2011年10月18日

キーワードは「ミシン」


Mさんは認知症で、同じことを何回聞いてもすぐ忘れるし、
一けたの引き算もできない。
今日が何日かも答えられない。

でも昨日の会話は、すごいと思いました。


新しく始まった朝ドラの「カーネーション」。

「見てますか?」と尋ねたら、

「うん。」

「あれってデザイナーさんのお母さんの話みたいですね。」

と私が言うと、

ミシンやね。」とポツリ。



そう!


そうやね!


ミシンやわ!


あのドラマのキーワードは、ミシンですね!


Mさん、ナイスっ!!


なぜって・・・



主人公の糸子は、洋服に興味を持ち、
手縫いを始めるけど、はかどらない。

たまたま見つけたパッチ屋さんで、
布がダーーーーーっと縫える機械を見つけて狂喜乱舞。

それがミシンと知り、そのあとはパッチ屋さんに入り浸り。

手伝っているうちに、「うちに来ないか?」と誘われてウキウキ。
父親を説き伏せて、女学校を中退、パッチ屋さんに就職。

(これでミシンが使える!)と思ったら、
手伝いの時はお客さん、勤めたら下働きからやれ!と、
あんなに愛想が良かった職人たちからそっけなくされショックを受ける。

それよりもなによりも、ミシンに触れるようになるのは10年後!と言われ、
大・大・大ショック!!




ねっ、このドラマ、「ミシン」って言葉、ぴったりでしょ。

Mさん、的をついてると思うの。

私、なんだか嬉しくなって、笑っちゃったの。




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年10月17日

しあわせ。


昨日は洗濯物が、シャキリ乾いたよー ぴかぴか(新しい)

ぜ〜んぶ。


めちゃ、しあわせ〜 ハートたち(複数ハート) 


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年10月16日

合格秘訣はプラスアルファのプログラム


今朝起きたら、首ガチガチ。

長〜い弓と矢筒持って、そのうえ衣装の着物やら袴やら、
引く時手にはめる道具、すきま時間に食べれるように
おにぎりとかパンとか、今回は着替えや洗面道具も・・・
相当重かったからなぁ〜。

弓引く前に、移動に耐えられる体力づくりが必要よ。

以前、京都に行った時、途中でぎっくり腰やっちゃって、
帰りの電車で立てなくて仲間に抱えられて電車を降りたという・・・
今回は1人だったから、行く前から相当気をつけました。
無事帰ってこれてよかった。。。

さて、前日下見まで行って気合いを入れて臨んだ試験は、力およばず。

完全に練習不足です。基本の基本で失敗してしまいました。
公に「先生」になる試験ですからね、基本でミスっちゃ「先生」なんて
呼んでもらえるレベルじゃありません。

倉敷と総社に分かれて行われて、それぞれ受験者100人に2人の合格。
合格率2%でした。


養老孟司さんが「かけがえのないもの」の中で、
こんなことを書いておられます。

宮本武蔵というのは生涯に六十何回か戦って、
一度も敗れたことがなかった。これはどういうことかというと、
コンピューターが二つ競争したと思えばいい。

相手のコンピューターのプログラムを、こちらのコンピューターの
プログラムが全部含んでいて、それ以外にプラスアルファがついていた。
そうであれば、どうしたってプラスアルファのついているほう、
つまり、宮本武蔵が勝つことになる。

基本的には同じプログラム自体を大きくするというのが、
宮本武蔵のやり方だったのです。


受験者が1台のコンピューター。
審査員の先生方が、もう一方のコンピューター。

先生方にはそれぞれに基準というプログラムがあって、
受験者側のコンピューターに1人の先生のそれよりも、
さらにうならせるプラスアルファのプログラムがあれば、
文句なく1票もらえる。

そこまでもっていかんと。
2次試験の合格者の射を見てそう思ったな。

合格率なんて関係ないんだ。

自分のコンピューターのプログラムを
先生方のプログラムよりもバージョンアップ!


