2011年07月31日

「美男(イケメン)ですね」おもしろいよ。


「美男(イケメン)ですね」、サイコー!

もちろん、韓国の本家本元の。

昨日は、7,8,9話、立て続けに見たよ。


前にも書いたけど、アメリカのラブコメ映画見てるみたい。

俳優さんの演技もドラマの作り方も、アメリカ。

挿入歌もいいね。

韓国ドラマの曲は、ホントいい。

KARAだって、少女時代だって、歌やダンス、
日本の発想じゃ創造できないじゃない?

きっと、日本飛び越してアメリカに勉強しに行ってるんだよね、
クリエイターの人たちは。


韓国の「美男(イケメン)ですね」に出てくる、
A.N.JELL のメンバー、それぞれのキャラが素敵。

年下の俳優さんばっかりなのにときめいちゃう。


昨日見た場面、
レコーディングでミナムテギョンの作った曲を歌った時、
テギョンへの気持ちが溢れ出て、押さえられなくなった。
レコーディングスタジオを飛び出すミナム

追いかけるシヌ
ミナムが女性だと気づいているシヌは、
そんなに気持ちをテギョンに知られたくないなら・・・と黙って肩を貸す。
泣き崩れるミナム

(ああ〜そりゃアカンよ。)

それを遠くから見て、誤解するテギョン

(うわぁ〜。)


一人悩み続けるミナム。
連れ出すジェルミ

バイクの後ろに乗せて街を駆け抜ける。

(バイクに乗って、ガァーーーって吠えるねん。いいね!)


そのあとバスに乗って・・・

1時間で街を一回りする循環バス。誰も乗っていない。

「落ち込んだ時は、このバスに乗って街を見渡す。
 1時間後にはもとどおり・・・・」

いつも明るいジェルミが、チラッと見せるさみしそうな横顔。

(えっ!?どうしたの、ジェルミ、だいじょうぶ?)


いいな〜ぁ・・・こういう場面も丁寧に描いてあるの。




自分がミナムになったり、テギョンになったり・・・ね、


せめて、ドラマの中だけでも・・・・


思いのまま・・・キュン。。。


美男ですね





<追記>

私の中では、「冬ソナ」よりもこっちがいいな。

泣いて、笑って、後味スッキリ!

元気出るよ。




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記