2011年02月16日

電車の中で号泣。

昨日は、体のメンテナンス日。

いつものJ先生の所へ。

ポッキっと4発、気合い注入していただきましたグッド(上向き矢印)

見ていて思うのですが、先生は、(失礼なのを承知で言えば)
とかく性格がかわいらしいのであります。

難しい話をしていた次には、何やってんだと見たら、
靴履くのにつまづいてたり、院の中を小走りしたり、
定期刊行だよりは色鉛筆でカラフルに仕上げていたり・・・と、
その他もろもろ。
いくら考えあっての作りのものであっても、
やろうと思ってすぐできるもんじゃないですしね、
基本、心根がかわいらしいのだと思うのです。

お聞きしたいことはいっぱいあるのですが、
先生は超人気カイロプラクターなのでなかなか・・・
次にお待ちのかたのことを思うと雑談するのもはばかります。
もっぱら行動生態(コウドウセイタイ)観察を続けるのみでありんす。


さて昨日、私は不覚にも、大阪に向かう電車の中で
を流してしまいました。

左右の目から、ボロっ、ボロっ。。。

なにがどうしたって、原因は、

「杜子春」です。

とししゅん・・・書くまでもなく、芥川龍之介の。

仙人に弟子にして欲しいと言うんですね、
それで仙人こう答えるんです。

この先、いろいろな魔性が現れておまえをたぶらかそうとするが、
決して声を出しちゃいけない。
もし出したら、おまえは仙人になれない・・・ってね。

杜子春、ねばりましたねー。
どんな怖い目にあっても、命奪われても声出しませんでした。
それが・・・・

死んだ父母が痩せ馬になって現れて、鞭で皮肉を破られるくらい
打たれててね、それを見ても、がまんして声を出さなかった。
でも、お母さん馬から、心配するな、黙っといで・・・って伝わってきたわけ。

そこで杜子春、とうとう言っちゃいました。「お母さん」って。

ドバァァァですよ、涙が。。。杜子春といっしょに。。。

あ、思い出しても泣いちゃう。

だめだな〜、最近、ますます涙腺ゆるくなっちゃって。


メガネして、マスクして、帽子かぶっててよかった。ホント。


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記