2011年05月02日

私が生きていくということ


「これはいい!」


そう思って何かやろうとすると、必ず「アカン!」てヤツが出てくるんだ。

“ヤツ”は、人であったり、業者であったり、行政であったり、・・・ね。


でもさ、本気でやろうと思えば無い頭でもひねくり出てくるんだよね、
やれる方法を、さ。


昨日ラジオで山下達郎さんが言ってた。

今回の震災で心境が大きく変化したって。

なんか大きな出来事があったとき、
自分の生きてきたこと、これからのことに心が戻る。

私もそう。

(これでいいのかなぁ)・・・このところいつも思ってる。


何かの本で、心が揺れているときは幼い時の心に戻ってごらんってあった。
目をつむったら、ものすごいスピードで子どもの時の気持ちが湧きかえった。

私の原点? それが?

なんだ、そのままでよかったんじゃない?

なんで今まで、変えようとしてきたんだろう。



めっちゃ身が軽くなった今日この頃。




<追記>

被災地、宮城南三陸町 馬場中山。

避難した200人が現地にとどまり復興に向けて動いている。

孤立した集落であった。
待つだけじゃ何も始まらない、自分たちから行動を起こそう!!

意志と決断力、生活に根差した発想力。

行政が動いてくれないのは承知の上!!

そいつがダメならこれで行こう!

即応して次々と集まるボランティア。

まだ子どもたちは学校にも行けないが、人生は長い。
こうして力を合わせて生きる大人を間近に見る経験は、
どんなことを説くよりも子どもたちを強く育ててくれる。


馬場中山センター

http://babanakayama.client.jp/

5月1日アップ分
http://babanakayama.client.jp/diary/201105/diary20110501.html


3月11日からの東北の歩み
河北新報社ニュース





posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記