2011年03月27日

うちの母さん、頑固ですか?

昨日は、臨時出勤。

仕事先のNさんご夫妻の長男さんと長女さんの都合のよい日を選んで、
Nさんご夫妻を除き、スタッフ合わせて5者ミーティング。

Nさんの奥様が74歳で病気の後遺症で1人では立てない状態。

Nさん(ご主人)は、腰痛持ち。

2人暮らし。

「さて、今後2人に対しての援助をどうするか?」

という話し合いです。

奥様は、ご主人の介護を求めます。

けれど、ご主人は周囲に「疲れた。もうできない。」ともらしておられます。
うつ傾向も悪化。抗うつ剤を飲んでます。

周囲にはもらすけど、奥様には言えないんですよ。
つらい・・って。


今までさんざん、ケアマネジャー、看護師・・・らが「こうしてみたら。」と、
奥様に提案してきたのですが、なんだかんだと理由をつけて拒否。

こうなるともう、息子さんや娘さんの出番です。

現状を知ってもらうんです。

一般的に、「お母さん」って、息子さんの言うことは聞くんですよね、案外。

娘さんは、
「ええ〜、そんなこと言っても上手くできるかなぁ・・・お母さん嫌がるよ〜。」
と言い、お母さんの思考パターンそっくり。

息子さんは、
「父さんを楽にしてあげられるんなら、母さんにはこうしてもらわないと。
 嫌でもなんでも、こうしなきゃいけないことは、こうしなきゃいけないんだ。」
と、強気。

(そうそう、私もそう思います。。。笑 )

どちらかと言えば、私たちスタッフは、問題があれば
それを解決する最短距離を考えます。
特に私の職種はそうです。

難しく考えることはなくて、やってみてできればOK。
できなければ他の方法を選ぶ、もしくは練習すればいい。
な〜んて思うんですけれども、人によってそう簡単にいかない。


こうして家庭を見させていただくと、考え方はいろいろ。

スタッフの提案の仕方も、それぞれの家庭に合わせて
話の持って行き方からして、いろいろ。


家族のお話、スタッフの話、そばで聞いているといろんな感情が・・・
かけ引きが・・・。



最後に息子さん、

「ぶっちゃけ、うちの母さん、頑固ですか?」



( あは、あははは。。。。(^_^;) )





<追記>

来週日曜は、もう4月3日。

長い3月。

もうしばらくしたら誕生日だ。


モクレン、桜

(向かいの公園のモクレンと桜。今年も咲いた。震災のあと16年間ずっと。)
posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年03月26日

地球は元に戻ろうとしている。

昨日、孫さんがTVに出ておられました。

記者会見のほかで拝見したのは初めて。

ソフトに喋りはるんですねー。

買い占めに走る人々が現れることに対しての質問で、

すべてを隠さずに公開すること。

って、おっしゃってました。

いいことも悪いことも全部公表すれば、人々は適切な判断ができる。

もしかしてこの裏には何かあるんじゃないかとか、
他でもこうなんじゃないかとか、
このあと何か起きるんじゃないかとか、

そんな不安が解消されるから、
身を守るための買い占めという行為をしなくても済むようになるってことですか・・・。


不安・・・なんですよね・・・。次から次へと事態が変わるから。


この間、震災関連の番組が多い中、宮崎駿さんの特集番組がありました。

大好きな作品の一つ。「風の谷のナウシカ」。

ナウシカはある時、有毒の瘴気を撒き散らし巨大な蟲達が棲む”腐海”という
森の最深部に落っこちちゃうんですが、気がつけば、そこは防毒マスクのいらない
澄みきった空気に満ちていたんですね。

そこでナウシカは確信します。
腐海の植物が大地を浄化し、蟲達がその腐海の森を守っているんだと。

かつて日本においてメチル水銀が流れ水俣病を発病させた海は、
しばらくして、魚たちがたくさん済む場所となっており、
調べてみると、そこには水銀を分解する微生物が生まれていたのです。


地球は、誕生した自然の姿に戻ろう、戻ろうとしています。


風の谷にはたくさんの風車が回っています。

ゆるやかに・・・・

私はこの頃、その風景を思い描きながら眠ります。

日本の山や海のあちらこちらに風車が回っている風景です。



<追記>

14歳の子の方が、私よりしっかりしてるわ。。。

私のブログ読むより、この人のブログ読むほうがずっとずっとタメになります。

藤波心さん。

「批難覚悟で・・・・」
http://ameblo.jp/cocoro2008/entry-10839026826.html


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年03月25日

背筋を伸ばして強くなる。

昨日から空いた時間に、撮り溜まっていたビデオを見ていました。


(おお、これいいことやってる!)

