2011年08月25日

美人店主さんが焼く「自然素材のお菓子 tsubomi 」


昨日は体のメンテナンス日。
J先生にポキっとしていただきに熊取へ。

先生の院は、デザインがちょっと変わった
おしゃれなテナントビルの2階にあるのです。

昨日、階段を上ろうとしたら、ずっとお休みしていた
階段前の焼き菓子屋さんが営業してるじゃないですか!

日曜だけしか営業してなかったので、
平日に通うわたしは行けなかったんです。


白い壁、ラベンダーの屋根、水色のドア・・・
木のプレートにペンキで手書きの“tsubomi”の文字・・・
お店の回りにゆらゆら風に揺れる小花たち・・・・

(かわいいっ。 きっと優しい味のお菓子なんだろうな。)

ワクワク。


7月から平日開店となったそう。やった!

施術が終わって、J先生の院に置いてあったお店のチラシを握り、

いざ!


カランコロンカラン・・・


ポニーテールに白い紐リボン、
女性の後ろ姿。


「いらっしゃいませ〜。」


(わぁ〜〜美人。ドキドキ。。


(すぅ〜、)

おためしセットください。」


包んでもらう間、落ち着かなくて
お菓子を見るふりして店内をキョロキョロ。

袋詰めしたお菓子を渡してくださるときに、
 
「これもどうぞ。
 ケーキの切れ端なんですけど。黒米でできてるんですよ。」

と、おまけをくださいました。


表情もめちゃキュートや〜。


美人は、アカン。。。

てれちゃって話せない。(ワタクシ、コンプレックスの塊)


はっ!  

あたし、上向いてちゃんとお礼を言ったかしら!?


ああー、楽しみだわ、どんな味なんでしょう?




さて、

では、待ちに待ったお菓子のレポです。


「おためしセット」、入っていたのは、

tsubomi 1

クッキー5種類、1袋に3個ずつと、

「宇治抹茶と大納言小豆」のバターケイク

ココナッツの「コロコロフィナンシェ」、1袋ずつ。

お値段 1000円也。
(一部、東日本大震災義援金になるそうです。)


tsubomi 2


ほいじゃ、黒米入りケーキから。

tsubomi 3





うん。








うん。。







うん!




イケる!!




ふわっ、ふわっ。


おいしー。





クッキーも。


tsubomi 4






うん、








うん、







この甘み、なあに? やさしい。


てんさい糖?


へ〜〜〜。


天才党・・・・なんちゃって。




( ↑ うん、ばっかりじゃん! (^^ゞ)




決まった。

今度から贈り物は、これだな。





※ 「tsubomi」さんのサイト↓

http://www.tsubomi-sweets.com/index.html



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月24日

いろいろあるのがあたりまえ


S氏やK氏は再婚。

そんなこともあるんだなあ・・・・と思った。


一斗缶事件は、家族だったらしい。

いろいろあるんだなあ・・・・と思った。


S.S氏は芸能界引退すると。

人生ってこんなもんなんだろうな・・・・と思った。


生きてゆくって、分からないものだね。

「何かがあるのが “普通” 」

誰だったかな? 有名な人が言ってた。




昨日、何よりわたしが気になったのは、スーパーでの出来事。

スーパーの売り場は、かくれんぼには絶好の場所。

5歳と3歳くらいの男の子が、
ここぞとばかり、キャーキャー走り回る。

突然、陳列棚の陰から出てきて、びっくりする。


「怒られるからやめなさい!」


おかあさんらしき人の声。


うん?

「怒られるからやめなさい」??

