2011年01月05日

電車の窓は「鏡」


昨日、びっくらこいたよー。

午後から三ノ宮のジュンク堂を行くって書いたでしょ。

で、電車に乗ったのよ。

結構空いていてね、1人分くらい空けながら座れたのね。

遠くの景色を見たり、初射会の射礼を目を閉じて思い浮かべてみたり、
の〜んびりゆらゆら。。。

そろそろ三ノ宮に着くなーってころ、
向かいに座っていた30代前半?のお兄さんが急に立ち上がって、
私の斜め前にある扉の方へ歩いて行ったのね。

てっきり降りる準備だろうと思った。
ところがお兄さんは、扉を通り越し車椅子が載るスペースへ。。。

そして、窓の方を向くとアタッシュケースを床に置き、
両脚をドン!と開いた。
それから、コートの首筋に手を入れ、
カッターシャツの襟を取り出して丁寧に立て始めたの。

ガラスの窓は地下に入っていたから外が真っ暗で、絶好の「鏡」。
お兄さんの上半身がキレイに映っている。

そして次に、しゃがんでアタッシュケースを開けると、
中からグレーに白と赤のラインが入ったネクタイをするりと取り出し、
それを首にかけたのである。


目がテン!になるってこのことよ。


女の子が電車の中でおっきな鏡を取りだして、
マスカラを塗りだしたのは見たことあるけど、
男性バージョンは初めてだよ^^;

精神状態を聞いてみたい。。。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月04日

「電縁」

真っ青な空に薄く延びた白い雲が、す〜っと横に流れていきます。

遠くのマンションの壁に当たった光が反射してまぶしい。

いい天気ですよー(^^)


大晦日からお正月三が日は、久しぶりのまとまった休みだったので、
できてなかった掃除をしたり、遠くの友人と連絡をとったり・・・
結構忙しく過ごしました。

で、明日から仕事。

(今日しかのんびりできないじゃん!)

ということで、これをアップしたあと三ノ宮のジュンク堂に行こうと思っています。

気になってる本がいっぱいあるんで、立ち読みしてきまぁ〜す(^^ゞ
(いや、座り読みだな。どうぞ!とばかりにベンチが用意されているんですよ。)


さて昨日の日記。

昨日は、散歩がてら歩いて30分ほどある神社に初詣に行きました。
年が明けて3日目なので、人もまばらかと思って行ったら、
それでも10メートルくらいの列ができていました。

2011初詣

今年もみ〜んなが元気で過ごせますように・・・。


今朝、「あさイチ」という番組で“縁”の特集をやっててね、
人との出会いって、本当に奥が深いなぁとしみじみ思いました。

最近のスペインでは、縁が深い一番相性のいい結婚相手を見つけるのを
科学的に調べよう!とDNA検査をする人が増えてきているんですって。

相手と自分の口の中のほっぺたの粘膜を綿棒で擦り取り、それを検査する。
遺伝子の一部、HLTを調べるそうです。
そのHLTがマッチしない、できるだけたくさん外れている人が一番理想の相手。
生まれてくる子どもが病気になりにくいんだそう。

2,000人に1人、そういう相手がいて、なんと! 
検査していなくても、互いにまったく知らずに、科学的にベストマッチの
2人が結婚していた!・・・なんて夫婦がいるとか!
奇跡的な“ご縁”としか言いようがありません!

HLTの違いは体臭としても現れ、不思議なことに女性は自分の理想の相手を
匂いで見つけることができるとか。

不特定多数の女性たちがある男性の匂いを感じたとき、
ある女性は「いい匂い」と感じるし、またある女性は「なんだか・・・。」と感じる。
HLTが自分と、より外れている人の匂いが「いい匂い」と感じるそう。

ほら、娘さんはお父さんの匂いを「クサい!」って嫌がるでしょ。
これ、正常な反応だそうです。お父さんは、HLTが自分に近い人だから。

まぁ、結婚は体臭だけで決めるもんでもないけれどね。
やっぱりご縁が無かったっていう言葉もあるし・・・。


生まれてから死ぬ(死んでからも)までいろいろの“縁”があって、
そうそう、“電縁”というのも挙げておられましたよ。

ネットで出会う人。

顔も見たこと無い、どこに住んでいるか詳しいことも分からない、
でも、こ〜んなにたくさんのネット利用者がいる中で出会う人、
神様が仕組んだ不思議な不思議な出会いですよね (^^)


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月03日

似ている二人〜小田さんと恩師〜


昨日、気づいてしまったんです。

この人とこの人の前に出ると、自分の中の波がな〜んか
おんなじだって。

と言っても、一方は、私って存在を知らないしね、
まぁ、そりゃ、プレゼントやメッセージを送ったことはあるし、
究極は、コンサート会場で、3メートル先で目がバッチリ合って
互いに固まったなんちゅうエピソードもあるけど・・・

