2011年08月20日

行ってきました!小田さんコンサート!!


昨日行ってきましたっ!

小田和正さんコンサート

“どーも どーも”〜その日が来るまで〜



2011小田さんコンサート1


4月1日の振り替え公演です。

神戸ワールド記念ホール。

わたしはアリーナ席。

メインステージから相当離れていましたが、
サブステージが5メートル先。

手が届きそうなところに白く輝く小田さんのお姿!


いやー、小田さん、63歳というのに相変わらずシャン!として、
腰の位置が高いですねー。

声もよく出てて、なんかパワーアップした感じ。


3年前のコンサートでは、後半、腰を押さえて脚引きずってたし、
なにより目の前でセットの階段から転げ落ちたのにはびっくりした。

今回のコンサートにあたって、以前にもましてトレーニングしたらしいね。

その様子がオープニングのアニメに描かれてた。


オープニングのアニメといえば、今回は、1990年から今年までの
コンサートのアニメのトップ部分が全部流れてね、
懐かしかったな〜。


曲もオフコースの初期のころ、まだ「さよなら」がヒットする前のも
いっぱい歌ってくださって、

もうもうもう。。。。


学生時代、オフコースの出した曲を全部集めるのに、
あっちこっちのレコード屋さんに通ったっけ。
思い出しちゃった。

昔の曲の方が、今のよりも歌詞見ずに歌えた・・・(笑


そうそう、ちょっとばかしマニアックなんだけど、
写真撮ったんで載せときます。


コンサート開演10分前に、
すたこら一人で走って撮りに行ってきました。


コンサートツアー車。

これ全部。

2011小田さんコンサート2


前はこんな感じ。

2011小田さんコンサート3


横はこんな感じ。

2011小田さんコンサート4


で、後ろ。

2011小田さんコンサート5

天井上やサイドのスクリーン、スピーカー、
張り巡らされた花道・・・ぜ〜んぶ運んできてるんですねー。
この車が街の中を走ってきたんですねー。
前回は代々木でしたか・・・東京からありがとうございます。


自分におみやげ買いました。

2011小田さんコンサート6

恒例のコンサートパンフレット(3000円)と、
おまけに衝動買いの缶バッチ(300円)。

パンフは、スタッフの写真あり、3年間の活動記録あり、
インタビューありのもりだくさん、全60ページの価値ある一品。

缶バッチは、小田さんが描いたイラスト入りです。

かわいい。。。



袋も付けてくださいます。

これまた恒例のサービス。

2011小田さんコンサート7

2011小田さんコンサート8



さあ、

わたしも今日からまたがんばろう。




<追記>

今朝の室温26度。4度低くなりました。

すずしいですね〜^^

まだあせもがかゆいですが・・・(^^ゞ






posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月19日

ころんでもニコニコ、Sさんち。


「ママ〜ぁ、パパこけてはるで〜。」


「あら!ほんと。」


・・・・


Sさんちは、万事この調子。


Sさんはバランスを崩したら自分では調整できないので、
思いっきり頭からひっくりかえってしまう。

頭から血を流して、救急車で運ばれたことだって何回かある。

だけど、まあ、奥さんがノンビリしてはるの。


「この間、大きな音がしたので見に行ったら、
 あお向けにひっくり返っててね、
 主人の体の上に車椅子がのっかってたの(笑 
 
 いったいどんな こけ方したのかしら??」

と奥さん。


(よく怪我もなくご無事で。。。)


Sさん本人も、こけてもこけても、
会うたびにニコニコしている。

あっちこっち打撲だらけなのに、なんだか楽しそう。



ほんと、いろんなお家がありますねー。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月18日

奥さんが入院拒否・・・困りました。


3週間前、パーキンソン病のNさんが、尻もちをついて
腰椎を圧迫骨折してしまいました。

台所で水を飲もうとして足元がふらつき、
奥さんが振り向いたときにはすでに倒れかけていて、
支えられなかったそうです。

今日、伺って様子をみました。

Nさんは腰にコルセットを巻き、天井を向いたまま
じーっとしています。

パジャマのズボンも履いておらず、
紙オムツむきだしの姿のままです。

動くと痛がったので、とにかく寝かせていたのだとか。

わたしはNさんの腰から下にバスタオルをかけ、
そして身体をほぐしてから、パジャマのズボンをはかせ、
起こしてベッドの端に座らせました。

Nさんは痛みを訴えることなく座れました。
骨はだいぶ回復しているようです。

支えて立たせると、脚がブルブル。

すっかり弱くなっています。

奥さんの話によると、救急車でS病院に運ばれて
骨が折れていることが分かったのですが、
そこの病院は、奥さんがウワサを聞いて、
あんまり良く思っていなかった病院だったため、
入院を拒否し、その日のうちに帰ってきたそうです。