なんやーこのモゾモゾ感は。


怒られるから、 じゃないでしょ。


こういうの、よく耳にする。

以前も花壇のチューリップの花をもぎ取ってる子に、
「おじちゃんに怒られるよ。」って、注意しているおかあさんがいた。



自転車に乗ってた時も、前方に道いっぱいに広がって
歩いている親子がいたので、ゆっくりよけて通ろうとしたら、
子どもに「あぶないよ!」と言ったおかあさんがいた。

(あぶなかないよッ!! こっちは気をつけてる。)

「自転車が来てるからよけなさい。」

とか、

「自転車が来てるよ。」

じゃないのかな。


現にそう言って子どもをよかせるおかあさんもいる。


「こどもって、はしゃぐのがあたりまえだろ。」

「注意散漫だろ。」

って言う人がいるかもしれない。

そうよ、はしゃぐのも注意がいかないのもあたりまえ。

でも、はしゃがないようにすることも、気をつけることもできる。

言ったらちゃんとわかる。

ここは病院で痛い人がいっぱいいるから静かにしようね。とか、
お話しているから・・・大勢の人がいるところだから・・・とか、

小さい頃から聞かせていれば、ちゃんと静かにしていられる。


「怒られるからやめなさい。」

これを言うお母さんって、どんな気持ちで日々を過ごしていくんだろう?



人生いろいろ・・・・

100人いたら100通り・・・・・てか。




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月23日

Mさんとご主人の大切な時間


昨日はMさんが入所したホームに出向し仕事。

Mさんのご主人の激ヤセが膵臓ガンによるものと分かり、
Mさんの介護ができなくなったので、
Mさんは、ひと月前からホームに入所しました。

ご主人は10日ほど入院した後、あとは抗がん剤を飲みながら、
自宅療養中です。


うちのスタッフが伺うのは、月曜日と木曜日の午後1時半から2時半。

1時半に到着し、仕事を始めて5分ほどすると、

「どーも。」

ご主人がやってきます。


何をするわけでもなく、うろうろして、
私が帰る10分くらい前になると、
りんごジュースをコップに入れる準備を始められます。

実はこのりんごジュースは、
自宅に伺っている時から続いているご主人のおもてなし。

まさかここでも、ご主人が入れたりんごジュースが飲めるなんて。



前回の1回目は、さしさわりの無い会話をして過ごしました。

昨日は、このところ、毎回顔を出しに来られているのを
うちの他のスタッフから聞いていたので、

(よし!今日も来られるなら、ご主人が来られたら、
 今日はいっぱい話をしよう。)

そう決めて伺いました。



1時35分。

「どーも。」

ご主人です。



ご主人が買い出し物を冷蔵庫に入れ、手が空いたのを見計らって、

「掃除とか洗濯はどうしてはるの?」

と訊ねてみました。


「ああ、まぁ、なんとか。 前々からのことだしね。」


「ちゃんとご飯、食べてはる?」

「うん、なんか買ってきては・・・。」


「背中の痛みは?」

「今無い。副作用で頭がぼ〜っとするけど。」

・・・・

ご主人は、奥さんのベッドの横に椅子を持ってきて、
深く腰掛けました。


Mさんは、進行性の病気で体が動かず声も出ません。
意識はあります。

わたしはTVとかでよく見る奥さんがご主人と会話する光景を思い浮かべ、
一般的に奥さんがご主人に訊ねるだろう(わたしだったら訊かないだろう)
質問を思い起こしながら、ご主人と会話をしました。


「まあ、単身赴任も長かったし・・・・。」


・・・・


途中、

「奥さん、奥さんの代わりにご主人に訊いといたよ。

 他には何を訊いたらいい?」

と、私はMさんを見ました。


Mさん、 ニコッ! 



「ご主人、結婚したのはいつ?」

なんと! 今年でちょうど50年だそうです。

奥さんが先に惚れた恋愛結婚ですよ。


「50年か〜。。。あっという間やったな。」

ポツリとご主人。



そうですね、

ず〜っと、お二人で生きてこられたんですね。

これからは、この1時間をお二人の大切な会話の時間にしましょう。

ご主人、いっぱい喋ってね。

奥さんは横でニコニコして聴いておられることでしょう。


わたしは、お二人の紡いだ思い出をたくさん聴いてみたいと思います。




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月22日

夏の終わりの日曜日


蝉が鳴かなくなっちゃった。

ミンミンミンミン・・・・

暑苦しかったけど、

鳴かなくなると さみしい。


なんか、うっとおしいな〜って思ってたこと(人)が、
急になくなっちゃうと、

(あれ?このぽっかり空いた感じは 何?)

