2011年01月31日

寒いのによぅやるわ。


昨日、今日と、めちゃくちゃ寒い。

今朝の室温、4℃!

ぬくぬくおふとん、もう、離れるのが辛くて。
体にくっつけたまま歩き回りたいくらいだったわー。

昨日、朝練に行くと、ほかの道場から出稽古の方が1人来られていて、
私が行って2人。

道場の気温は2℃。
安土(的を設置する土を盛り上げているところ)に水を撒くための
ホースの中が凍っていて水撒き省略。

的の設置やら道場のモップがけ、控え場所の掃除機かけ、
玄関や棚のぞうきんがけ、矢吹きタオルの洗濯・・・と
やることが多くて、結構大変でした。
(ちょっと手抜きしたけど・・・へへ(^^ゞ)

掃除が終わったあと4人来られて、それでも人数が少ないので、
順番を待つ必要なく弓を引くことができました。
これだから、朝一番の練習は好きです(^^)v

だけど、ホンマ寒かったぁー。

弓引いているときは、セーターやジャンパーは着れませんからね。

なんでこんな寒いことやってんのかなーって、
夏はなんでこんな暑いことやってんのかなーって、
これって、 なんかなぁ?


<追記>

大根スープ
 
 寒い時はあったかいスープが恋しくなる。そんな時はこれ。
 
 大根と豚肉、コンソメ、こしょうを入れてコトコト煮る。仕上げに塩少々。
 ショウガをたっぷり効かせるのがコツ。
 
 のどにグッとくるピリ辛スープの出来上がり。
 大根と豚肉のエキスの甘み、それをショウガが引き締めてくれます。
 
 おいしいよ〜。
 

posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月30日

今になってわかる。さすがプロだ。


年末に髪を切ったんですけども、美容師さんにおまかせで。

コンテストで優勝した経験があるとか、
初めて男性の美容師さんにカットしてもらうってことで、
どんなのになるんだろうと、ワクワク。

そしたら、肩甲骨を覆うくらいの長さだったのをバッサリ、
肩に着くくらいの「おかっぱ」になったんですね。

そんときは、

(えっ!これで終わり!?シャギーは?レイアーは?)

って、ゴージャスなヘアースタイルを期待していた私は、
笑顔とは裏腹に心の中で相当あわてふためいていたのです。

が、最近、これがなんとも都合がいいことに気がつきました。

弓を引く時や仕事中は、ササッと1つにくくればいいし、
耳が寒い時は、ほどけばいい。

シャンプーのときは頭の上に全部乗っかって落ちてこないし、
乾かすのもドライヤーの風がヒューと通る。

寝る時も体の下敷きにならないし、
頭をくしゃくしゃ掻いたって髪が自然に落ちてくる。

便利ですわー。

切る前に、タスキをすると髪が長くて押さえられるとか、
後ろで1つに三つ編みして行ってたのとか、
ちゃーんと美容師さん見て聞いてくれてたんですね。

カット料金4,600円。
ちょっと高いけど、また行こうかな?
今度は4月頃、ショートにしようかな?


<追記>

今朝起きたら、室温6℃!外に干した洗濯物がカラカラ回る音がして。
外に出たら身が切れそうなくらい冷たかった。
16日に次いでの寒さでした。


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月29日

とにかくスゴイ。


知らんかったー。

こんな人がいたなんて。

めっちゃスゴイわ。

昨日の金スマ。ゲスト出演。

栗城史多(くりきのぶかず)さん。

6大陸最高峰(8000メートル級の山々)を単独・無酸素登頂。

それだってスゴイよ。
でももっとスゴイのは、なんといっても自分の登頂シーンを自分で撮影して、
インターネットで配信したってこと。

だって、何キロあると思う?撮影機材。
ハンパじゃないよ。

それに大きなクレバス渡るとこなんか、カメラを元の場所に設置したまま、
まず先に自分が渡ってその姿を撮影しといて、また戻ってカメラを回収して、
ほんでまた、そこを渡るの。

それって、どんだけ怖いのよ。

ぎりぎりのとこ、通ってやれやれって感じなのに、また戻って。
命がけのこと3回繰り返してるんだから。

そんなスゴイ、生(なま)の場所、今まで見たことなかったから、
見させてもらって感激!

