だけじゃなくて、
何かの“結果”を求めること全般に言えることだなあと思います。

(弓道の試験も、ミスしたらいかん、ここは気をつけようと
 気持ちを入れすぎて、逆にほかのところまで失敗したし。)



うん? 

ということは、

これって、

今の私の、ダラダラ生活も悪いことばかりじゃないってこと?ひらめき 

・・・ですよね?


いや〜ぁ、ダラダラ大得意 手(チョキ)

ああ・・・今日もダラダラするのに忙しくなりそうやわ〜 わーい(嬉しい顔)




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年06月08日

その人の人生〜あのとき〜


「そりゃ〜ないよな。」

今日の『梅ちゃん先生』を見てのひと言でありまする。。。

松子さん、5年くらい待ってたんじゃないの?

彼、旅立つ前に
「僕が帰ってきた時には君は結婚してるかな?」
なんて言って見つめるから。

次から次と来るお見合い断わってたのは、
彼が支店から帰ってきた時には(きっと・・・)って、
思いがあったから。

その後、彼が支店から急に姿を消して、
足取りを探しても見つからなくて悶々としていたとき、
なんと!彼からの連絡。

飛んで会いに行ったら、「向こうで出会った女性と結婚したんだ。」・・・

あたしゃ、耳を疑ったよ。
松子さんじゃないけど、一瞬聞こえんくなった気がする。

オマケに子どもの写真まで!
(そんなもんか、男は!?笑。思えば“あのとき”で終わってたんやね。)


松子さん、押さえたね、気持ち。
震えてた。

最後に梅ちゃんにポツリ。
「わたしも新しいこと始めようかな。」

さすが松子さん!




・・・・と、と、と、


前置きが長くなってしまいましたが、昨日の日記書きます。

ちょっと今朝のテレビが周囲の予想を大きく反し、
ビックリ仰天の結末だったんで(笑)


じゃ、日記、さらりと。


全身の筋肉弛緩麻痺。
呼吸嚥下困難。人工呼吸器装着。栄養は胃のチューブから。
意思疎通はかすかなまばたき。

60代後半のNさん、女性。ご主人が在宅で介護。

先週、訪問したときに「美空ひばり」さんの歌の話をしたら
うっすら目を開けられたので、興味があるんだなと思い、
CDをレンタル、テープにダビングした。

昨日、小型カセットとテープを持って訪問。
Nさんは眠っているのか、声をかけてもじ〜っと目を閉じたまま。

テープをかけて、他動運動を始めた。

悲しき口笛・・・東京キッド・・・

そのとき、

Nさんの口が大きく開き、頬がひきつった!

笑ってる!


Nさんの顔はしばらくそのまま硬直して、
ときどき、閉じたまぶたの下で目が動いていた。



しんどいやろなぁ。

意識はあるのに、じ〜っとベッドで仰向けのまま、何年も。
一日中、テレビをつけた部屋で。

ご主人はいろんな方法で延命させようとされるけど、
奥さん(Nさん)は、どう思っているんやろうか。

音楽、ちょっとでも、楽しんでもらえたなら・・・。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記