Nさんの目がみるみるにじんできました。

「帰ってきた」は いいけれど、天井見て3週間寝たまま
というのもしんどいもの。

腰は安静にしていても、動かせる腕や脚は動かしておかないと、
75歳を過ぎているNさんは寝たきりになってしまいます。

とくにNさんはパーキンソンという持病もありますしね。


「ウワサの影響は大きいよ。」と奥さんは入院拒否を
正当化しておられましたが、こんな場合は、
病院がどうのということより、Nさんの状態に合せて
判断して欲しかったところです。

他の病院も(奥さんが)通うのに遠いという理由で
断ったのだそう。

でも現実は・・・

奥さんと二人暮らしのNさん、今、これから、が
どうしようもなくなっているのが感じられました。


今まで、たくさんのお家を見てきて思うこと。

「介護の現場は、介護者の人間力で決まる。」

ご主人が倒れる場合が多いですが、
それからどう生きるかは、奥さん次第でどうにでもなりますね。

ご主人うんぬんではないです。



Nさんの奥さんとは、ヘルパー交代などでも
再三もめているそうですが・・・・

さあ、どうしましょう、ケアマネジャーさん。


このままではNさんが精神的にもまいってしまいそうです。


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月17日

トイレで手紙を読む。


トイレの手紙


北からの帰り道。

休憩で寄った道の駅。

トイレの中の張り紙。


??


用を足してる間も、

何度も読んだ。





そっかー、


トイレットペーパーは手紙だったんだー!!







posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月16日

ああ今どき・・・感動のラーメン。


お盆休みです。

北の方へ行ってきました。


お昼ごはんは、ひょいと見つけたラーメン店です わーい(嬉しい顔)

場所はココ↓

hidaka


写真撮るの忘れちゃった!

サイトお借りします。

食べログ


白とんこつを注文しました。

麺は極細(ひやむぎくらいの)の固め

スープは、こがしニンニク?ネギ?かなぁ。。。がのってます。

(実は未だ嗅覚が戻ってなくて分からない(^^ゞ)

嗅覚がやられちゃって風味は分かりませんが、
その代わり、甘い、辛い、苦い、酸っぱいなど味覚に関しては敏感!
白濁スープで濃い味に見えますが、
塩味がぐっとくるってことはなかったです。
マイルドな口当たり。

チャーシューと味付け卵がガッツリ醤油味。
暑い夏!
あれっくらい醤油辛くても、わたしはまったくOK!
アクセントが効いててよかったと思う。


って、まあ、これだけのラーメンの話なら
撮り忘れたラーメン屋さんの話を書くこともなかったのだけど、
何が心に残ったかって、
ここね、娘さんたちが手伝ってたのね。


店主さんの子どもさんなんだと思うんだけど、
中学2年生くらいと小学5,6年生くらいの子。

いやー、その子たちがよく気がつくし、
よく働くのよ。

他にも6人ほどの家族連れも来てて、

「おまたせしました。」

「取り皿は一枚でよろしいですか?」

・・・・マメな声かけ!

お水が無いと言われたら、空いたポットを下げて、
ササッと先に後ろのテーブルのポットを渡すのよね。

・・・・対応も速い!


「はい!これがとんちんかんの白とんこつラーメンです!」

小学生の女の子が運んできてくれました。

なんてハッキリ!

ちゃんと、お店の看板メニュー、アピールしてるし!


やるねー手(チョキ)


今どき、自分ちのお店、手伝う子どもっているのかな?
久しぶりに見ましたよ。


あの田舎で、ラーメンを一杯700円で勝負するってことも勇気いる気がしたけど、
昨日ばかりは高いラーメンだとは思わなかったな。


いい光景を見させていただきました かわいい





posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記