2011年04月24日

随筆か?エッセーか?新しいブログは情報メモ。

先日の神戸新聞に、随筆文化推進協会「随筆にっぽん」会長の
赤松愛子
さんが書いておられました。

随筆家とエッセイストは違う。
では、随筆とエッセーの違いは何か。

以下、抜粋。

随筆とは、体験、感想などを思いつくままに記した文章。
随想、漫筆。
「枕草子」「徒然草」「方丈記」などの古典文学の中に随想は
れっきとして存在していた。
・・・・

エッセーとは、自由な形式で気軽に書かれた感想風の散文。
試論、小論。大論文ではない。
・・・・

随筆は文学である。
「思いのままに」「そのときどきに」「いたるところで」
感じるままに書き記した文章なのである。

文学としての命題は、読み手の人生に、
思想や意識に揺さぶりを掛ける文章力を良しとする。



う〜〜〜〜ん、私のブログは、随筆?エッセー?

日によって随筆でもあり、エッセーでもあり・・・?

できれば随筆書いてます・・・ってほうが、かっこいい。。。わーい(嬉しい顔)

って、そんなのほど遠いでしょー!

ここんところ、情報あり、感想ありと、グジャグジャだよぉ〜。

なんかモヤモヤする・・・




ってんで、エイっ!と、ブログ作っちゃいました。

3月11日からの震災関連の記事は、原文はこっちにおいといて、
感想部分を削ったものをまとめなおして、向こうに載せました。

これからは、日々の出来事の日記はここで書いて、
震災関連の気になった情報は、下記のサイトに載っけることに。

「はじまりは20110311」

あ〜、スッキリ。


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記