2011年08月12日

水飴プレゼント


ノビさんとクリスさんが明日帰国します。

ふと・・・お持たせのお土産を思いついて
昨日、さよならの挨拶とともに渡しました。

以前、記事をアップした金沢の「俵屋の飴」です。

俵屋さんに2日前に電話で確認。
翌日到着するとのことだったので、即注文。

よかったです。間に合いました。


1個注文するのもなんなんで、3個注文しました。

1個ノビさんたちに渡して、残りの2個は他の方に、
ん、まあ、自分で食べてもいいし、ね。



箱詰めして送られてきました。

とても丁寧に梱包してあります。
感動したので、載せておきます。

ちなみに現金引き換えです。

俵屋 飴1


風呂敷の中は、

俵屋 飴2


風呂敷を広げて見ると、


俵屋 飴3


おお〜、ここにも“飴”の文字!


添付のビニール袋に入れて、


俵屋 飴4


ハイ! 




ノビさんたちは、“水飴”を知りませんでした。

何でできているか、食べ方はこうするとか、
片言の英語で説明し、詳しいことはメモに書いて渡しました。

メモを渡すと、クリスさんがえらく喜んだんですね、

どうしたのかと思ったら、以前(4年くらい前かな?)、
インスタントのお味噌汁を渡した時、
私が作り方を絵を描いて説明書きしたメモを一緒に渡したんですが、
それを今でも家の壁に貼ってあるというのです。

へえ〜! びっくり! です。


わたしは思いました。

 そんなに喜んでもらえるなら、そうだな、お菓子や風景・・・
 私が今までのブログ「あ○ねブロ」や「おくればせ・・・」のために撮りためた
 写真を載せたブログを作ろう!

 簡単な英文を添えて。

 そしたら、ノビさんやクリスさんにも、日本のいろいろ
 (と言っても私が食べたもの、行ったところに限りますが、)
 を知ってもらえる。

・・・・って。


ネットってホントいいですね。

世界中どこでも瞬時につながるから。


さて、ノビさん、クリスさん、初めての“水飴”はいかがでしたか?


俵屋6




<追記>

詳しい方おられますか?

外国向けのサイト作るのに特におススメのサーバーとかあるのかな?
外国の方が見やすいとか、取り扱いやすいとか。

ブログぐらいだったら、別にこのまま「さくら」でも十分ですよね?





posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記