2011年06月27日

子どもたちよ、未来はまかせた!


昨日は、レスキューロボットコンテスト予選を見に来ました。

競技会場には、市街地を模擬した1/6スケールの実験フィールドがあり、
その中に数体のダミアン(要救助者を模擬したレスキューダミー、今回は2体。)
が配置されていました。

フィールドには、坂道、高台、歩道橋もあり、瓦礫も散乱していて、
その中をロボットが、えっちらおっちら救出活動を行うのです。


今回は目視してロボットをコントロールできましたが、
本選は操縦者はコントロールルームの中。
ロボット搭載のカメラの映像だけがたより。
操縦者はかなりの判断力が必要となるわけです。


今年は、高校生や大学生にくわえて社会人も初参加。
出てきたる、半おじさん軍団

どんなすごいことやってくれるかと思って見ていたら・・・


動かんかった!!


おいおい、せめて動くの作ってよ。。。
めっちゃ期待したのにぃ〜。

けど・・・ワイワイとっても楽しそうだったなぁ。


だいたいが、ロボットの不具合と救出の段取りミスで、
スムーズには行かなかったなか、神戸大学
時間余らしての2体のダミアン救出、搬送!

他のチームが、救出時にダミアンイナバウワーさせて、「きゃあー!」
首つりさせて、「きゃあー!」
観客が悲鳴を上げるなか、神戸大学はすらすらと運び出し、パーフェクト!

さすが。。。仕事の詰め方が違うわ。


さて、本選出場が決まった14チーム、がんばって!

未来のエンジニアたち!!

どうぞよろしく!




<追記>

今年のNHK大学ロボコン結果を知って、びっくり!

去年、国内優勝して、アジア大会で最優秀技術賞をとった
金沢工業大学のチームが、なんと!予選敗退!!

いったい何が起こったんだーーーーぁ!?

上位入賞、常連大学なのに。

毎年、手動ロボットの操縦は何千回も練習して、目をつむってでも
できる状態になってて、見てると息が止まるくらい速いのに、
今年はどうしたの?

こんなこともあるんだね。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記