2011年03月31日

現実を見据えて。

公園の桜、満開。


16日から23日の間、災害対策支援医療チームの一員として、
陸前高田市に入られた救命センターの看護師さんのブログ。

実際の記録というよりも感じたことが多く書かれています。
感情的な部分で被災地では実際何を必要としているのかが分かります。

http://blog.goo.ne.jp/flower-wing

私自身、今回、震災発症直後から、胸のつかえと食欲不振に陥りました。
16年前の地震を体験しましたが、特に建物の下敷きになったわけでもなく、
怪我をしたわけでもないのに、です。
当時のことがどっと思い出されてきました。
それで軽いPTSD傾向だったんじゃないかと思います。


だいじょうぶ・・・・震災直後は、何がどうなっているのか分からないまま、
そう言い聞かせてました。
というか、そう思おうとしていました。

失ったものはどうすることもできなかったし、
あきらめるしかなかったし。

本当の苦労を見たのは、そのあとからでした。

それが続くから。長いから・・・。

私なんかは雇われる身。どうにでもなりますが、自宅や仕事の再建と
休む間もなく駆け回り、倒れた人がどれだけいたか・・・。

そのうえ今回の震災は、もっともっと被害は広くて大きくて・・・。


けどね・・・・

私がしんどくなることも、がんばろう!って思うことも
ちっちゃいちっちゃい思想やってね、
現実を知れば知るほど、今起きていることはもっと次元の高いことであって、
ナルシスト的な気分に浸ってる場合じゃないじゃん!!って、
突然、目覚めちゃったんです、昨日。

私の所属している協会が被災地への派遣医療スタッフを
募集しているのを知って、心がざわついてます。

水、食料、寝袋・・・などなど持参。
交代要員のない今の仕事をほうって行けるか?
・・・

結局、やれる範囲のことしかできないんだから。

「がんばろう!」なんて、私自身に言うのも、
事の状況を見据えたら、おこがましいことですわ。



<追記>

石田純一さんの言葉。

奥さんの理子さんが、まだおつきあいしていない10年以上前に
夫の石田純一さんから聞いた言葉。
いい言葉だなぁ・・・とずっと覚えていたという。


 できない理由を探す人
 できる方法を考える人



「不倫は文化。」ともに、石田さん。 

芸能界を長く生きる人は違う!さすが!
posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記