2012年04月10日

どんなにすごい施術としても。


す〜っごい施術やと思った。


体の表面に手を置いて、
体の中にあるすべての器官の膜に作用し緩めていく。

器官たちが自由に動き始めたら、あとは母なる自然に任せる。

痛みや調子の悪さはぶり返すことなく、

施術を受けたその日から、日を追うごとに軽減し、

どんどん驚くほど元気になっていく。


はたから見たら、押さえてじっとしてるだけ。

スピリチュアルな世界で、近寄りがたい空気感。



もしかしたら皆がよくわからない世界だからこそ、
引き寄せられてしまうのかもしれない。




今までの自分のやり方に行き詰まった者にとっては、
光り輝くダイヤモンドだ。

そのダイヤモンドを手に入れたい。
それを手に入れれば、私の望むものがすべてが得られる。

私もそう思った。



しかし、

ダイヤモンドを手に入れたその人は、
そのダイヤモンドがもたらす利益が、人生で一番大事なものだと豪語した。



・・・・



1週間前にダイヤモンドの治療を受けた。

絶賛した。

日に日に元気になっている気がする。


けど・・・

何か心の奥にひっかかったまま・・・

それはなんだろう・・・?





1週間たって分かった。



どうして施術室から出るとき、私は暗い顔をしてたのか?



笑顔。

そこには喜びの笑いが無かった。




施術が終わった後で何回か「どうや?」って訊かれた。

受付で料金を払っているときにも、他のお客様がいるのに
遠く離れた場所から、名前を呼ばれて
「どうや?良くなったやろ。」とも訊かれた。

なんで何回も訊くの?



研修かなんか知らない人が、紹介もなしに、断りもなし
私の体に触れた。


・・・・


どうして??

どうして??

なんかおかしいやろ。




施術者の価値観と私の価値観が違う。

「お客に敬意は払っている」という。
施術には全力投球か。


「客は僕に、ありがとうございましたと言う。僕は客にありがとうは言わない。
 僕の年収は1億以上や。不景気なんてあらへん。
 これをやっていれば、必要とするもんはゴロゴロおる。
 いくらでも儲かる。 
 もう来ンでいい言うのに、客は来る。それだけの価値があるからや。
 離せば逆に人は寄って来る。・・・・」


確かに、物凄い量の知識を習得された努力は尊敬する。

学習するにおいて存分の指標となる。


でももう、

客として施術は受けたくない。

治療者としての敬意、もしくは、義理として受けることはあるとしても。


人間には、「体」だけじゃない「心」もあるんだよ。




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月09日

ケチョンケチョンにやられた。


昨日、セミナー2日目。


朝起きたとたん、激しい胃痛に襲われる。

7時半に家を出ると1時頃まで食事が摂れなくなるため、
だましだまし、バナナをねじ込んだ。


前から2列目の講師の先生のまん前に席が決められていて、
2日目の昨日もそこから逃げるわけにもいかず。


「僕は毎回2人くらい、鼻っぱしの強いヤツをセミナーが終わるまでに 
 ケチョンケチョンにへし折ってやんねん。」


前日、講義の初めに先生が言われたのを人ごとのように聞いていた。



が、


わたし、何回、名前を呼ばれたっけ?


(なんでやねん! そんなん訊かれてもわからんって!)




どうやら、今回の鼻っぱしの強いヤツってのは、わたしのことだったらしい。。。

しっかりターゲットになった。。。(ようだ。)




途中から、胸を張って「分かりません。」と言うようにした。

恥ずかしいという気持ちがどっかに飛んでいってた。


・・・というか、

分からんことを恥ずかしいと思わないようにすることにした。

自己防衛やね。

だってもう、頭がパンパンでフリーズしてましたもん。

考えりゃ分かることも、考えれなくなってたわ。




確かに先生は、信念も治療もスゴイかった。

頭のみならず、体のどこかに手を置くだけで体のあちこちの状態を言い当てる。
膜を操作して、痛みも可動域も変化させる。

手を置くだけで治療するって、スピリチュアルでもなんでもなくて、
あれホンマなんだね。
実際、手を通して体に変化させてるって分かったよ。


でも、クセあるわ〜。

お昼も女性生徒5人引き連れて食事。延々と自分のポリシー語って。
昼からの講義開始が15分も遅れたよ。

どんな人やねん。

といっても、私もごちそうになっちゃったから
あんまり文句言えないけど(^^ゞ



とにかくもう1回、出直しやわ。勉強して。

鼻先は根っこまでは、取れてへんで。




4.8さくら
(天満橋駅を出てすぐ。会場近くの桜並木。)



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月08日

オステオパシーセミナー。




膜、膜、膜・・・・


解剖、解剖、解剖・・・




昨日のセミナーはちょっと怖い。



やはり先日の豪雨は神様の暗示、「行ってはいけない場所」だった?

えらいとこに足突っ込んだかもしれない。



今日も9時から5時まで 講義&実技。



(-_-;)





<追記>

なんで みんな、 初めての日なのに 
触ってすぐ、筋膜が動いてるって分かるん?

あたし、分かんない。。。
止まるのは分かるけど、今どこまで走っているかが分かんない。

「分かったか?」何度も講師に訊かれる。
でも、「分かりません。」って正直に答える。

特に右手の感覚が鈍い・・・
そのことが、昨日よく分かった。




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月07日

ちょっと違ってきた。


なんか違う、気がつけば。。。



スポーツクラブで週2回マシン筋トレ。

データ測るごとにみるみる変化。

体脂肪落ちて筋肉ついた。筋力もアップした。

最初はめちゃ喜んだ(^^)v



けど・・・



あら?  私、ほっそり。。。




あああ!!!!! 最初の目標が!!!!

もっとデカくなることじゃなかったの!!!!????




食べなきゃアカンねんて。もっと。

デカくなるには体重増やさなあかんねんて。

(↑ あたりまえや〜〜〜。何を今頃。)



ムリやあ〜〜〜〜。今でも結構食べてる。


これ以上は食べれん〜〜〜〜。


これ以上食べたら、仕事できへん。


こ、こんなことが、ハードルになるとは!?





あたし、なにやってんねんな〜〜〜〜。





posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月06日

日本語の感覚ってスゴイねんて。



いつも行く道場は4階の屋上にあって、窓から桜並木が見下ろせる。

幸い、先日の暴風雨にも負けず、つぼみがびっしり枝を埋めてる。


昨日、ポツン、ポツン・・・と開き始めた花びらを眺めながら
ふ〜っと連想状態。


桜は “サクラ”。 なんでかな?

英語なら、“cherry blossom”・・・“サクランボの花”。
そのまんまや〜(笑)


ンで、日本語やったら“サクランボ”は、“サクラんぼ”。
なんでや〜。



あめんぼ、

あばれんぼ、あわてんぼ(これらはちょっとちゃうか?)

・・・


“んぼ”ついただけで、別のモンや〜(笑)


日本語ってすごいな、不思議やなぁ。


語尾にちょっくら言葉加えて、新しい単語作る。

“んぼ”の中に、どんだけいっぱいの意味がつまってんねん。

おもろいな〜!




「ね!ね!日本語ってすごいよ!」

近くの人に話したら、

「あかねさんって、心にゆとりがあるわね〜。」って、笑われた。


そうかいな?

いやいやホンマ、

日本語って情緒たっぷり、この感覚はスゴイことねんて!





posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記