2011年03月17日

カセットコンロと鍋、哺乳ビンも早く送ってあげてください。

メールを送って3日目、千葉の友人から返事が来ました。

職場が家の近くなので、帰宅するには困らなかったのですが、
家に入ろうとしたら、下駄箱が倒れていてドアが開けられなかったそうです。

なんとか入ることができて、部屋の中を見渡すとあらゆるものが散乱。

今も余震が続いていて、常に船酔い状態。
片づけてもまた倒れるかもしれないから、最低限の生活空間だけ確保して、
そのまんまにしていると。

「日ごろから、ちゃんと片づけしとかないかんねー。」・・・なんて、
冗談めいて書いてきてるけど、勤務を続けてるということだから、
そこでいっぱいいっぱいで、自分の部屋まで手が回らないんじゃないかな。

彼女、阪神淡路大震災にも遭ってるんです。
なにもまた・・・。
本人は、その時学んだことが役に立ってるって書いてましたが。


その後も、まだまだ、向こうからのメールはこちらには届きにくい状況です。


さて、兵庫の企業による支援もさらに広がってきてます。

オイシスさんはパンを。
加藤産業さん、三ツ星ベルトさん、バンドー化学さん、西松屋チェーンさん、
シスメックスさん、その他中小企業のみなさんは、義援金を。

神戸市東灘区のP&Gジャパンさんは、紙おむつ28万枚と生理用品23万枚を
仙台の災害対策本部に提供してくださいました。

紙おむつ40枚入りなら、7000袋。

生理用品24枚入りなら、約9500袋。

おおーっ!!

4日前にアップした記事の私の願いが叶ったような、
とっても嬉しいです!!

ウイスパー、1回ぐらいしか使ったことがないんですけど、
今度、買います、買います!(^^)!


ミルク、水に溶かして赤ちゃんに飲ましたママがいるそうです。

カセットコンロと鍋と、哺乳ビンもお願いします。

阪神淡路大震災のときは、1月17日に地震があって、
おむつやミルクは4月には余るくらいになってました。
このたびの震災は、被害が格段に大きく、余るということは
なかなかないと思いますが、

とにかく今、必要なんで、再度、お願いします。

私は、募金をしました。
それらの製造会社がお金を必要なら、募っていただければまた募金します。

よろしく、よろしく、お願いします。



<追記>

「みんなでつくる震災被災者支援情報サイト」
https://sites.google.com/site/minnadewiki/



有志の公務員の方々が、ネット上にあふれる情報のうち、
専門知識を持つ公務員の視点で、信頼性が高いと判断した情報を集約。

国や地方自治体の職員、教員ら約千人で作る
「地域に飛び出す公務員ネットワーク」が開設。
メンバーの専門分野は、防災、土木、食料など幅広い。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記