2012年04月30日

ちょっとゴールデンウィーク気分。


遊びに行ってきました!

新緑のシャワーを浴びに北西へ。


兵庫県の西、播磨地区、西はりま天文台。

幼稚園児や小学生に混じって望遠鏡を覗いてきました。

はりま1
(この60センチ望遠鏡で昼間の金星を見ました。5ミリくらいの三日月のようでした。)


4歳くらいの男の子が「見えた?」と聞かれて、「見えた。」と言ってたけど、
ほんとは見えてないんじゃないかな?ふふふ・・・。
昨日の天気は曇り。まっ白で大人も見えにくかったよ。



↓ これはとにかくすごいの!!

日本国内最大級の望遠鏡「なゆた」。

口径2メートルあるそうです。

一般の人が日常的に見学したり星を直接覗くことができる望遠鏡としては
世界最大の望遠鏡なんですよ〜。

はりま2


夜の観測では、こんなのや、

はりま3

こんなのが見れるそうです。

はりま4

はりま5


望遠鏡のサイド下部にある、ここから覗きます。

はりま6

口径6ミリの人の目が覗いたとたん、一気に口径2メートルになるのって、
どういう感覚なんでしょうね。

夜の観測会、すごいやろな。


外に出ると、いい眺め〜。

はりま7




途中の道の駅でめずらしいもの発見!

「たけのこ寿司」。

若竹のいい香りがするかな〜?っと飛びつきましたが・・・

意外にたけのこの香りがしなかった。。。(^_^;)

たけのこ寿司


回り道して、姫路セントラルパークへ。

な〜んも調べず行ったため、料金体系まったく分からず。

「サファリだけでいいんですが。」ずうずうしく言ってみた(^^ゞ

遊園地の入園料込みでしかチケット売らないそうです。

大人1人2900円なり。高っバッド(下向き矢印)



猛獣ゾーン。

トラやライオンを見て一気にテンションが上がるグッド(上向き矢印)

サファリ1

カメラ、カメラあせあせ(飛び散る汗)

なぜか慌てふためく。シャッターブレた。。。

サファリ2



結局、遊園地ゾーンはパスして、帰路へ。

ちょっと気持ちグズグズ。。。



ところが!

三木サービスエリア。

このトイレの手洗い!

三木トイレ1

これが横にずら〜っと並んでるねん!

三木トイレ2


銭湯の洗い場とか、中国の公衆トイレの原理やね。

感動したなぁ〜!!!


手洗いでこれって、この発想に出会えただけで、

この旅行、大正解!でした(^^)v








posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月29日

すばらしいサービス!


これにハマってます!

近代デジタルライブラリー


昔の文献に出会える。


「弓聖」と呼ばれた先生の指南書も見れた(^^)v


なかなか手に入らない貴重な資料が 
自宅に居ながら見れるなんて!


ネット、万歳! ありがとう!!






<追記>

気がついたこと。
第一印象は最悪だったのに、目に触れるたびにその人のことが好きになっていく。
・・・そういうこともあるのね。




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月28日

それは日本でもすでに明治の時代からあった。


明治・オステオ



明治40年に出版された催眠術治療の教科書の後半に載っている記事である。

著者の中山氏は明治37年、新渡戸博士の邸宅でアメリカ人女性から
施術を受けたと書いてある。

(新渡戸博士とは「武士道」の著述で有名なあの新渡戸稲造氏のことか!?)


読み進めて行くと、新渡戸博士は明治30年頃、著しい神経衰弱に陥り、
医師に養生するよう勧められたが、日本にいては休めないからと
アメリカの田舎町に一時滞在、療養していたそうだ。
(あとで調べてみると、「武士道」はそのアメリカ滞在中に書かれている。)

その時にたまたま受けた施術で、右手をポキリとやった。
なんと!それだけで、20分も座っていれば汗びっしょりになって、
とても坐ってられなかった症状があっという間になくなった。
一瞬にして治ってしまったのだ。


博士はこの新療法を日本にも広めたいと、施術者と懇親の女性が
新療法に素養があるのを見込んで、彼女が看護婦学校を卒業するのを待って、
新療法を習得したうえで、日本に同行、帰国した。
そして自宅で開業させていた。



この文章の締めくくりには、催眠術家たちもこの療法を修得し、
催眠術治療に改良を加えることによって、難病も根治し、
名声を得て、一大金儲けしようと書いてある。



明治の時代からあらゆる療術家たちを魅了した新療法。
果たしてその後どのような経過をたどったのか?

治療にいたる考え方は、明治の時代にすでにあった。
こんなに自然で、画期的な結果の現われる療法なら、
今頃、日本中、いや世界中、人類の守り神のように
あたりまえにどこの病院でも行われているはずなのだが・・・。





posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月27日

いい歌や〜。



自分探しはとっくの昔に終わってるけどね・・・。



どれだけ寂しくても、歩き続ける・・・ええ歌詞や〜。







本当の強さ、本当の優しさ、


よっしゃ〜!  見つけるよ、私、
 



いざ行こう!






posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月26日

桜はやっぱり白いほうが・・・。


ピンクの桜1

八重桜(だと思う・・・)って、長持ちするんだね。


先日、ブログに書いた桜餅様ボンボン桜。

ピンクの桜2

ほんまに重そうでしょ。



通りに並ぶマンションのおじさんが、毎朝掃いてる。

ピンクの桜3


落ちた花びらもハンパじゃないね(笑)





posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記