2011年03月03日

I先生に「ありがとう」が言えました。

昨日、休みを取って奈良に行ってきました。

奈良といえば、仏像大好きの私め、観光旅行と思われるかもしれませんが、
違います。
鍼灸師でもありマッサージ師でもあるI先生に会いに行ったのです。

ネットの中でいろいろとお世話になっていたので、いつかは会って、
「ありがとう」を伝えたいと思っていました。
そう思いながら、いつか、いつかと伸ばしているうち、
2月の半ばごろ、I先生が院を3月いっぱいで閉じるとの知らせ。


今会わなかったら、もう会えない・・・

会いに行こう!


1週間前に予約をしました。
電車1本、バスに乗って、1時間半で着きました。
落ち着いた丁寧な施術でした。

東京で新たな院を開くそうです。
東京に行ってしまわれたら、そうたやすく会えなくなるとこでした。
行ってよかった・・・・

「そこに行けばあの人に会える。」
その思いは力になっているんです。

I先生も、1時間半かかるといっても奈良でしたから遠くても近い。
今まではいつでもお会いできると思って過ごしていましたが、
東京となると・・・。

でも、でも、I先生、私、陰ながら出来ることをして応援します。

ますますのご活躍を祈ってます。

(I先生はこのブログをご存知ありません。
 でも応援メッセージをおくります。ファイティ〜ン!(^^)! )



<追記>

昨日、連ドラの「てっぱん」で、大家さんが言ってました。

同じことはずっとは続かない・・・って意味の言葉。


西登美ヶ丘歩道橋
(帰りはI先生の院から歩いて駅へ。長〜い長〜い歩道橋!)

諸行無常・・・確かに。

でも、思います。
J先生に出会って、I先生を知りました。
I先生に出会って、また次の出会いの予感。

つながってます。

「私である」ことで。
posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記