2010年12月21日

足湯、初体験。

無料で開放しているとは知っていたのですが、
行こうと思ったことは一度もないんです。

足湯。

昨日、仕事先のNさんが突然、「足湯に行こう!」と言い出しました。

その方、パーキンソン病で調子の悪いときはまるで動けず、
脚が前に出なくなって歩けなくなるのです。
ところが昨日は、すこぶる調子がよく、私が行くと、
おどけて片脚立ちをして見せてくれました。

お天気もよくてポカポカ。明日は雨になると聞いていたので、
「行きましょうか!」と。

決まれば段取りはすばやく、玄関まで行き、靴べらを使って靴を履き、
ドアを開けて、さっさと車椅子の準備もされました。

私を乗っけてくれるって!?

足腰鍛えられるから、押してくれるそうです。
(本当は、帰りに疲れて歩けなくなるかもしれないから・・・なんですけどね。)

足湯までは約500メートル。
途中、緩やかな下り坂もあり、そこんところは私が押して、
約15分ほどで着きました。

便利なんですよ。車椅子座ったまま、足を突っ込める場所もあるんです。
これだと背もたれにもたれかかったままなのでラクです。

周囲には、60代から70代、いや、30代の女性も。
10人はいたと思います。
みんな足をお湯に突っ込んで、背中丸めて、ほんわか。。。

Nさんが足をお湯に入れてほどなくして、
「あなたも入れたら?」と。

ええ、なんとなく予感はしていたので、ハンドタオルをポケットに
しのばせてきてはいたのです。

 ああ・・・でも・・・・

 この風習はどこから?
 
 こんなに大勢の足の入ったお湯に入れるの?

 あつ、熱っつ、熱い!

 42℃!40度以上のお風呂にも入ったことないのに!

 脚が、靴下履いたみたいに真っ赤じゃないっ!


1人、「暑い、暑い。」と言いながら、ジャンパーを脱ぎました。
Nさんは、じ〜っと目を細めています。



足湯、初体験。
車イス、お客様に押してもらったのも初体験。

これも仕事のうち。


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記