2011年07月22日

自分で自分が分からない。


自分の能力がいったいどの程度なのか・・・・

最近よくわからなくなってきました。


弓を引いているときの自分が、自分でコントロール不能です。

その傾向は弓を始めた高校生の頃からありましたが、
そう気にはしませんでした。


昨日は、月一回の、範士じきじきの指導が受けられる「立ち」の練習日。

(5人並んで演武をします。作法にのっとって順に弓を引くのです。
 祭礼行事や試験の時に行います。)


私は実に1週間ぶりの弓でした。

そのうえ、右肩の調子が悪いので、
もともと練習量は人より短かったのに輪をかけて、
このところは、さらにその1/2。


それなのに・・・


昨日は8本引いて5中してしまいました。

暑い昼間、皆がダウンする中、一人パンパン中ててました。

自分でも 何がなんなのか、いったいどうしてしまったのか、
混乱しています。


なぜって・・・私、中りませんから、日頃。
おそろしいくらい。


回りの人がパンパン中(あ)てている中、
私は、10本引いて1本も中らず帰るという・・・・

そんなのザラなんです。


あんまり中らない引き手を中りが無いと言います。
その反対、よく中る引き手を中りを持ってると言います。

私はどう見ても中りの無いヤツです。

自分でも、私は中りを持っていないと思っています。


・・・でも中るんです。 

立ちを組んだり、試験のときには。


昨日は特に、 でした。


久しぶりの弓なのでどこに矢が飛ぶか、ドキドキ。。。
(↑ 五段なのにまだこんなレベル。)


最初の立ちで、持って出た2本の矢をいきなりど真ん中に突っ込みました。

次の立ちで、最初の1本を入れ、2本目を的枠ギリギリではずしました。


こんなことはまぐれであります。

でも、いくらまぐれで中ってもここまで、です。

いつもそう思ってます。


自分の立ちの順番が来るのを待ちつつ、3立ち目。

集中力が落ちてきているのを感じました。

全日本のトップレベルの選手たちは、何日も何時間もかけて
予選を勝ち抜き、決勝もけりがつくまで引き続けることを思うと、
その集中力の持続力は、想像もつかないくらいスゴイです。


やはり・・・というか・・・2本ともはずしました。

力無く、的の下に落ちました。


(これで今日の練習は終わり。)

と思っていたら、時間ギリギリ飛び込みで練習に来た方がいて、

「もうひと立ち、五段のメンバーでやりなさい。」

ということになりました。


〆の立ちです。

私は大前(皆を先導。一番最初に引く人。)になりました。

いつもなら、4つも立ちをすることが無いので、
ここで自滅しても、周囲からは、
(疲れてるんだな〜。)と思われて、それで納得というところです。


私は、5月の試験のとき以来、立ちの時は、
「大前さんの顔」を思い浮かべることにしています。

あの汗だくの顔、です。

(→ あそこまでなれなかった)
(→ うれしい・・・・という言葉)


あの顔を見たときは、ほんとショックでした。

二次試験に落ちたことよりも。


(自分はあそこまで一生懸命やれなかった)

あそこまでやれない・・・自分ってそんなもんなのか?


(もう、あの思いは・・・したくない・・・。)


弓を押す左腕がピクピクしました。

さすがに連続の立ちは、カラダを疲れさせていました。


でも、


(あの思いはしたくない。)


私は「大前さんの汗だくの頭」を一層強く念じました。

中てようなんて思いません。

「あの顔」だけです。



そして、中りました。

2本とも。


ざわつき始めていた道場がシーンとなってました。


何より驚いてたのは、自分 です。


今までの自分なら、絶対中っていませんでした。確証します。


5月の試験の日から、私の弓は完全に変わりました。

弓の技術はそれほど変えていません。

弓とは違う部分が目覚めただけです。


ほんのちょっとのきっかけでこんなに変われるんですから、
自分の中にどんな能力があるのか分かりません。

そして、このあともどんな「道」の歩くのか、
どんな歩き方をしていくのか、
まったく想像がつきません。


でも、あの「大前さんの汗だくの顔」は、
一生ともにあると思います。



※今日は一段と長くなりました。
 読んでくださった方、ありがとうございます。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年07月21日

ゴーヤが採れた。


緑のカーテン、今年の第1号 手(チョキ)


ゴーヤ1


小さいながらも、がっちり exclamation×2

栄養が詰まってそう〜。


半分は、昨晩 ゴーヤチャンプルにして食べました わーい(嬉しい顔)

残り半分は、今晩 おひたしにして食べまぁーす るんるん


ゴーヤ2

posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年07月20日

帰省レポート続き。


本日二つ目アップ。

金沢で行きたい所、実はもう一つありまして、
そこにも行ってきたんですよ。

そこはどこかというと、

「ひがし茶屋街」


ここは私が住んでいた頃は、な〜んもない所で、
というか、あったんだろうけど、わざわざ行くこともなく、
話に出るようになり始めたのは、2000年過ぎあたりから。

で、TVでしょっちゅう放映されるようになったのは
5年くらい前からかな。

見るたびに、
(こんなとこ、あったっけなぁ・・・。どこだっけなぁ・・・。)と、
記憶の糸をたぐるも、思いつかない。


今回の帰省の直前に、「かつみ・さゆり」さん(ほら、あの、ぼよよ〜んの。)が
茶屋街のお店巡りをしているのが映っていてね、
また珍しいお店がいっぱい出てたのよ。


そこで今回絶対行く!と決め手になったのは・・・

ある味噌屋さんの

醤油ソフトクリ〜ム ア〜ンド、 醤油アイス


さゆりさんが絶賛!! 