私も日本の山を登っていたことあるけど、剱岳登るのなんか、
鎖持って岩に飛び移ったり、壁にへばりついたり、
少しでも荷物軽くしたくて、コンパクトカメラさえ持っていくのためらったもん。
富士山の時なんか、カメラ持っていかなかったし。(←後悔千万。)
栗城さんとは比較にならない話だけどね。

体、162センチ、60キロって、そんなに大きくないよね。
どんだけ強靭な体なのかって、いろいろ調べてもらったら、
普通の男性より劣るくらいだったって。
子どもの頃はぜんそく持ち。おまけに末端冷え性とか。

じゃあ、ほかに何か特別な能力があるんじゃないかってんで調べたら、
どうやら、

ドM  

なんじゃないかと・・・・犬

    
くるしい・・・

つらい・・・

もうダメだ・・・


となると、それを抑制するホルモンが脳からドクドク・・・と
ほかの人よりも多く出るらしい・・・


へぇぇぇぇ!!!!


私の  は、まだまだだと思った。


 
栗城さんのサイトはこちら→http://kurikiyama.jp/index.html

スゴイ映像、続きはyoutubeへ。「苦しみよ、ありがとう!」って言ってはるもんなー。




<追記>

これまた初めて知ったこと。

今までアタックしてきて惜しくも志半ばに倒れた人たち。
遺体が雪の上にそのまま残っている。

なんとそれが頂上の目印になるだそうだ。

ほんとスゴイ世界だ。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月28日

おいしそうだなぁ。


大阪のお好み焼き、食べたいなあー。

朝の連ドラ「てっぱん」で、京野ことみさん演じる
小早川のぞみさんが、めっちゃおいしそうに食べてたのよねー。

コテ(ヘラ?大阪ではどっちの言い方するの?)に乗っけて、

ふーっ、ふーっ

パクっ。

ふぉが、ふぉが、、、、、



口の中で転がしてね、ソースべちゃっとくっつけてね、

(ああ、もう、食べたいっ!)

胸キュン。。。



よだれ垂らしたり、涙流したり、見てて忙しい番組よ、

ホント。。。。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月27日

あなたはどの感覚が発達してる?


昨日、4か月乳児の発達について書いたあと思ったこと。

私は数年前、一日中座る間もないほどの仕事をこなしていた。
熱があっても休めなくて、かまわず仕事を続けていたら、
重度の副鼻腔炎になり嗅覚がまったくなくなった。
果物を食べてもただの甘みのある塊にしか感じられないという異様な感覚。

結局、仕事を休んで、医大病院に通うことになり、
鼻の中にステロイドの注射を打ち続けた。

以来、少し戻りはしたものの嗅覚は格段に落ち、
物を食べても風味が分かりにくい。
自分でも、こんなんでよく料理作ってるなぁと感心する。

鍋が焦げてもガスが漏れてても、よほどきつくならないと気がつかない。
けれど不思議なことに、ある特定の匂いだけは回復した。
たとえば、油の匂いや香料の匂いなんかがそう。

嗅覚が落ちた代わり、鍋がこげないように、ガス漏れに気づくように・・・
目や耳を使うことが増えたと思う。

話が検診に戻ると、お兄ちゃん、おねいちゃんがいて、
いつも耳元で大きな音を聞いたり、ガラガラを鳴らしてもらっている子は、
検査のときは慣れていて、ガラガラや鈴などの少々の音には反応しない子が多い。

また、動きまわっているモノをいつも見ている子は、
目の発達が耳より進んでいて、耳の検査をしていても、
動くものが視野に入ると音に興味を示さないことがある。

いつも静かに静かに過ごしている子は、ざわざわした中に来ただけでも
泣き出す。

こんな時期から、いや、こんな時期こそ、視覚、聴覚、体感覚といった
感覚に差がみられる。

このままこの特徴を生かしていけば、その道の天才となれるかも!

・・・なんてね。

いえいえ、やっぱり、いろいろ体験させてまんべんなく発達させるのが、
平均で成り立っている社会で生きていくのには生きていきやすいんだろうな。

posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記