2011年03月18日

自粛するなら・・・

被災後の5日間、このブログのアクセス数が何十倍にもなってます。

きっと、震災情報を得ようとアクセスされた方がほとんどだと思います。

申し訳ない。

ここは、日記、それもただのぼやきブログ。

来ていただいたからにはお役に立ちたい。

下記、昨日も載せましたが今日も載せます。

「みんなでつくる震災被災者支援情報サイト」
https://sites.google.com/site/minnadewiki/


有志の公務員らが、ネット上にあふれる情報のうち、
専門知識を持つ公務員の視点で、信頼性が高いと判断した情報を集約。

国や地方自治体の職員、教員ら約千人で作る
「地域に飛び出す公務員ネットワーク」が開設。
メンバーの専門分野は、防災、土木、食料など幅広い。




千葉の友人とは、昨日からスムーズにメールのやり取りができるようになりました。
元気にやっているようです。

こんな時期にのんびり弓を引くってのもなんだと思ったのでしょうか。
先日の日曜日に予定されていた名古屋の弓道大会が急遽中止になりました。

わが道場からも数名参加申し込みしており、前日から名古屋入り。
ところが当日の朝、会場に行くと「中止となりました。」と言われたそう。

「参加費はどうなったん?」と私が聞くと「記念品だけもらった。」って。

え〜〜〜〜っ!!!・・・・デス。

さらに、そばで聞いていたYさんが「年間行事も二つ中止になったよ。」と。

家に帰って調べてみたら、確かに・・・宮崎と鹿児島の3月中の行事が中止。

弓道連盟が自粛の方法を取りました。

自粛かあ・・・



諸外国が激励の言葉を送りつつも、かたや日本から避難しようと進める傾向の中、
日本自身が動きを止めたらどうなるんでしょう?


動きを止めて、何が始まる?

積極的な支援で行きましょうよ。





<追記>

定年半年後に控えながら、志願して応援のために向かった。
島根の電力会社に勤務する男性。

約40年にわたり、原発の運転に従事し9月に退職予定だった。
会社が募集した約20人の応援派遣に応じた。

「今の対応で原発の未来が変わる。使命感を持って行きたい。」
家族に告げた。

娘は、今まで家では頼りなく感じることもあった父を誇りに思うと。

「特攻隊員」・・・私は思った。



あれはこうしとけば防げたんだとか、ここがおかしかったとか、
もっともだろう。
でも今、そんなことを論じている人の話を聞こうとは思わない。

だれが悪いとか、責任を取るとか、誰かを追求するとか、
それも今は聞きたくない。


現実は止まらない。

今、どうやって誰が何をするか、だ。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年03月17日

カセットコンロと鍋、哺乳ビンも早く送ってあげてください。

メールを送って3日目、千葉の友人から返事が来ました。

職場が家の近くなので、帰宅するには困らなかったのですが、
家に入ろうとしたら、下駄箱が倒れていてドアが開けられなかったそうです。

なんとか入ることができて、部屋の中を見渡すとあらゆるものが散乱。

今も余震が続いていて、常に船酔い状態。
片づけてもまた倒れるかもしれないから、最低限の生活空間だけ確保して、
そのまんまにしていると。

「日ごろから、ちゃんと片づけしとかないかんねー。」・・・なんて、
冗談めいて書いてきてるけど、勤務を続けてるということだから、
そこでいっぱいいっぱいで、自分の部屋まで手が回らないんじゃないかな。

彼女、阪神淡路大震災にも遭ってるんです。
なにもまた・・・。
本人は、その時学んだことが役に立ってるって書いてましたが。


その後も、まだまだ、向こうからのメールはこちらには届きにくい状況です。


さて、兵庫の企業による支援もさらに広がってきてます。

オイシスさんはパンを。
加藤産業さん、三ツ星ベルトさん、バンドー化学さん、西松屋チェーンさん、
シスメックスさん、その他中小企業のみなさんは、義援金を。

神戸市東灘区のP&Gジャパンさんは、紙おむつ28万枚と生理用品23万枚を
仙台の災害対策本部に提供してくださいました。

紙おむつ40枚入りなら、7000袋。

生理用品24枚入りなら、約9500袋。

おおーっ!!

