2011年10月08日

ポイントは「無造作感」


昨日、髪をカットにしに行きました。

仕事仲間のTさんのヘアスタイルがいっつも綺麗。

カットが上手なんですね。

Tさんとは月2回会うんですが、
会うたびに「カットしたの?」って訊いてしまうほど。

「カットしてないですよー。」って、Tさん笑ってます。


先月の終わり、帰り際に美容院の紹介カードをくださいました。

行ってみたら、Tさんの担当は24、5?歳くらいの男性でした。

(めちゃ若っ!)

金髪ふわふわヘア。

「あかねさんもTさんのように綺麗になりましょう。」
美容師さんが人なつっこく笑いました。


おしゃべりしながらもバシバシ、ハサミが入っていきます。

カット自体はあっという間に終わって、あとで思うに、
シャンプー時の頭皮マッサージ、カット前の肩周りのマッサージと
マッサージの時間の方が長かったんじゃないかしらん?


最後に髪の乾かし方、スタイリングの仕方も教えてくださいました。

髪は、水をはじき飛ばすようにガシャガシャこすって、
ありのままに乾かすといいんですって。

びっくりしちゃった!

そういうのって、今までもガシャガシャ乾かす美容師さんに会ったことがあるけど、
それはその美容師さんの性格が乱暴なんだと思ってました。。。スミマセン(^^ゞ

「前髪の下ろし方も教えてください。」と言うと、
それもガシャガシャ乾かすことで自然と下りてくるそうです。


目からうろこ。

青天の霹靂。(← ヘキレキ。パソコンじゃないと書けないな。)



夜、シャンプーのあとにやってみました。



ホンマ。。。



美容師さんの言ってたことはホンマでした。

丁寧に乾かしてたときよりもガシャガシャやったほうが、
頭の回りに自然と髪が巻きついてまとまります。

トップが膨らんで、横から見ても、絶壁頭のはずが立体感が出て、
まあるいシルエット。


すごいわ。

ポイントは「無造作感」だそう。



朝起きても髪、はねてません。

クセの部分、しっかりカットでフォローしてあります。



昨日から私も「Tさん」になれたよー ^^ (・・・な気がする。)




<追記>

メガネをはずして、ぼんやりと見える前の鏡の中の
美容師さんと話してました。

カットが終わってメガネをかけたら・・・


オーマイガー!


そこに映った上下の顔。

上には20代半ばのキラキラした美容師さんの顔、
下には重力に負けたオバサンの顔。

(イケてない、私。。。)


「自分の中にある自分」の感覚と、「実際の自分」との物凄いギャップ。

見たとたんに思いました。

もう止めよう、って。何もかも。


若いから似合うこと、許されること、
この年になったら、好きだからって思っていても似合わないモノ、
仕草や言葉・・・

終わっちゃってるんですね。自分が気づかなかっただけ。


五木寛之氏がこんなことをおっしゃてました。

「人生は登山である」。
たいていの人は、登ることばかりに目を向けて、
降りることをないがしろにしている。

息せき切って登っている。でも降りていくときには、
下界を眺めこんなところに高山植物が咲いている、
あそこは日本海かな、と今までと違う景色を眺めることができる。

頂上を征服したら終わりで、下山をオマケと思うけれど、
ふもとに無事におりてこそ、次の登山ができる。
下山は優雅でなければならない。


下山のことを忘れてました、私。

次の山に登るため、ちゃんと下りなくっちゃね。









posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年10月07日

古いMac、もうしばらく手元に置きます。〜伝説のスピーチ〜


わたしは、S・ジョブズ氏のアップル製品のプレゼンテーションを
見るのが好きでした。

まるでマジックを見ているような、身体の一部を動かしているような
軽快な操作。そして、ジョーク。

ワクワク、ドキドキ・・・体を乗り出して見ていました。


でも、もう、新製品のプレゼンは見れなくなってしまいました。

5日、死去。56歳。

ブルージーンズに黒のハイネックTシャツ姿ももう見れません。


もっといっぱい夢の世界を見させて欲しかった。







<伝説のスピーチ> (ここにジョブズ氏の原点が語られています。)




