2011年05月22日

これを食べたら背が伸びるといいのに。


石川の田舎からのおくりもの。

毎年、この時期に来る恐怖のありがたいおくりもの。

段ボール箱にぎっしり詰めて送られてくる。


たけのこ。。。


皮つきのまんまなのを、皮剥いで、下ゆでして・・・


ああ・・・またいっぱい・・・どうすんの?


たけのこ


しばらくは、たけのこ、たけのこ、たけのこづくし。。。(-_-;)

こんなに食べたら、顔がたけのこになっちゃうよ。
(↑ って、わけないやろ!)


ちっちゃい頃から食べさせられてるしー、
そのせいであんまり好きじゃないしー、


ハァ〜〜〜〜。。。



とりあえず昨日はこれで。

“たけのこごはん”

たけのこ2



父上、母上、親心ありがたくいただきますよ。



こりゃ食べきるのに10日かかるな・・・(;_:)



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月21日

目先の明るさよりも・・・。


さっきまで「週刊ニュース深読み」を見てた。

原発維持?脱却?どうする日本のエネルギーって課題でね、
維持派と自然エネルギー推進派とそれぞれの言い分を聞くわけ。

ゲストがロバート・キャンベルさんと桂文珍さん。

キャスターは小野文枝さん(体の年齢が実年齢より−16歳だった驚異の人物!)。

自然エネルギー推進している方のほうは、実態をよく見てるね、
よく勉強してる。
それはこれが原因の問題、あっちはこれが原因の問題って、
ちゃんと振り分けができてる。

原発維持しようとしているほうは、「できない」「無理」「難しい」って
言葉をしきりに使う。

問題がすり替わりそうになると、文珍さんが、
「それは言ってることが違う気がするんですけど?」ってぐあいに、
すかさず指摘してくれるのが気持ちよかった。
小野さんの「今、何の話してるんですか〜?」発言にはずっこけたけど。

もう、さ、一般人や有識者、現場、お国の役人・・・みんなその場に集めて、
自分たちの思ってることぶっちゃけてくれないかな。
分からん人は分からんって、分かりやすく説明してって言ってさ、
専門用語使ってあいまいにされる前に。

それらをはたから見て、何がどうなっているのか知りたい。
一日中放送してくれてもいい。



幼いころ、停電はしょっちゅうあった。

カミナリがなったら、必ずと言っていいほど停電になった。

父がろうそくに火をつけた。

ろうそくの灯の周りに家族が集まり、揺れる炎をじっと見ながら
明かりがつくのを待った。

電気ってそういうもんだと思っていた。


今回の地震で近くのスーパーが節電を始めた。

ペットボトル飲料とパン売り場の棚の照明が消されている。

始めは(暗いな〜)と思ったけれど、考えれば困るような暗さじゃない。

上からの蛍光灯の光で充分品定めができる。

明るいのが普通になってたことに気がついた。


いつの間にこうなっちゃったんだろう??


チェルノブイリ原発事故後も村に住む人々。

なぜ安全な場所に逃げないのかを尋ねると、

「人が作ったものを人がほうりだしたらいったいどうなるの?」と。


ホンマにね、地球は自然に戻ろうとしているのにね。

目先の明るさなんてエネルギーを使うばっかり。
長〜い目でこれからのこと、考えてイカンと。


原発維持派も自然エネルギー派も、長〜い目で、ね。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月20日