「(関西の)家の近くにもお店出して〜。」って、お願いしてたくらい。


(へぇ〜〜〜〜、食べたい食べたい、どんな味???)

ガマンできないじゃないですか! ねぇ?




では以下、ひがし茶屋街の写真です。


金沢の西に流れるのは犀川。ここは東の浅野川(あさのがわ)です。

浅野川

機会が合えば、友禅流しが見れます。

ここから東へすぐ、メイン道路から路地に入れば、そこがひがし茶屋街

ひがし茶屋街1

100メートル? もう少しあるかな?


看板には、三弦、小唄・・・・趣があります。

ひがし茶屋街2


裏の方も散策しながら、金箔工芸館へ。

金箔ってタダもんじゃないとは思っていましたが、想像以上でした。
すっごい手間ひま、かかってるんですね。

金箔だけじゃなく金箔を挟む紙も、何回も何回も工程をくりかえして作ります。
ビックリしました。

写真でお見せできませんが、ここは行く価値大。
勉強になります。



そしてこれが!

夢にまで見た(←おおげさ)醤油ソフトクリ〜ムなりぃ〜。

しょうゆソフト

味は、

こく、コク。 その一言。

キャラメルみたいな感じ・・・・かな。

醤油をかけたアイスも食べてみたかったけど、ソフトクリームでおなかいっぱい!



そのあと ぶらぶらと 徳田秋声館へ。(金沢は暑かった〜。)

ここも中は撮影禁止でしたが、窓ごしに眼下を流れる浅野川を撮らせてもらいました。


浅野川2


浅野川3


キラキラととってもキレイでした。

川を眺めながらぼ〜っとゆっくりするのも、いいもんですね〜。


浅野川4


この近くには蓄音器館もあって、いろんな蓄音器の音を実際に聴かせてくれます。
(TVで聴く昔の映画の音と同じ音でした!これまたビックリ!)


いや〜、実に「初めて」が詰まった観光でした。


夜、近隣に住んでいる姉や兄に、

「ひがし茶屋街行ってきた〜。」と言ったら、

「? そこどこ? 」だって。



私も今回調べてみて分かったけど、「ひがし茶屋街」って、
加賀藩が作った商人と文人の社交場なんですってね。

地元ではなおのこと、行かないわけです。

一般庶民には無縁の場所でありんした(^^ゞ


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

充電完了!


昨日は、熊取のJ先生の所に行ってカラダの調整。

いいもんですよ、定期的に積極的にカラダを整えに行くのも。


月一回、筋肉と骨を調整していただいてリフレッシュ!

(よっしゃ、これでまたがんばれる! またひと月がんばろう!) 

ってね、気合いが入るわけ。


電車に揺られること1時間10分。

遠いと思う人もいるかもしれないけど、意外にこれがいいのよ。

いつもと違った建物見て、いつもと違った人たちを見て、
え〜〜〜っ!?と思ったり、おお!っと感動したり・・・

そして時には、私の目標はなんだった?って、確認したり。。。(いや、ホント、真面目に。)

時間無い時は、仕事の書類を電車に持ち込んで
わき目も振らず、やってるときもあるけどね。

自分のカラダのこともよく考えるようになったし、
日々の過ごし方もメリハリがついた。

人生において、なんらかのことを定期的にやっていくってことは、
とてもハリができることであり、安心できることであり、
自信のつくことでもあると思うよ。




<追記>

昨日は、家を出るときにザザ降りで電車を降りるまで降ってた。

替えのズボンを持っていってなかったので、濡れたら施術していただくのに不便と、
駅からはタクシーで行こうと決めていた。

タクシーに乗って頭を上げたら、目の前に文字が飛び込んできた。

助手席頭部裏側、

運転手さんの名前

「わたしの趣味は ハイキング です。」


アレ、いいですねー。

思わず、運転手さんに声をかけましたもん。

「趣味はハイキングですか?」って。

そのあとは、運転手さんと話がはずみ・・・・


なにかの縁ですものねー、お会いできたのも。

運転手さんの一部ですが、心の栄養をいただくことができました(^^)



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年07月19日

やっと行けた。


石川に帰ってきました。


(今年こそは、行こう!)

心に決めて帰ったんです。


ガイドブックの表紙にもなっているここ。

俵屋1


金沢の老舗、俵屋(たわらや)さん。


長年金沢に住んでいたのに一度も行ったことがないのです。

人にはいただいては、よくなめていたのですが。




やっと、やっと、念願叶いました!





あああ!!!これです、これこれ!


俵屋のれん


本のままだ!!

(感動ぅ〜〜〜〜。)



180余年変わらないたたずまい。。。



入ったとたんカウンターのようになっていて、目の前の飴を
思わず手にとってしまいました。


一個購入。300g 1,050円なり。



こっちに帰ってきて、さっそく開けました。


俵屋2




添加物まったく入ってません。


俵屋3



中はおしゃれして。


俵屋4



蓋をかけたら・・・おお!


俵屋5



うはっ、なつかしっ!


俵屋6




うま!


とろ〜り、やさしい〜。。。お米の甘み。




ね、ね、ね、なめたいでしょ。



posted by akane | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記