2011年06月21日

ツバメの巣


ホリエモンさんのアイコン、鉄格子がついちゃったね。

2年4か月の間に、精神的にも肉体的にも社会的にも
スケールアップして現れることは間違いないんだろうけど、
・・・というか、期待してしまうんだけど、
不謹慎と言われようが、なんだかさみしい気持ちがしてくるのを否めない。

日本って、これからどうなるんだろう。

引っ張ってくれるリーダー欲しいよね。




ん・・・っと、日記書くか。。。


市内の真ん中でツバメの巣を見つけた。

ちょっとこぶり。

見てたら、親ツバメがやってきた。

ツバメの巣
(逃げるかと思って、あわてて撮ったらブレちゃった!)


親って頼もしいね。

親に守られているときって、しあわせだったなー。


田舎で飼っていたネコが、ミケっていったんだけど(三毛猫だったから)、
子ネコを4匹生んでね、4か月もしてそれらがやんちゃするようになった頃、
野ウサギやらヘビ(それもマムシ・・・頭、ちゃんと噛んであったよ。)やら、
捕まえてくるわけ。

突然、家の中にゴロっと転がっているから、おったまげるよー。

ほんでそれをどうするかっていうと、子ネコたちに与えてね、
子ネコたちはそれらをポーンと放り投げては、ダダダーって走って
我先にと捕まえに行くの。

ゴロンゴロン転がしたり、好き放題して遊ぶのね。(残酷。)


ある日、ツバメを取ってきた時は、(ああ。。。やってくれた。)と思った。

さすがにミケ、父に、しこたま怒られてた。


子どものためになんでも捕まえてくるのよ、誰が教えたわけじゃないのに。

悪気はないんだけど、ツバメは・・・
巣の中の子どもたちはどうなっちゃったんだろう。



そんな思い出をね、ツバメの巣を見つけるたびに思い出しちゃうよ。





posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月20日

ボディビル選手権大会に行ってきました。


あ、いや、もちろん、参加したんじゃなくて、“見学”です。


初めてですぅ。



今年は、2004年全日本ボディビル選手権で準優勝の神田知子選手が
復帰するとの情報があったので、ぜひ見に行きたいと思ってましてね、

神田選手

でも前日、出場選手を調べたら、神田選手の名前がなくて。
(この大会じゃないみたいです。)

ん、でも、行こう!と。



マッチョなおじさんたちに囲まれて、わたしはどうしてたらいいのか、
不安な気持ちもありましたが、行ってみると、案外、女性多いんですね!

違和感なくその場にいることができました。
(わたしの性格かもしれませんが・・・(^^ゞ)



さて、大会はマスターズ40歳代のピックアップ審査からです。


みなさん、両手に水の入ったバケツをぶら下げたような格好で入場。
これって、ニュートラルな姿勢なんですよね?

この姿勢からポーズに入っていくんですね! なるほど〜。。。
(この時も力、入ってんのかな?)


わあ〜・・・

ボディビル1


ああ、なんか分かるな・・・「バランスが大事」ってこと。

並ぶと分かる。

マッチョはマッチョでも、みんな全然違うんですね。



感心して見てると、


「3番、いいよ!」

「4番、デカイ!」


これがウワサに聞く “ボディビル言語”!?
(これって、ステージ上の本人にも聞こえてるのかな?)



さて、この方々は60歳代です。

ボディビル2

60歳過ぎてもこんなでいられるんだぁ〜・・・・


ボディビル3

腹筋割れてるし。

すごいなぁ〜。努力のたまものだよね。




これは、関西フィットネス160cm以下。

フィットネス

きれいですね〜。。。きゅっと締まってフラミンゴのよう。


「3番、キレイ!」

「6番、べっぴんや!」


ボディビル言語炸裂!


なんかドキドキするわ〜。




フライ級(60キロ以下)の様子。

40歳〜60歳代、入り混じっての審査です。

ボディビル4


ボディビル5


キレイやな〜。


みなさん、コツコツ積み上げた成果ですね。ステキ!

自分の体が変わっていく ってどんな感じなんだろう。



他の審査も進むなか、12時15分。
決勝まで見たかったのですが、午後からの用事のために帰りました。

思うに、やっぱ、

カラダ作って、いつまでも元気に動けていられたら最高ですよね!

若いうちに鍛えとかないと。


いや、スタートはいつからでも。


70歳のマッチョなおばあちゃんもええなー。






<追記>

帰ってから、さっそくトレーニングジムを調べたりして。。。

無いわ!

近くに無いわ!

あるのはスポーツセンターばっかり。

なんで兵庫はこんなに少ないの?

本格的な知識のもとでカラダを鍛えようよ。


また、ときどき刺激もらいに大会を見に行こう!






posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月19日

おみやげ


Yちゃんが奈良のおみやげをくれました。

ありがとね。


すし


すし2


うわー、まだ嗅覚戻ってないけど、

これ、よー分かるわー。


“さんま”と“さば”だねー。


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月18日

高野山に行ってきました。


さて、取りいだしたる一枚のカード。

阪神沿線どこから乗っても2900円で天空の世界に
連れて行ってくれるという超レアな代物。(←ウソ。どこでも手に入ります。)

k1


比叡山延暦寺を尋ねてから2年半、いつかは行きたいと思っていた
高野山にやっと昨日行くことができました(^^)v



8時10分、家を出発!

いざ!



