2012年03月19日

日本の職人さんのすばらしさ。


昨日、「世界の子どもがSOS!!仕事人バンク!第7弾」を見ました。

めちゃめちゃ感動しました。


今回は、アフリカ・タンザニア。

1日に何度も山道を水汲みにいかねばならない子どもたち。
電気、ガスがなく、漂白剤で器具を消毒している病院。

そこへ日本の職人さんが向かいました。
井戸掘り職人さんと、かまど職人さん。

現地の物を使って、現地の人とともに作業し技術を伝える。


粘土層の下には固いサンゴの岩盤。
たび重なる問題に次々と知恵をめぐらし対処する職人さん。
こうだったらこうする、長年の経験でみごと山を乗り越えます。

力を合わせる現地の人々、学ぼうとする精神も旺盛。
深さ30メートルに到達するころ、もう駄目か・・・とあきらめかけた時、
水が!


どうすれば地元の鍋の形にあった熱効率のいいかまどが作れるか?
地元の土にバナナの茎の繊維を混ぜてつなぎとし、
現地の土で手作りしたレンガの積み方にもアイディアがいっぱい詰まったかまどの作成。

病院のかまど作りだけではありません。
現地の一般家庭では、三つの石を並べただけのかまど。
薪はたくさんいるし、鍋がひっくり返ることも。
主婦たちが職人さんのかまどに興味津々。
職人さんは、家庭用の小さなかまどの作り方を主婦(ビックママ)に伝授しました。
すると、さっそく作成。
その後、主婦たちはかまど作りを広め始めました。


日本の職人さんの仕事って、すごいですねー!

仕上げの丁寧さはダントツ、なにより発想やこまやかさがすごいですよ。


ほんと、この職人技、世界を救いますよ!

これぞ日本!なんじゃないですか。



いやー、いい番組でした b(*^^)



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年03月18日

思わず両手を合わせてしまいました。


昨日からずっと見てますの。



ハァ〜〜〜。。。


きれいやな〜〜〜。。。



フィットネスno.1


ふ〜っ。。。






<追記>

齋藤まどかさん。

あまりにもきれいやから、載せさせてください。

のびのびした肢体。

身長何センチあるのかな?




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年03月17日

筋トレってほんまに成果出るんや〜。


マシン筋トレを始めて2カ月が過ぎました。

体脂肪率は2.9%落ちて、10.1%、

筋肉量 全体で900gアップ。

脚380g、体幹部420gアップ。

悲しいことに、腕の筋肉量が1カ月前よりも30g下がって
2カ月でトータル100gのアップにとどまりました。

体重は500gアップです。

それにしても骨量が100gアップしてます!
この年でこんなこともあるのでしょうか?

ぼちぼちですが、変化があるのは嬉しいです(*^_^*)

扱える重量が少しずつ増えてきているので、筋力もアップしてると思うのですが、
実際にはまだ、今持っている弓を引いて(軽い!)と感じるまでには いってないです。



初心者の頃は体脂肪を落としながら筋肉量も増やせるらしいですね。

でも、やはりもっと大きな体にしようと思ったら、もっと体重を増やさないと
筋肉量も増えないと、どこにも書いてあります。

ここんところが悩みどころ。

コーチについてもらっていたときも、

「ご飯をいっぱい食べて。体重をもっと増やして。」

と数回言われましたわ。


食べてるんですよ、もともとすっごい食べてると、思う。
(ただし、仕事のときは少なめになります。)

だから、これから気をつけるとしたら、やっぱ、

バランス。

炭水化物も取ったら、ビタミン、ミネラルも。

ほどほどの脂肪も。


あ!コンテストに出るわけじゃないです。
けど、もっと脚と体幹部強くしたい。

シャッキ!っと立ち姿がカッコよくなりたいんですよ。

誰がぶつかってきても倒れない、強靭な体になりたいんです。




<追記>

おとといの弓の演武練習のおかげ(?)で、脚がガチガチ筋肉痛。
あ、気持ちいい。。。

両手で目の高さに弓を捧げ持ちながら、しゃがんだ状態から立つのです。

他にも 支えなしで立ったり坐ったり・・・。

よそでこんなに筋トレしてても筋肉痛になるんだから、「弓道」ってすごいわ。





posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年03月16日

力を抜くことにしました。


仲代達矢さんは79歳だそうですね!

びっくりです。

若い!


見た目が いかつい感じだから性格もごっついシャキシャキした人だと
思ってたけど、とっても温和なかたなんですね。

セリフ、毛筆で手書きして家じゅうに貼ってあるの、TVで見ました。

不器用だと自分でおっしゃってました。

こんな大俳優さんがトーク番組に出てくださって、
お芝居とは違う面を見せてくださるのって、勇気もらいますねー。

ああ、がんばってはるんだな・・・って。




昨日、弓のブログサイト閉じました。

なぜだかよく分からないのです。

古株の人たちは常に何かに気を遣っているような、
具体的な情報はなくて、憶測で話が飛び交う。変化を嫌う。

他の所を知りませんが、「道場」ってそういう気風のものなのかな?

怖い所のようです。かかわってはいけない・・・そう感じました。

この人すごい弓引きやな〜、すごい人になるな〜と思っていた人たちが、
次々と離れて行きました。

私は、引くのは好きだから続けたいと思います。細々と。心離して。
いつまで引かせてもらえるか分かりませんが。


いや、でも、落ち込んでないですよ。
むしろ気持ちがまとまってスッキリしてます。


今朝、仲代さんを見てさらに勇気もらいました。

79歳になっても輝いていようって。(← ワタクシ、長生きするつもり。)





posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年03月15日

無意識の人生



昨日、頭に引っかかった志茂田景樹さんの言葉。

目標を立てそれへの道程を築く人生は成否はともかく見える人生だよね。
でも、人にはそれぞれね、無意識のうちに不断の努力を続けているものがある。
それは本人には見えない人生だけど、他人には見えて高く評価されるの。
自分には見えない人生もあるんだということを頭の隅っこに置いておこうね。



自分には見えない人生・・・って?


周りには見えて自分には見えない自分、

周りも見えなくて自分にも見えない自分、

そんな自分もいるし、ね。



最近、なるたけニュートラル。

どこにも誰にも踏み込まない。

自分にも踏み込まない。


ふら〜りと。


行くところに行くんだよね。






<追記>

ネットでいろいろ調べてたら、整体院を開いて3年という
女性のサイトに行きついた。
息子さんが「お母さんが整体師だったらいいのに。」
という言葉で整体師になろうと思ったそう。
情報誌で習える場所を探して、そこで習いながら、
整体院に勤め、あっという間に開業。
整体師になろうと決めて、
半年もたたないうちに開業とはすごい行動力。
その人に体を預けようと選ぶのは、お客さんが決めること。

PTの学校卒業間近にアパレル関係のアルバイトを始めた学生さん。
そしたら、PTよりもアパレルの方がおもしろくなっちゃった!
病院への就職も決まってたのに、学校の卒業試験も落ち、
結局、アパレルの仕事の道へ。


何が正しいという自分が思っている基準は、
そういう基準自体が、もともと無いものなのかもしれない。




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記