2011年06月30日

遺伝子が勝つ!


暑いっ!

ウマいっ!


ガンガンに冷えたプロテイン最高っ!


けど、マンゴー味、なかなか無くならん。。。。もうやだ〜(悲しい顔)


朝練、行ってきました。

このところは肩を痛めているので、10本だけ引いて帰ってきます。

帰ってから、プロテインを飲みます。

(筋肉つけ〜、筋肉つけ〜・・・・)

って、願いながら飲んでますわーい(嬉しい顔)



昨日の新聞に、「スポーツ遺伝子」なるものの話が載ってました。


運動能力に関係する人間の遺伝子は、少なくとも60〜70あるとされていて、
中でも研究者が注目するのは、筋繊維を束ねるタンパク質を作るACTN3遺伝子。

瞬発力を引き出す「速筋」のタンパク質を合成できるRR型とRX型、
合成できないXX型がある。

瞬発系競技は、速筋のタンパク質を合成できる遺伝子を持つかどうかが鍵。

北京オリンピック陸上男子400メートル銅メダルの朝原宣治さんはRR型。


朝原さんにとって100メートル走は、まさしくピッタリの競技ってことですか・・・くつ


血管の太さに影響を及ぼすACE遺伝子は、持久力と関係がある。

一つのタイプは遅筋繊維が多く、血管を広げて酸素運搬能力を高め、
長距離走などに向く。


はたして私は、短距離向きか?長距離向きか?猫

小学校のときから、どっちもイケてたような。
跳ぶのも跳べたし・・・中学生の時は、軟式テニステニスやサッカーサッカーで走り回ってた。

無かったのは「根性」・・・犬

RXかなぁ〜。。。XXかも。

調べてみたいな。この年になってこれからどうこうするわけでもないけど。


・・・・調べるとなると・・・

ほぅ、綿棒で口の中をこするだけ。簡単に検査できるんですね!


値段は? 13,500円!!

(するわな、それくらい。)


ただし、遺伝子が運動能力のすべてを左右するわけじゃない。
生活環境や練習でも変わる。
苦手でも努力を続けること。


ふむふむ・・・


でも昔、陸上の顧問の先生が言ってたよ。

「最後には遺伝子が勝つ!パンチって。


※ ぜひ調べてみたいという方はこちら→ 「スポーツ遺伝子テスト」
  キットが送られてくるようです。
  




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月29日

「真栄田さん」と「映画」・・・関係ないけど。


昨日、スリムクラブの真栄田さんドッキリに出てたね。

前にも仕掛けられたのを見たことあった。

そのとき真栄田さんは、よっぽど納得いかないことがあって、
相手は先輩タレントさんで、それでも
「それはよくないんじゃないかと・・・」と、ちゃんと言って。

ドッキリで先輩がわざとそういう行動を
とっていたと分かったときには、
「よかったぁ〜、ボクの知ってる○○さんで。」って、
その言葉がすごくよかった。


昨日は、相方の内間さんが仕掛けて、
真栄田さんは、タレント生命を断たれるかの究極に追いつめられ・・・
絶対変なことは言わないって思っていたから、私は安心して見れたよ。

男気ある人。かっこいい。



テレビつながりで書いておくけど、

先日、映画映画の名場面特集をやってて、
(あ〜、この映画、もう一回ちゃんと見ておきたいなー)っていうのが
たくさんあった。


「風と共に去りぬ」

「ローマの休日」でしょ、

「ティファニーで朝食を」とか、

「ゴースト〜ニューヨークの幻〜」

「大脱走」とか、ね。

「ショーシャンクの空」もメチャメチャおもしろかったなわーい(嬉しい顔)

紹介はされてなかったけど、「ブラザーサン・シスタームン」とか。


中学生の時見たのなんか、今見たらどんな感想を持つのかな?って
自分でも楽しみ。

レット・バトラーとスカーレット・オハラ、今ならあの会話の
シャレた感覚が分かるかもムード。。。ちっとは大人になった(と思う)から(笑



あ〜、じっくり映画見る時間ほしいなぁ〜。。。夜




(これ見て思いました。スカーレット、だんだん綺麗になってる(^^))


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月28日

髪の毛


ふぅ〜。。。暑いですね〜。

朝練行きましたが、道場、なんと! 30℃ありました。

道着の下は素肌厳禁、シャツを着て、足袋つけて、
帯を何重にもギュゥ〜〜〜と巻いて、
汗で袴が絡まらないように、もう一枚下にパッチはいたり、
ストッキングはいたりする人もいて・・・・。

