2011年01月05日

電車の窓は「鏡」


昨日、びっくらこいたよー。

午後から三ノ宮のジュンク堂を行くって書いたでしょ。

で、電車に乗ったのよ。

結構空いていてね、1人分くらい空けながら座れたのね。

遠くの景色を見たり、初射会の射礼を目を閉じて思い浮かべてみたり、
の〜んびりゆらゆら。。。

そろそろ三ノ宮に着くなーってころ、
向かいに座っていた30代前半?のお兄さんが急に立ち上がって、
私の斜め前にある扉の方へ歩いて行ったのね。

てっきり降りる準備だろうと思った。
ところがお兄さんは、扉を通り越し車椅子が載るスペースへ。。。

そして、窓の方を向くとアタッシュケースを床に置き、
両脚をドン!と開いた。
それから、コートの首筋に手を入れ、
カッターシャツの襟を取り出して丁寧に立て始めたの。

ガラスの窓は地下に入っていたから外が真っ暗で、絶好の「鏡」。
お兄さんの上半身がキレイに映っている。

そして次に、しゃがんでアタッシュケースを開けると、
中からグレーに白と赤のラインが入ったネクタイをするりと取り出し、
それを首にかけたのである。


目がテン!になるってこのことよ。


女の子が電車の中でおっきな鏡を取りだして、
マスカラを塗りだしたのは見たことあるけど、
男性バージョンは初めてだよ^^;

精神状態を聞いてみたい。。。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記