2011年08月28日

剣山の日の出


思いがけず早く帰ってこれたので、
おとといから昨日にかけての分をちょこっとアップします。


徳島の剣山(つるぎさん)に行ってきました。

今回の登山では、始めにリーダーが、
「(富山の)剱岳(つるぎだけ)に行こう!」
と言いだしたのですが、

そ、そんな、今のわたしの痛む肩では鎖場はとうていムリ。

「剣山なら行けるかも・・・。」
と言ったら、ホントに剣山登山となりました。


7年くらい前に登ったとき、比較的距離も短かったし、
岩場も絶壁もなかったので、気楽に構えての出発です。



行きしは、途中までリフト。

tsurugisan 1


リフトを降りたら、降り場横にある登山道へ。

一気に急な上り坂です。




ふー、ふー、ふー、・・・・・




ふー、ふー、ふー、・・・・




・・・・




息が、息が、


整いません。


汗タラタラ。。。




穂高、槍、乗鞍、白馬、大山、富士山、立山、剱岳・・・・

あの、名だたる山を連ね渡り歩いた伝説の女は何処へ!?


登り始めて早々、ステッキを使うことに。


不覚・・・


5年登山してない間に体力落ちた・・・




途中、一休み。

tsurugisan 2


「元気出してー。」 お花が応援してくれます。

tsurugisan 3(実物大)


ひーひー、はぁーはぁー、なんとか頂上へ。

tsurugisan 4

ガスって、

な〜んも、見えません。

tsurugisan 5


(うん、また明日来よう。)

宿泊小屋がすぐそばだったので、
明日天気が良くなることを祈って、小屋の中へ。

入ってしばらくすると、雨が。

ラッキーでした。



リュックの中からお菓子を取りだすとパンパンになってました。

tsurugisan 6

2,000メートル級の山になると、気圧が低いので、
こうなっちゃいます。

剣山は1,955メートル。



さて、剣山頂上の小屋の夕食です。

山小屋の食事も年々良くなっていきますねー。
豪華になりました。

圧力釜で炊くご飯は甘みがあって、すっごく美味しかったです。

tsurugisan 7


食事の途中で小屋のご主人が、

「虹が出てるよー。」

と。

箸をほうりだして外に出て見ると、


おおーっ!!!!

tsurugisan 8


初めてです。

山で虹を見るのは。


tsurugisan 9

10分くらい見てましたが、ご飯の途中だったので戻りました。

結構長い時間出ていたみたいです。




虹も感動しましたが、

わたしの山での楽しみは、なんといっても星空。

あたりはライトがないですからね、真っ暗、漆黒の闇。


夜中1時45分。

窓を開けると、満天の星。

砂を散りばめたような星たち。

空を見ている感覚ではなく、星の中にうずもれるような感覚。

キャンプ場や海で見るのとは全く違います。

流れ星も2つ見ました。


空って、いつもは見えないけど、実は星でいっぱい。
スキマがないくらい。
(宇宙の中の地球から考えればあたりまえのことだけどね。)

流星の中にもぐったような。


これはほんと、みんなに見せてあげたい。

あまりのすごさにビックリすると思う。

残念だけど、わたしのカメラでは撮れませんでした。



でも、これなら・・・以下、写真、列挙です。


ひと眠りして、5時。

山際に光のライン。

tsurugisan 10


tsurugisan 11


tsurugisan 12


tsurugisan 13


5時31分。 日の出です。

tsurugisan 14



tsurugisan 15



tsurugisan 16


tsurugisan 17


tsurugisan 18


tsurugisan 19


tsurugisan 20


tsurugisan 21

6時2分、すっかり夜が明けました。



剣山登山、続きはまた明日。




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記