と見始めるのですが、番組の途中で出かける時間になって、

(ほんじゃ、続きは帰ってから・・・)

って、タイマーかけてでかけるわけです。

で、帰ってきたら帰ってきたで忙しくそのまんま放置・・・ってパターン。

だから、いつ撮ったのか、何を撮ったのか、もう分かんなくなってます。


ずっと流しっぱなしで見てました。

そしたら、番組の途中で地震のニュースが!

東北地方の地震です。

画面上の日付を見たら、

10日 午前6時24分頃 M6.8 
宮城 美原市、丸森市、石巻市 震度4
 と。

三陸沖にて地震。

6時28分津波注意報、7時半解除。

9日昼前にもマグニチュード7.3の地震があり、
余震が相次いでます。

・・・と、アナウンサーが話してました。


11日の前から、ちょくちょく起こってたんですね、地震。

10日は、NHKの「あさイチ」で水戸の特集だったんですよ。

なんかもう・・・


そのあと撮ってあったのは、ぜんぶ震災関連のビデオ。

それを見ながら、合い間に、新しい情報はないかとTVのニュースを見、
ずっとこの2週間をふりかえってました。


仕事で、普通の食べ物がのどに通らない寝たきりの患者さんの家を訪ねながら、
今、同じようなことが起きたらこの方はどうなるんだろう・・・と、
ふと頭に浮かびます。

被災後、命は助かったものの適切なケアができなくて亡くなられる方が
増えてきています。

避難されている方々の疲れもピークに達しています。

こんなところで、こんなことを書いていても、
何の役にも立たないことを感じます。

けれど書きながら、自分のすべきことを今一度確かめています。

そして、ここ2週間、流されがちだった生活習慣によって
たるんだ自分の姿勢を正そうとしています。

記者会見する議員さんの中には、段に上がる前、歩いているときに
背中が丸くなってきた方がおられます。

背筋を伸ばした良い姿勢は、疲れにくい姿勢であり、勝負強い脳を作ります。


こういう時こそ、シャン!と背筋を伸ばしましょう。
posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年03月24日

“Tsunami”よりも“Kizuna”

3月26日から始まる小田和正さんのコンサートツアーが
一旦見送られることになりました。

以下、すべて。

3月26日(土)・27日(日) 静岡エコパアリーナ
4月1日(金)・2日(土) 神戸ワールド記念ホール
4月8日(金)・9日(土) 岡山市総合文化体育館
4月16日(土)・17日(日) 秋田県立体育館
4月22日(金)・23日(土) 鹿児島アリーナ
4月26日(火)・27(水) 横浜アリーナ
5月3日(火)・4日(水) 国立代々木競技場第一体育館
6月18日(土)・19日(日) 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ(グランディ21)
7月30日(土)・31日(日) 岩手産業文化センターアピオ
8月19日(金)・20日(土) 神戸ワールド記念ホール
8月24日(水)・25日(木) 横浜アリーナ


