2011年07月11日

パリパリのシーツの上で泳いでます。


ピーカン


ピーカン なり 晴れ


シーツにカバー、洗いまくってます。

パリパリのシーツの上でゴロンゴロン。。。なんて気持ちいい〜 わーい(嬉しい顔)

今日は洗いたてのスニーカーくつで出勤です 手(チョキ)




<追記>


さて昨日、腕の痛みでアップを断念した「論語」について。
メモ書きで記しておきます。



土曜日にNHK番組の「100分de名著〜論語〜」を
4回分、計100分をまとめて再放送あり。

講師の元慶応義塾高校教師 佐久 協 氏の説明が
分かりやすい!おもしろい!より孔子の言葉に忠実!

孔子の言葉はいろいろ体験して苦労して、歳をとったからこそ
出てきた言葉であるとのこと。


恕=“思いやり”は、まず自分にかけてあげるもの
自分で自分を見限らない。

“目的”と“手段”を取り違えるな。

自分で考えることの大切さ。

三者三様・・・人にはそれぞれに適した方法で導く。
絶対コレ!という答えは出さない。

子貢曰く、貧しくして諂うこと無く、富みて驕ること無きは如何。
子曰く、可なり。未だ貧しくして道を楽しみ、
冨みて禮を好む者には若かざるなり。

『貧乏で卑屈にならず、金持ちで驕慢にならないというのはいかがでしょうか?』
『それも良いだろう。しかし、貧乏であっても道義(学問)を楽しみ、
 金持ちであっても礼を好むものには及ばない。』


・・・卑屈でない人、を目指すのではなく、道義を楽しむ人を目指す。
   傲慢で無い人、を目指すのではなく、礼を好む人を目指す。
・・・自分の中のマイナスの部分を無くそうとするのでなく、
   それよりもプラスのイメージを心に抱いてそれを目指す。


思考力を高めるには、「故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知る」

リーダの必要条件
正義感(責任感)で行動する。 平等に接する。 仁→他人に対する親愛の情・優しさ
リーダーとしての自分の磨き方
自分で自分を磨く。 プラス思考で自分を磨く。 他人の長所を伸ばす。

人に過剰期待してはダメ。 自分にも過剰期待するな。

苦しい状況でも悲観することなく平然として行動せよ。



佐藤氏は、

論語は、「人生」とか「家庭」とか「社会」とか、
なんでもいいけれど、任意のテーマを設定して、それに沿って再編集して教える。
そうやって“並べ替え”をやると、孔子の言っていることが整理されて、
頭に入りやすくなる。


と、おっしゃってます。

確かに分かりやすくておもしろく話を聞くことができました。

論語に関する本は何冊か持っていますが、佐藤氏の書いた本も欲しい。。。
さっそくアマゾンマーケットにレッツゴーダッシュ(走り出すさま)



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記