2011年10月18日

キーワードは「ミシン」


Mさんは認知症で、同じことを何回聞いてもすぐ忘れるし、
一けたの引き算もできない。
今日が何日かも答えられない。

でも昨日の会話は、すごいと思いました。


新しく始まった朝ドラの「カーネーション」。

「見てますか?」と尋ねたら、

「うん。」

「あれってデザイナーさんのお母さんの話みたいですね。」

と私が言うと、

ミシンやね。」とポツリ。



そう!


そうやね!


ミシンやわ!


あのドラマのキーワードは、ミシンですね!


Mさん、ナイスっ!!


なぜって・・・



主人公の糸子は、洋服に興味を持ち、
手縫いを始めるけど、はかどらない。

たまたま見つけたパッチ屋さんで、
布がダーーーーーっと縫える機械を見つけて狂喜乱舞。

それがミシンと知り、そのあとはパッチ屋さんに入り浸り。

手伝っているうちに、「うちに来ないか?」と誘われてウキウキ。
父親を説き伏せて、女学校を中退、パッチ屋さんに就職。

(これでミシンが使える!)と思ったら、
手伝いの時はお客さん、勤めたら下働きからやれ!と、
あんなに愛想が良かった職人たちからそっけなくされショックを受ける。

それよりもなによりも、ミシンに触れるようになるのは10年後!と言われ、
大・大・大ショック!!




ねっ、このドラマ、「ミシン」って言葉、ぴったりでしょ。

Mさん、的をついてると思うの。

私、なんだか嬉しくなって、笑っちゃったの。




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記