(続き)





posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年10月06日

へんなおばさん、図書館に現る。


昨日は空いた時間に図書館でみっちり勉強。

体育館の学習室は何回かお世話になってるけど、
図書館の学習室でちゃんと勉強したのは初めて。

今はノートパソコンの持ち込みもできるんですねー。

使っている人がいたけど、パチャパチャ、キーを打つのは
結構目立ちます。

静かに勉強できそうで、意外にできない所ってとこですか。


究極は、通路をはさんで横の席に着いたおじいちゃんが、
がさがさ、ごそごそ、まったく落ち着きなし。

カバンの中のスーパーの袋をカシャカシャ、
何かを出したり入れたり、鉛筆を削ったり、お茶を飲んだり、
部屋を出たり入ったり、おまけに鼻をチーン! ゲップつき。

(いったい、何しに来てはるんやろー?)って、
そっちの方が興味そそられましたよ。


家の方がずっと静かなのは分かっていたけど、
家にいるとなんかかんか用事をやっちゃいますもんね。

がっつり椅子に縛られてる環境に身を置いちゃわないと・・・

でも、まあ、「静けさ」を求めて図書館はムリです(笑


そんなこんなでしたけど、1時間くらいでマヒしちゃいました。

慣れるっていうか、人の音を聞くのに飽きるというか。

集中しちゃったら、逆に私の方がうるさかったかも。

のびたり縮んだり、腕回したり、身体動かしながら書いてましたからね。


「何?このへんなおばさん。」って思われてただろうな。




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年10月05日

元気の素


昨日は「僕の彼女は九尾狐(クミホ)」の第1話を見ました。

「美男(いけめん)ですね。」、「メリは外泊中」に続いて、
韓国ラブコメドラマ3作目に突入!

おもしろいなー。

ちょっとテンション低いときなんか、韓国ラブコメ最高っ!

元気出るもん。


なんといっても出演者が魅力的だし、会話もシャレてて、
(時々、Hな場面を想像しちゃう会話もあったりね、)
場面も映画見てるみたいにキレイだし。

日本のみたいにストーリーを説明するような展開じゃなくて
軽いし、相手に向かって飛ばすように喋るの、
ポンポンやりとりするの聴いてるとスッキリする。

気分転換にもってこいやね。






そういえば、ドコモの携帯のコマーシャルが気になるんです。

なにげにつぶやきたい時、あんなふうに受け流す会話してくれる
相棒みたいな携帯、あったらおもしろいなーって。

「こんな眉毛は?」なんてイモトみたいな眉毛にいたずらされちゃったり、
「はじめまして、結婚してください。」なんてセリフの練習につきあってくれたり、

そうそう、以前の桑田さんのも良かった。

失恋した男の子がバイク飛ばして、「わあああああ!!!」って叫ぶの。
そんとき携帯役の桑田さんが一緒に「わあああああ!!!」って叫んでくれてね、
あの場面好きだったな。

一緒に泣いたり、叫んだり、ときには、茶化してくれたり・・・



え?

そんな友だち、作れよ って?


ホンマや。ははは(笑



ま、今のところは韓国ラブコメ、これで埋めるって。








<追記>

寒くなって、帽子も衣替え。

帽子大好き。

もう、かぶってないと、おてんとさんが眩しくて、
目を開けて歩けない (^_^;)


・・・嘘。

いえ、眩しいのはホント。


帽子


これにさらに毛糸の帽子、麦わら帽子と、結構いっぱいあるなー。

でも結局、お気に入りの手前のキャスケットかぶっていることが
ほとんどなんだけどね。





posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年10月04日

有名人、ひと目で誰か分かります。


本日二つ目。


昨日のテレビ欄。

めっちゃ感動ーーっ!!


これ、見て!見て!

テレビ欄


ねっ、?


ホンマ、これだけで、誰のことかピン!とくるでしょ。

また、三文字、ニ文字、四文字・・・とね。

ツボ押さえてありますねー。


コレ考えた人、スゴイっ!!

(そのまんま載せた人も。同一人物かな?)





posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記