うれしい・・・という言葉


昨日、第3木曜は範士の指導がじきじきに受けられる日。

参加者が順番にひたすら体配(演武の基礎)を繰り返す。

1回目は、範士が黙って見ておられる。

終わったら、気がつかれたことをコメントしてくださり、
その後の2回目、3回目は、引き手のところに行って
アドバイスしてくださる。


何のための練習か!ただの中(あ)てっこか!」

「自分が注意されたことは、すぐできんかもしれん。
 でも、直そうと意識しろ!」

「相手との間(ま)、自分の間、全体の間、動作をそろえろ
 自分がやりやすければそれでいい、なんて考えはない!」


ゲキが飛ぶ。


言われたことは絶対守る。習得する。


真剣よ、そりゃもう。

だって、二次試験の後の大前(グループで先頭に引く人)さんの顔が
忘れられないもの。

大粒の汗が顔じゅうにどろっどろに流れてたあの顔が。

あそこまで真剣にやれなかった自分。

私の生き方はすべてに対してこうなんだと分かったら、
もう試験の前までの場所にはいられない。


終わって、皆がお茶の準備に取りかかっているなか、
仕事に行くために先に帰り支度を始めた。

範士に「どうもありがとうございました。」とあいさつに行くと、

弓が引けてうれしいやろ?」と範士が。

「楽しくなってきたやろ?」

「ハイ。」と私。


「分かるよ。良くなってきたよ。」と範士。

「ありがとうございます。(弓が引けて)うれしいです・・・。」



うれしい・・・・

弓が引けてうれしい・・・・

うれしい・・・・そうだ、うれしいんだ・・・・




涙がこぼれた。


年とるといけねぇや。

すっかり涙もろくなっちゃってさ。。。




<追記>

たいていみんな「(合格できなくて)くやしいやろ?」って言う。

それ、違うんだ。

矛盾するようでおかしいかもしれないけど、「うれしい」んだ。

自分ののびしろを見つけた

それって、弓を引いてたから分かったんだよ。





posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月19日

アンガールズさんって、かっこいい!


アンガールズさんが、昨日のお昼のトーク番組に出てた。
2人ともほんま背が高いねー。

田中さんは188.6?7だっけ?、189センチ近くあるのねー!
(プロフィールでは187センチとしてあるんだって。)

広げた手がまたデカイ!

仕事あるからちょっとしか見れなかったけど、2人とも話している時って、
シャキ!っとしてて、かっこいいと思ったよ。



田中さんは、紅茶が趣味。山根さんは、日本茶。

香りが嗅げなくて残念。
キャスターの人にも入れてあげて、すごくおいしそうに飲んでた。



感化されて、本日朝からお茶。

おつかいもののお菓子、タイミング逃して送れなくなっちゃった。
んで、これってあたし食べていいのよね。。。(^^♪
食べちゃおーっと。

・・・・ちと贅沢。

鼓月お菓子
(京菓子“鼓月”の「洛風」、抹茶の餡羊羹でわらび餅をくるんだもの)


ぉぉおおお!!!!! がわいてきたっ!


さぁ、今日もがんばりますか!(^^)!




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月18日

若さの秘訣はストレス。


「アタック、チャーンス!!」


児玉清さんが、亡くなられた。


小さい頃から、いつもTVのどっかでお見かけしてた。

長い、長い、息の長い、いい俳優さんやったなぁ・・・


いつも遠くを見つめているような・・・

安心・・・って言葉がピッタリの人やった。


77歳かぁ・・・若々しかったね。



人間って、

これだぁーーー!!!

ってがんばっているとき、HSP(Heat Shock Protein 熱ショックたんぱく質)
というのが働いて、体を若返らせてくれるそう。

このたんぱく質、粉で買おうと思ったら、
手のひらに隠れるくらいの小瓶で、12万円するんだって。

めちゃハイプライス!

それじゃ手が出ない・・・となると、自分の体で作るしかない。

方法は、体を温めるといいそう。
お風呂もいいらしいけど、のぼせちゃうしね、やっぱ、運動するのがいいって。

ジョギングするなら、らくらくジョギングよりも少々きついジョギングのほうが効果的。

要は、ストレスで増えるんだ。

このたんぱく質の量をテストをひかえた大学生を対象に調べたら、
テストの前から上がってテスト当日最高レベルに。
中には試験当日に下がっちゃう人も。
そういう人は、テスト当日、あきらめちゃってるんだって。ははは。。。


だからね、自分にストレス加えて(お断り:地下鉄になれってことじゃなく。。。)、
いつも目標に向かって走っている人は若々しい!!


今思うに、児玉清さんの俳優生活も、機知にとんだ司会業も、シャン!と伸びた姿勢も
燃えるようなやる気があったからなんだろうね。

あの落ち着きの奥に、ね。



「ためしてガッテン」HSP のサイト、おもしろいよー。)



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記