4日前にアップした記事の私の願いが叶ったような、
とっても嬉しいです!!

ウイスパー、1回ぐらいしか使ったことがないんですけど、
今度、買います、買います!(^^)!


ミルク、水に溶かして赤ちゃんに飲ましたママがいるそうです。

カセットコンロと鍋と、哺乳ビンもお願いします。

阪神淡路大震災のときは、1月17日に地震があって、
おむつやミルクは4月には余るくらいになってました。
このたびの震災は、被害が格段に大きく、余るということは
なかなかないと思いますが、

とにかく今、必要なんで、再度、お願いします。

私は、募金をしました。
それらの製造会社がお金を必要なら、募っていただければまた募金します。

よろしく、よろしく、お願いします。



<追記>

「みんなでつくる震災被災者支援情報サイト」
https://sites.google.com/site/minnadewiki/



有志の公務員の方々が、ネット上にあふれる情報のうち、
専門知識を持つ公務員の視点で、信頼性が高いと判断した情報を集約。

国や地方自治体の職員、教員ら約千人で作る
「地域に飛び出す公務員ネットワーク」が開設。
メンバーの専門分野は、防災、土木、食料など幅広い。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年03月16日

「僕らが絶対元に戻します。」

昨日の夜中(15日の午前1時くらいかな?このごろ夜中書いてる)、
ブログ書いてて、途中に分からないこと調べてたら、
「tumblr」っていう、ツイッターみたいなのが出てきた。

そこに載ってた話に感動!

 避難所でおじいさんが「これからどうなるんだろう」と漏らした時、
 横に居た高校生ぐらいの男の子が「大丈夫、大人になったら
 僕らが絶対元に戻します」って背中さすって言ってたらしい。
 大丈夫、未来あるよ。



福島第一原子力発電所の作業にあたっている人たち。

現場の人たちは、怪我をしてまでも、命さえも危ないのに、
なんとかしようと、今、一生懸命だと思う。

悲しんでいる人に「がんばれ」の言葉は酷だけれど、
懸命に戦っている人には、力いっぱい思いを込めて送りたい。



若者たち、原発の現場の人たち、

がんばれ!




<追記>

伝えたいことがあって、ずっと。

でも、なかなか言えなくて。

面と向かって言うのも大げさだし、照れくさいし。

けど、今回、震災があって、やっぱり言えるときに言わないと
いけないなあ・・・って思った。

自分だっていつ何時どうなるか分からない。
そうなったら、もう会えない。

昨日、ほんの少し、会話の中で一瞬だったけど、
感謝していることを言えてね、

その人に、笑わせてもらったこと、励ましてもらったこと、
話を聞いてもらったこと・・・今、すごくタメになってること。

月に一回くらい、職場の後輩の本人いわく「愚痴」に、
私が、その人にしてもらったように、笑わしたり、励ましたりしてる。

ありがとう・・・って言葉、大事なこと言いそびれちゃった。
でも、少しでも言えた。嬉しい。


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年03月15日

心洗われる思い。

震災発生から4回目の夜。

昨日、瓦礫の中の女の子、孤立していたちっちゃな子どもたち、
救助。

3日間も、よくがんばった。すごいよ。

そして、新しい生命の誕生。

よかった。

本当によかった。


互いに助け合う地元の方々のふるまいに
心洗われる思いです。



平凡な日常生活のなんて幸せなこと!



冬を越えて。


<追記>

米軍の救出作戦「オペレーション・トモダチ」ですか。
思わず、「20世紀少年」思い出しちゃったよ。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年03月14日

被災地、専門家の皆さま、どうぞよろしくお願いします。

とにかく今は、確実に速やかに救助、支援が届きますように、
専門家の皆さま、どうぞよろしくお願いします。

不眠不休の激務、救援にあたっておられる方々、
ありがとうございます。

16年前の震災において、救援の方々が疲労蓄積、
倒れた方がたくさんおられました。
どうか少しでもお体休めますように。

枝野官房長官、落ち着いた口調、安心できます。
分かりやすい説明、ありがとうございます。


諸外国のレスキューの皆さま、よろしくお願いします。

日本のためにありがとうございます。


自分のできることをできるだけやりながら指示を待ちます。

いつ、いかようにもなるよう整然と。


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記