2012年02月07日

MさんもSさんも・・・


MさんもYさんも74歳。

脳梗塞後遺症あり。

奥様が介護にあたっている。


昨日、Mさんの奥さんは寝不足。

夜中、ご主人が奥さんを呼ぶので寝室に行ってみると、
「ベッドを外に出すんだ。」と言って移動させている。
昼間、つかまり立ちがやっとのMさんが、である。
「いったいなんなのよ。」奥さん呆れ顔。


Yさんの奥さんはご機嫌ななめ。

私が来るのを待っていて、玄関扉を開けたとたん、
「主人と2日、口きいてないの。」と言う。

トイレでの坐った位置が悪かったのか、
Yさんが靴やらトイレの床やら濡らしてしまった。
それをYさんに奥さんが指摘すると、
「おまえが(坐る位置を)ずらしたんや。」と、
奥さんのせいにしたんだとか。





ふーむ。。。。





話は聞いたものの、

やっぱさ〜、



からだの状態とか、ものの感じ方とか、

その年と、状況になってみて、

やっと“分かる”ことなんやろう・・・・

そう思ってしまったなあ・・・・。








<追記>

その人が「言いたいこと」や「本当の気持ち」は、
自分をよそに置いといて、まっこと“聴く”ことに集中しないと、
まるで的の外れた言葉を投げかけることになる。
(なんでこの人怒るのよ!?話聴いてあげたのに。)なんて、逆ギレは最低だ(笑)

昨日は、私も体がだるくて、仕事から帰るなり夕飯のしたくもせず横になった。
息を吸うと背中も痛んで、とにかく動くのがおっくうでしかたなかった。
(すい臓ヤバいかな・・・)不安が募っていく。
1時間半ほどして、気力で体を起こす。。。

後遺症で体が思うように動かない人たちは、毎日毎日、本当にがんばってはる。

たまに憎まれ口をきいたって、イイやない? 本当は自分の体に腹立ててんねんから。




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記