って思うことがあるじゃない? 全部が全部じゃないけどね、

そんな感じに似てるなぁ。。。


夏の終わり・・・


だね。



昨日の日曜は特に事件も無くて、

午前中に弓道場行って、昼からTVで「ダンス甲子園」観て、

そうそう、最後にパフォーマンスした兵庫の高校生兄妹の
Respectのダンスにめちゃドキドキ。

初めてよ、電話投票したのは。

そしたら、なんとダントツで優勝しちゃった!


おにいちゃんが、普通の時はさかなクンみたい
(さかなクン、ごめん。)なのに、踊るとすごいの。

キレッキレッ! あの動きはなんなんだ!?


(わぁ〜、じょうず!)って組はいっぱいあったよ。

でも、ビン!ってくるのはRespectだった。

のびのびしてたな。

リズムの刻み方が呼吸にぴったり。

観てて気持ちよかったよ。


うん、気持ちいいのが一番いいよ。




<追記>


「ニャンニャン。」

弓道の帰り。

歩道橋下で、よもぎネコ(ゴマよごしみたいなとらネコ)と目が合った。

ちょっと遊んだろ、と思って近寄ったら、ひょいとよける。

しゃがんでじっと見てたら、ごろんごろん、お腹出して転がりまわる。

なでなでしようと手を出したら、起き上がる。


「ニャンニャン。」

声をかけると、またまたゴロリ。

コンクリートの道路に体をくねらせて、頭をすりすり。

「ニャンニャン。」

後ろを振り向いたら、おじさんが変な顔して歩いてきた。

(よいしょ。)

立ちあがると、よもぎネコも起きた。

「じゃあね。」


歩き出してしばらくしてふりかえると、よもぎネコが
前足をそろえてすわっていた。


(えっ? 行っちゃうの?)

(もっと見てくれないの?)


じっとこっちを見ていた。






・・・・いつも難しいことばかり考えているわけじゃないですよ〜。

空を見てぼ〜っとしてたり、
道端でしゃがんでブツブツ言ってたり、

それも“わたし”だよ〜ん。




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月21日

小田さんコンサート追記と手作り草履のこと


昨日は、午後から降ったりやんだりの繰り返し。

夜はすっかり雨。


神戸での小田さんコンサート2日目、
大いに盛り上がったでしょうか?

最終日、いいな〜。

サービス満点だったでしょ。


そうそう、昨日はTシャツ大丈夫でしたか?

19日、1回目のアンコール、
出てきた小田さんは、肩をもじもじ。。。

首のところを引っ張って、

(はっ!?)

舞台袖に駆け込んでTシャツを見直し、
再度ステージへ。

「なんか後ろ前に着ちゃったような・・・。」

と言いつつ、曲へ。


見てると、どーも、Tシャツの肩が浮いてる。

ウエストが絞られて裾が広がっているような感じもするし、
襟ぐりが深く開いてる・・・

(もしかして、レディースじゃないの?)


2回目のアンコール、出てきた小田さんはピアノの前に座ると、

「レディースのMだったようで。。。」

ぼそっと、のたまわれたのでありました。


ああ、愛すべき小田さん、

わたしたちは 見てません、見てません、、、、


見てません、 ってば。



あのお姿は、

19日に行った人しか知らないのであります。


ははは・・・(^_^;)





<追記>

室内草履いただきました。
手作りです。

余り布で作ったそうです。

室内ぞうり1


室内ぞうり2


裸足だとフローリングの床に足裏の油を吸い取られるようで
なんかしんどかったのですが、
これなら暑い時でも靴下なしで涼しく過ごせます。

ありがとう、Tさん。

重宝してます。




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記