若い人はいいけど、年齢の高い人も多いんで、
めちゃくちゃ寒い時期とこの暑い時期はホント心配。
気をつけて見てないとね。



サッポロ・・・ここよりは涼しいんだろうなぁ・・・・

P1030858.JPG


今、髪が中途半端で、いっそ、「マトリックス」トリニティーみたいに
バシッと切って、ムースで固めてオールバックにしちゃろうかと
たくらんだりもするのですが、顔が地味なうえ、デカイので
ぬりかべに間違えられてもなんだし、迷っています。



で、ヘアクリームで整えて、人前ではこんな感じです ↓

P1030859.JPG


でも、あんまり暑いので、

家に帰ったら、こうなります ↓

P1030860.JPG


横から見たらこんな感じです ↓

P1030861.JPG


一応、オールバックです。

めちゃ、でこ凸広いです。(でこっぱち、と呼ばれていたことも。)

カチューシャからはみ出た毛がピンピンはねてます。

やっぱり、トリニティーにはなれそうにありません。
(オートバイ乗り回してみたい。。。カーチェイスかっこよかった(^^))


あ、メモ帳の中身はこんな感じです。。。

P1030862.JPG



今日はこれにて。暑くても元気です。




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月27日

子どもたちよ、未来はまかせた!


昨日は、レスキューロボットコンテスト予選を見に来ました。

競技会場には、市街地を模擬した1/6スケールの実験フィールドがあり、
その中に数体のダミアン(要救助者を模擬したレスキューダミー、今回は2体。)
が配置されていました。

フィールドには、坂道、高台、歩道橋もあり、瓦礫も散乱していて、
その中をロボットが、えっちらおっちら救出活動を行うのです。


今回は目視してロボットをコントロールできましたが、
本選は操縦者はコントロールルームの中。
ロボット搭載のカメラの映像だけがたより。
操縦者はかなりの判断力が必要となるわけです。


今年は、高校生や大学生にくわえて社会人も初参加。
出てきたる、半おじさん軍団

どんなすごいことやってくれるかと思って見ていたら・・・


動かんかった!!


おいおい、せめて動くの作ってよ。。。
めっちゃ期待したのにぃ〜。

けど・・・ワイワイとっても楽しそうだったなぁ。


だいたいが、ロボットの不具合と救出の段取りミスで、
スムーズには行かなかったなか、神戸大学
時間余らしての2体のダミアン救出、搬送!

他のチームが、救出時にダミアンイナバウワーさせて、「きゃあー!」
首つりさせて、「きゃあー!」
観客が悲鳴を上げるなか、神戸大学はすらすらと運び出し、パーフェクト!

さすが。。。仕事の詰め方が違うわ。


さて、本選出場が決まった14チーム、がんばって!

未来のエンジニアたち!!

どうぞよろしく!




<追記>

今年のNHK大学ロボコン結果を知って、びっくり!

去年、国内優勝して、アジア大会で最優秀技術賞をとった
金沢工業大学のチームが、なんと!予選敗退!!

いったい何が起こったんだーーーーぁ!?

上位入賞、常連大学なのに。

毎年、手動ロボットの操縦は何千回も練習して、目をつむってでも
できる状態になってて、見てると息が止まるくらい速いのに、
今年はどうしたの?

こんなこともあるんだね。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月26日

やっと衣替え。


昨日のあれは、入道雲だったよなぁ〜 曇り

今、6月だよね?

なんか今年、3週間くらい早くない?

向かいの桜の木の葉っぱがいつもの年よりボーボー。 

家の中から見てたら、こっちに向かってきそう がく〜(落胆した顔)


5月の初めにヒノキやスギ花粉の時期が終わったら、
冬のジャンパーを洗濯する予定だったのに、
花粉症の時期が終わったとたんに梅雨に入った 雨

結局、積み上げたまま。

暑かったり寒かったり、行ったり来たり、その場しのぎで
手短な半袖引っぱり出して着てたら、ごちゃごちゃになっちゃった 猫


それで昨日は、衣替え わーい(嬉しい顔)

ついでにタンスや衣装ケースの中身もチェック! メモ


(な、なんじゃこりゃあーーーー!?)


(こんなんあったっけ?)

忘れているもの、出てくる、出てくる・・・ ブティックリボンカバン

2年くらい前にかなり処分したのに、まだまだ甘かった。。。ふらふら


結局、使ったり着たりするものって、どんなにヨレヨレになっても
自分が気持ちいいものに決まっていて、それはほんの少しなのよね。


身辺整理しとかなきゃ・・・

そんなだもん。。。病院


よし! 

今年の夏、使わなかったものは、全部処分しちゃおう!! ふくろ



駅のホームから
(茂る、茂る、むせるくらいに茂る。)






posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記