私は、4月1日の神戸ワールド記念ホールに行くことが決まってましたが・・・。

小田さんは東北大学建築学科の卒業生なので、もしかしたら
知り合いの方がたくさん被災されたのではないかと思ったりもします。


小田さんからのメッセージ。

 被害にあわれた人たちその関係者のひとたち、その悲しみ、つらさが
 想像を遥かに超えて伝わってきて。
 テレビに映るみんなの顔を見るたびに胸が詰まります。

 みんな、家族と自分を大切に守ってください。近くの人と支え合ってください。
 そしていつか、きっと、笑顔で会えるその日まで、一緒にがんばりましょう。




そして、以下のサイトには、芸能人の方々からのメッセージが。

渡辺謙さんの呼びかけでできたサイト。

http://kizuna311.com/

実際、避難所の方々は見れてないかもしれません。

でも、こうやってサイトを見ている私が、「がんばろう!一緒に前に進もう!」 って、
そんな気持ちが湧いてきます。


“Tsunami”よりも、“Kizuna”という日本語を世界の共通言語にしたい・・・

ああ・・・・本当。

日本、今、みんなががんばんなきゃ。

気を強く持って、そして冷静に、そして優しく。


メッセージの一つ。香川照之さん。

posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年03月23日

メーカー様、アレルギー対応粉ミルクも送ってください。

周囲の人たちが、自分が受けた16年前の震災時のことを話してくれます。

TV見てると思い出しちゃうんですよね。

Wさんは、6か月の赤ちゃんを連れての避難所生活だったそうです。

赤ちゃんは泣くもんなんですけどね。

Wさんは、赤ちゃんが泣くと周囲の人に迷惑になると思って相当気を使い、
泣かさないように泣かさないようにずっと抱っこしていたそうです。

ところが、周囲の人たちはとってもあったかくて、
中には赤ちゃんを見て手を合わせて拝んで行く人や、
Wさんにと、飴ちゃんをもってきてくれる人がいたそうです。

とってもありがたかったって。



昨日、乳児の4か月検診がありました。

赤ちゃん、体いっぱい泣きますから、ホンマに赤ちゃん

アレルギー反応が出ている子もいて、昨日は35人中2人の赤ちゃんが
体のあちこちの皮膚が赤くなってめくれてる状態、
カサカサして赤くなっている子が5人くらいいました。

目の周りがポワンと膨らんで、小さな指でにぎにぎするように頭を掻いたり、
胸を掻いたり、とってもかゆそう。

今、特に乾燥しやすい時期なのとちょうどよだれが出だすころなので
悪化しやすいんです。

母乳の子は、おかあさんが卵や肉類を食べたり牛乳を飲んだりしないように
気をつけます。
人工乳の子は、アレルギー対応の粉ミルクがあるのでそれを飲ませます。

お風呂に入って清潔にして、薬も塗ります。

今回の震災があって、支援物資が続々と送られていますが、
食物アレルギーの子はどうしているんだろうとずっと気になっていました。

昨日ちょうど、TVで避難所近くの小児科の先生が出ていらして、
小さな子はおにぎりを食べてみそ汁を飲むように、赤ちゃんは医院に
アレルギー用の粉ミルクがあるので取りに来てくださいとおっしゃってて、
そのあと、アレルギー対応の粉ミルクを被災地に送ろうとしてる団体があると
放送してました。


(おお!これはっ!  よし、送ろう!!)


体中カイカイのポロポロに皮膚がむけた赤ちゃんの姿を思うと、もう・・・・。

さっそくサイトで検索。

被災地NGO協働センター(神戸市兵庫区)。

レポートを見ると、被災直後、次の日にいち早く現地入りしておられます。

支援物資が各地から送られてきているにもかかわらず、
人々になかなか届けられないと連日のTV放送。
この輸送手段が滞る中、この団体なら確実に届けてくれる、
そう思いました。

「粉ミルクを届けようプロジェクト」
(今回はアレルギー対応ミルクを募集)


ボランティアの活動資金のカンパも受け付けておられて、
お金を荷物に入れて送ろうと思い、郵便局に尋ねると、
昨年の7月から現金書留小包は中止となり、
お金を送るとなると、小包と現金書留とに分けないといけないそうです。

それじゃ費用がかかるので、ミルクは小包で、カンパは指定された
ゆうちょ銀行の口座に振り込みました。

ただでさえ生産の少ない種類の粉ミルク。
沢山買うとここの分が不足するといけないので、
メーカーの違うのを1個ずつ2個送りました。

あと2週間がんばれば、あとは支援物資も多種に渡るニーズにあった
きめ細やかな対応もできるようになると思います。

とにかく今、早く、早く、届きますように、と願うばかりです。



<追記>

被災地NGO協働センターは、全国にネットワークを張り巡らせておられます。

関東の方は、わざわざ関西に送らずとも、下記でも受けつけておられるそうです。

以下、サイトから抜粋。

東京の「NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク」様と
連携させていただくことになりました。
アトピー・アレルギーを持つ被災者への支援に尽力されています。
***********************************
NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク
〒169-0051東京都新宿区西早稲田1-9-19-207
TEL 03-5948-7891 FAX 03-5291-1392
E-mail : info@atopicco.org
火曜〜金曜 10:00〜17:00
URL: http://www.atopicco.org/
************************************
関東方面の方が、被災地NGO恊働センターの
「粉ミルクを届けようプロジェクト」にご参加されたい場合は
こちらでも受け付けて下さいます。
posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記