2012年02月02日

母の愛。


昨日の「カーネーション」。


次女の直子ちゃんが、お母さんにバッグ買ってもらって
めっちゃ喜んでたの。

赤〜い、テカテカしたエナメル風のバッグ。

嬉しくて、嬉しくて、胸に抱えてはしゃいでいたの。


でも、2階でお姉ちゃんの優子ちゃんに渡しているバッグを見ちゃった。

「ええのん、こんな上等なん!」

優子ちゃん大感激!

そのあとお母さんが、優子姉ちゃんに言った言葉も聞いちゃった。

「いいのん一つ持っとったら、どこにでも持って行けるしな。」


直子ちゃん、泣いてたねー。

赤いバック、放り出して。



思い出しちゃったなー。

よく分かるなぁー、この気持ち。。。


私には12歳年上の姉がいるけど、
母が買ってくるのんって、姉のはどことなく大人っぽい。

“ええやつ、かっこいいやつ”って、幼心にも分かる。

私に買ってきたのって、なんかパッとしない。
自分が欲しいのよりも幼いデザインだったり。

「返してきて!」って、ゴネたときもあったっけね(笑)

今思えば、母にしたら差別したわけじゃないのね、
年相応のものを買ってきただけ。

でも、うらやましかったなあ〜、姉が。


年が近いオハラ姉妹にはよけいに感じただろうね。
「姉の方が自分より母に思われてる」、ってね。

そうやって、二人目は強くなる!!

がんばれ!直子!!


がはははっ(笑)




<追記>

ちなみに私は姉より、勉強も運動も習字も絵もよくできた。




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記