2012年02月21日

見習うべきは関西のノリ


昨日、H業者さん(男性)とお会いした。

「はじめまして。○○のあかねです。」と私が言うと、

業者さんが、「いえ、何回かお会いしてると思いますよ。」とおっしゃった。

どう考えても見たことがないお顔だったので、

「いいえ、はじめてだと思います(笑)」と返した。


あとあとになって このやりとりが頭をよぎる。


これ、失敗。。。


仕事を終えて家に帰ってからもなんか気になる。

また、やっちゃったよ〜ぉ。。。



お風呂に入った時、ピン!ときた。

そういうときってさ、

「そうですか?どこかでお会いしたんですね。
 
 こんな男前のお顔、忘れるはずないんですけど・・・・(笑)」

てな感じで返事すれば、お互い なごんだのにね。

もっとくだけて、

「あら、わたしったら、こんな男前の顔忘れちゃったのね、ごめんなさい。」

なんて言い方もあったのよ。




あかんよな〜。

あわてちゃうのね、人の言葉をゆとりを持って受け止められてないの。

すっごく嬉しいこと言われても、否定したりごまかしたりするときもある。
あの時、素直に喜んでいればもっと違った展開だったかも・・・
な〜んて残念なことも、よくあったわ。

昨日だって、会ったことがあるかないかなんて、相手の気持ちを考えると、
あんまりこだわることじゃないのよね。


ここはいっぱつ 関西のノリを見習らって、楽しくなる会話を目指したいもんやね。





<追記>

名刺を確認したけど、やっぱりお会いしたことがない。
これはきっと、わたしの上司とまちがえておられると思う。
実は、わたしと上司はパッと見た目、顔が実によく似ているのである。
近くのスーパーで知らない人に「こんにちは!」と声もかけられる。
これまた上司とまちがられて、である。

昨日、スタッフルームに帰って上司にH業者さんの話をしたら、
「ああ、何回か連絡会で見かけたことがあるよ。」と。
(やっぱり〜・・・)なのだ。。。(苦笑)




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記