2011年10月25日

寝たきりのMさんからいただくしあわせ


昨日、施設に入ったMさんの所へ仕事。

(明るくして行こ!)と思った。


ピンクの頬紅をいつもより念入りに重ねる・・・・



“おてもやん”

みたいになった。



(ま、いっか。)

(こんくらいないと。)




気がつけば、

ピンクのほっぺにピンクの口紅、ピンクのポロシャツ。

ありゃ。


ちょうどその前に、さんのサイトを見ていたせいかもしれない。




「Mさん、こんにちわぁ〜♪ ピンク着てきたよー。」

部屋に入った私は、ユニフォームを引っ張って見せた。

Mさん、動かない頭を持ち上げようとしながら、にっこり。

ちょっと照れくさかったけど、なんか嬉しい。



ベッド上のMさんの運動をしながら、ひたすら笑わせる。

声は出ないし、口も動きにくい、体も動かないけど、
おちょぼ口にして、目を細めていっぱい笑ってくださる。

そのうち私、お笑い芸人になっちゃうかもね(笑)



Mさんの笑顔を見ているとしあわせになる。
いっぱい笑わせたくなる。

もし、私がMさんの体の状態だったら、笑って過ごせるだろうか?

苦痛にゆがんだ顔ばかりして、きっと気難しいおばちゃん。
誰〜も近寄れないんだ。



人を幸せにするのって、
体が動く、動かないなんてこと関係ないんだね。

その人といるだけで、わけもなく嬉しいんだよね。




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記