やっぱ、気合いだけじゃ、ダメでしたわ(^^ゞ



<追記1>

それはそうと、わたし、今回初めて1人で新幹線乗ったんです!

かんどー!(@_@)

何年か前に出張の時乗ったけど、仲間の後ろに着いてったって感じで
その時どんなだったかまったく覚えてない。

いやー、もう、天井高いし、足元広いし、シートもゆったり、
揺れないし、40分で岡山まで行っちゃうし、贅沢な気分やったわ―。

ちょっとクセになりそう。




<追記2>

お菓子、買いこんできました。

備前名物、きびだんご大手まんぢゅう

備前菓子


きびだんごはスタンダードのを。

きびだんご


大手まんぢゅう、さらっとこしあん。
ちょっと甘いものを・・・という時に最適。

以前おみやげでもらってから、すっかり虜。

大手まんぢゅう1

大手まんぢゅう2

大手まんぢゅう3


おいしいよ^^






posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年10月14日

中身は中2


雨のアサガオ


雨 ダス。

さっぱり降ってくれれば、この体の熱っぽさも取れるかな。
大雨になる恐れがあるって、それだけは勘弁して。


さて、日記。

昨日、道場の後輩(年は同じくらい?)のYさんと
話してたんだけど、Yさん、言うんだよねー、

「僕、中身は中2くらい。」って。

元ボディビルダーさんやから、ごっつい体して、鋭い目つきで
そんなこと言われると、おもしろいやら、意外やら、
なんかかわいらしくてね、反応に困った。


自分は何歳くらいに思ってるかなーって考えてみたのね。
そしたら、いろんな感覚が入り混じってるのに気がついた。

中学2年生の頃の気持ちも残ってる。
ちーっと将来が見えてきた18歳の時の気持ちも、
思うように行かない22の時の気持ちも・・・。

ときどき、思っていることが、今の自分の年に照らし合わせて、
中途半端だなぁ・・・と思う時もある。

もっと大人にならなくちゃ、って自分の気持ちを抑えつけるのが、
都合のいい解決の仕方になっていることもあるかな。


中学2年生の時の自分がそのまま出せたら、
な〜んも怖いものないかもしれない。

一人の時間、みんなとの時間、学校での自分、家での自分、
それぞれ夢中だったね。


あの頃、夢と希望が、
なんて強い「生きる力」となっていたんだろう。


「僕、中身は中2くらい。」

言えるYさんがまぶしかった。




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年10月13日

筋肉動くの見るの好き。


昨日は、心乱れることも無く、

フツーのことして、

フツーに過ごした。


ブログの2つ目のアップ、ボディビル選手権の映像を
埋め込む作業やってる最中につい、また見ちゃって、
ちょっと時間がもったいなかったな。

筋肉の付き方うんぬんも見るのは見るけど、
ボディビル専門の人のようにどうあれば1番いいのかってのは
まだよく分かんないから、私が見てるのは、
ああ、こうしたら大きく見えるな、とか、形良く見えるなとか、
筋肉がムキって浮き出てくるのがたまんないな・・・・とか、
もっぱら筋肉の動きやね。

好きやわ、筋肉動くの見るの。(←いつのまにか筋肉ふぇち。)

まぁ、ときどき、水着ちっちゃいなー。

とか、

見えたりしないんやろか?

とか、

思って見てる時もあるけどね (V)o¥o(V)


※神田知子さんのブログで。やっぱいいわ〜、神田選手!必見!
 http://tomoko.musclemediajapan.com/?eid=1090427




<追記>

夜、所さんのテレビで吉祥寺が出てた。
番組の支局作るって。

ほんで、部屋を借りるとこもやってたんだけど、
たっかいねー。

古めのアパートで75,000円!
少しあたらしめの2DKで、17万円!

ってことは、春に引っ越し開院したI先生、
いくら払ってるんだろう?

家と職場できっと・・・おお!!!

すっごいな、えらいな、甲斐しょあるなー!!




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記