大阪・難波を過ぎたあたりから満員電車がいっきに空き空き電車に。

高野山に近づくにつれ・・・

k2



南海電車高野線 最終駅「極楽橋」に到着。

ケーブルに乗り換えます。

k3
(緑がきれーい。。。)



高野山駅です。

k4


いかにも高い所に来たという感じ・・・霧が・・

k5


さて今回は、比叡山に行ったときに、その広さと奥深さに
時間が足りなくなりバタバタしたので、その教訓を活かし、
山内の半分だけ回ることにして出かけました。


奥の院御廟(空海大師が眠っている所)まで行かずに、
山内の真ん中でバスを降りて、高野山入口にある女人堂まで
いろんな名所に寄り道し、歩きながら戻るという計画です。


けれども、実際バスに乗ってみると、思っていたよりも
山内が広くなかった・・・


とりあえず奥の院口で降りましたが、予定していたコースでは
時間が余りそう。

奥の院口の前にある一の橋案内所で迷うこと5分。

(もう、奥の院まで行っちゃえ!)


通常、徒歩1時間35分かかるところを1時間で戻るという
(恐るべき)計画を立て、当初の予定と反対方向へ。

ちず2



一の橋前でお辞儀をし、(ここからが表参道だそうです。)

お墓の行列の中へ、突入。


k6


ここは人間の世界じゃないと言われているそうです。


初めは、女性一人、何が出てくるやら、霊に取り憑かれるんじゃないかとか、
いろいろおっかなかったのですが、
歩いているうちに熱くなってきて、そんな不安は飛んでっちゃいました。



歩く、歩く、ひたすら歩く。

k7



墓、墓、墓・・・織田信長、武田信玄・・・

戦国武将と並んで、たくさんの有名企業のお墓がありました。

従業員の方を祀ったお墓もありましたよ。
大事になさってるんですね。

k8


途中、大河ドラマの“江”さんのお墓もありました。

奥の院で一番大きなお墓です。

k9

k10



奥の院御廟到着。

ここら一帯、脱帽、写真撮影禁止。

拝堂

(向かいは拝堂。その後ろに御廟。ネットよりお借りしました。)


御廟にお線香とろうそくをたて、世界平和をお祈りす。



さて、当初予定のコースに戻りました。

ちず5


まずは、金剛峯寺、高野山真言宗の総本山です。

k11


どの部屋も豪華絢爛!

歴史に名を残す絵師の筆によるふすま絵が豪快、華やか!

金箔で囲まれた部屋も!

写真が撮れないのがホント残念。。。


庭だけ撮らせていただきました。

k12


次は、壇上伽藍へ。

ちず3


途中、もみじがなんとも言えず美しく、パチリ!

k13



壇上伽藍に着きました。

不動堂です。

高野山に残る最古の建物。1197年建立、国宝です。

k14


右側を見上げると、根本大塔

k15


これまた撮影禁止で撮れませんでしたが、
中央に本尊胎蔵界曼荼羅大日如来、その周囲を金剛界曼荼羅四仏が取り囲み、
周囲16本の柱には十六大菩薩の絵・・・と曼荼羅を立体に表したような、
荘厳です!

k16


他の建物(御影堂、金堂など)は、
周辺を工事しているせいか、御本尊の扉が閉められていて、
なんだかさみしい。。。



この時点で、帰りのケーブル、高野山駅2時34分発まで残り45分。

裏道を通って女人堂へ向かうことに。

ちず4


お寺とお寺の間の道に入って、木々に囲まれた山道を登っていくと、
だんだん、だんだん道が細くなってきて、1メートル幅くらいになって。

心細いのなんの。。。


(ホントにこれでいいの?) エ〜〜〜ン。。。


半泣き状態になりながら、駆け歩き10分。

メイン道路に出て、ほっ。



さらに歩いて10分、女人堂へ。
ここから大師御廟まで通じる細い裏道があるとか。


振り向けば高野山入口がそこに。

明治5年まで、女性はこの門を通って入れなかったんだよね。

k17

これ見て初めて気づいた。

高野山金剛峯寺って、地名だったんだ!


そうこうしているうちに、高野山駅行きのバスが!

飛び乗った。

女人堂の写真撮るの忘れた。。。。



2時20分、高野山駅到着。

34分発ケーブルに間にあいました。

ふ〜っ。。。




で、本日のコースの全容です。

ちず6


よー歩いた。

今度行った時は、お寺巡りをしましょう。

ゆっくりと身を置いてね。



<追記>

スーパーもあるし、お医者さんも整骨院もある。
日常がすぐそこにある。
比叡山とはまるで違う。

比叡山で感じた不気味さ(?)は感じませんでした。
ざわざわ感(なんと表現していいのか・・・)もなかったです。
カメラもちゃんと動いてくれました。

空海大師が今もしっかりと治めているということでしょうか。

(↑ なんちゅう感想や。)



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月17日

へぇ〜、よくできてる。


これ、話題になってた動画。




ガシャン! 

 (うわーーー!!!やれちまった!)


ジャン!ジャ、ジャ、ジャン!

 (おおーーーっ!みごとふっかーつ!)


って、すごいって、思わず笑っちゃうんだけど、これ、ロボットなんだってね。
CGかと思ってた。

挟まれるまではホンモノなんだって。

昨日、たけしさんのテレビでやってたよ。

これのほかにもぺしゃんこになったリスの復活のや、
ちっちゃな動物、赤ちゃんのまであった。

ハァハァ・・・胸が動いたり、くにゃくにゃしたり、
外国の、なんて言う人だっけ、こんなリアルな動きするロボット作る人がいるんだって。
映画でも使われてるって。

すごいな。



「ねずみとチーズ」調べてたら、こんな動画もあったよ。

これ、おもしろい。


「恋するネズミ」



続きを見たい時はここへ → http://youtu.be/WGMOeg1-pQU




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記