ほんで、一方は、自分の元勤務先に超エリート学生だった私を
研修に行かせ、「できの悪いやつほど、かわいい。」と
褒めているのか、けなしているのか、わけの分からんコメントをし、
お酒も入って無いのに英語で話しかけてきて、
突然、人の家からアメリカに超長い国際電話をするような
コテコテにクセのある教授。


誰って、敬愛する小田さんと恩師の文鳥・へミングウエイですよ。
(昨日のブログ参照↑)


実は昨日、小田さんのファンクラブのプレスを読んでいて、
「コン〇ーム」事件!・・・なんてのが載っててね。

(なんやいきなり!どうして!?小田さんの記事だよっ!)

目がカチンカチンに止まっちゃってね、
ものすごいスピードで読んだよ・・・興味津々で ・・・(^^ゞ


その記事っていうのが、15年くらい前、あるラジオ番組でDJさんが、

「小田さんって薬局屋さんの息子さんでしょう?
 じゃあ、子どものころは店番とかもしてはったんですか?」って聞いたら、

「そうなんだよ。だからさ、お前さあ・・・」と、
いきなり初対面のDJさんに気安く声をかけてくれて、
ラジオ用のマイクを、何を考えているか邪魔そうによけて、
・・・ラジオなのに・・・聞こえちゃうのに・・・

「あのな、中学生のころな、店番してたらな、
 なぜかレジのすぐ脇にある箱をみんなが買っていくわけだよ。
 でな、この箱はなんだんだよ?と思うだろう?
 これが、お前知ってる?コン〇ームなのよ!ハハハ・・・」

と、まさかの天下の小田さんの口から、あの上品なおちょぼ口から、
まさか、まさかの・・・・

って延々と書いてあったわけ。

これ読んで、

あ!

気づいたのよ。

コンサートやラジオでの、ちょっとゆっくり、かつ、時々毒舌、
初対面の人でも気を許せば「お前」と呼び、
仕事は理想を語っているようで超現実的、金銭面もしっかりチェック、
にやけた顔でへへへ・・・と笑い、突然、下ネタ・・・。

文鳥・へミングウエイ教授とそっくりじゃん!!

(小田さん、ごめんね。)


ああ・・・私は女なのに・・・、
まだハタチ過ぎたばっかだったのに・・・、
その頃、業界では天下の〇〇教授と呼ばれていたのに・・・、

文鳥・へミングウエイ教授は、内容かまわず話しかけてくる。

その頃からすでに私は「あかねクン」と呼ばれ、
中性と見られていたのかも。


小田さんと教授、ホンマよう似てるわ。


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月01日

今年もよろしく!〜金沢のお正月菓子とともに〜


あけましておめでとうございます。


今年の私の運気は超上り調子!

跳べるとこまで跳んでみます!



年末に石川の姉からお菓子が届きました。

めでたいお菓子です。よかったら見てってくださいね。

金沢のお正月菓子


まずはなんといっても、福梅(ふくうめ)

金沢周辺では、お正月に一番に食べるお菓子。

昔っから、み〜んなこれ食べてます。


福梅1

中はこってりあんこ。

相当甘いです。

昔は、あま〜いあんこが贅沢だったんでしょうね。

周囲をまとっている砂糖は、お店によって違っていて、
ザラメじゃなくて粉砂糖のところもあります。

福梅2



これはまためずらしくて、私自身、感動しました!

懐かしい!

辻占い1

辻占(つじうらない)

何十年目で、初めて名前を知りました。
なにせ食べたのが小学校の低学年のとき。


そういえば、金沢市内に武蔵が辻(むさしがつじ)という交差点があります。

昔、辻で占いをやっていた人がいたのが由来だそう。


中に紙がクシャクシャって、入っているのが分かる?

開くと・・・

辻占い2


これをね、雪がこんこん降る中で、こたつに入ってぬくぬくになりながら、
家族でこたつテーブルを囲んで一つ一つ取るんです。
全部で三つ。

ほんで、その三つの紙を並べてつなげて短い文章を作るの。

今から思えば、なかなか風流な遊びをしてたんですねー。



それでは、

今年もこんな調子のぼやきブログでいきますが、
どうぞよろしくおねがいします m(__)m



<追記>

速報!

小田和正さんのコンサートチケットの先行予約が、
ファンクラブの間で始まりました。

昨日、封書でお知らせが来たんです。

もちろん、ネットで即申し込み。へへ。

私は4月1日の神戸ワールド記念ホールに行きますよ。

どうかどうか抽選に当たりますように!

わくわく。。。(#^.^#)


小田さん


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記