2010年12月21日

足湯、初体験。

無料で開放しているとは知っていたのですが、
行こうと思ったことは一度もないんです。

足湯。

昨日、仕事先のNさんが突然、「足湯に行こう!」と言い出しました。

その方、パーキンソン病で調子の悪いときはまるで動けず、
脚が前に出なくなって歩けなくなるのです。
ところが昨日は、すこぶる調子がよく、私が行くと、
おどけて片脚立ちをして見せてくれました。

お天気もよくてポカポカ。明日は雨になると聞いていたので、
「行きましょうか!」と。

決まれば段取りはすばやく、玄関まで行き、靴べらを使って靴を履き、
ドアを開けて、さっさと車椅子の準備もされました。

私を乗っけてくれるって!?

足腰鍛えられるから、押してくれるそうです。
(本当は、帰りに疲れて歩けなくなるかもしれないから・・・なんですけどね。)

足湯までは約500メートル。
途中、緩やかな下り坂もあり、そこんところは私が押して、
約15分ほどで着きました。

便利なんですよ。車椅子座ったまま、足を突っ込める場所もあるんです。
これだと背もたれにもたれかかったままなのでラクです。

周囲には、60代から70代、いや、30代の女性も。
10人はいたと思います。
みんな足をお湯に突っ込んで、背中丸めて、ほんわか。。。

Nさんが足をお湯に入れてほどなくして、
「あなたも入れたら?」と。

ええ、なんとなく予感はしていたので、ハンドタオルをポケットに
しのばせてきてはいたのです。

 ああ・・・でも・・・・

 この風習はどこから?
 
 こんなに大勢の足の入ったお湯に入れるの?

 あつ、熱っつ、熱い!

 42℃!40度以上のお風呂にも入ったことないのに!

 脚が、靴下履いたみたいに真っ赤じゃないっ!


1人、「暑い、暑い。」と言いながら、ジャンパーを脱ぎました。
Nさんは、じ〜っと目を細めています。



足湯、初体験。
車イス、お客様に押してもらったのも初体験。

これも仕事のうち。


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年12月20日

今年も障子張り

毎年この時期になると思う。

(いっそカーテンに替えちゃえ!)

そう思いながら、戸をはずす。

昨日は、天窓のを2枚、障子を張り替えた。

糊のついた桟をぬらし、しばらく待って一気に剥ぐ。
ぺラ〜っとはがれて時間も短縮、気持ちがいい。

(ここで、ストレス解消、このときとばかりパンチして破ったり、
 指を突っこんでグリグリしたりしてはいけない。
 これははがすのがややこしくなり、ストレス解消どころでは
 なくなるのだ。)

糊のチューブにはガイドがついていて、それを端に当てて
チューブを押しながら引けば、あら簡単!8ミリほどの桟の真ん中に
2ミリほどのラインがぴったり引ける。

天窓は、普通の障子戸の4分の1くらいの大きさ。
5月に障子戸を張ったとき(私は年に2回張り替えるのだ。)に残った紙が
ほどよく一枚分になる。
同じだけ残っていたのが、もう一枚あってちょうどよかった。
片方はサクラ模様、もう片方は無地になっちゃったけど。

張ったあとは全体に霧吹きをして乾くのを待つ。
できた!と喜んで、すぐに はめたい気持ちは分かるが、
決して暖房の効いたあったかい部屋に置いちゃダメだ。
急に乾かすとシワができる。ゆ〜っくり自然乾燥しよう。
(↑かつて失敗した経験アリ。)


できばえは?

ぱあ〜っと明るくなった。
あと数年は、障子張り続けるかな。


障子

(下のは実際もっと黄色く変色している。今年もあと13日。
 その間にクリスマスもあるし。。。いつ張り替えよう?)


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年12月19日

本に飢えている人がいる。〜ジュンク堂書店〜

ジュンク堂書店がんばってるねー!

近くのショッピングビルの中のが、以前はフロアの片隅で
話題本とか雑誌とかをメインにほそぼそやってたのに、
この間通りかかったら、2階フロアの半分がジュンク堂になってた!

もう感激!!

図書館のようにズラーっと奥まで本棚が並んで、あんっ、もうっ!
どこから読んだらいいのっ! (←アンタの本じゃないって。)

電子書籍が出回り、活字文化が揺らいでいる真っ只中で
本屋を出店、拡大するって、冒険みたいじゃない?

さらに今月22日には、大阪・梅田に「洋書の丸善」さんとの
共同店舗を開業するって。

売り場面積約6,800平方メートル。
3LDKマンションの80倍くらい!?


ああ。。。本の森。。。

迷い込んでしまいたい。



<追記>

昨日夕方5時半頃、43号線を走っていたら、バイクの後ろにイルミネーション。
白、青・・・キラキラ。シートに金モールぐるぐる巻き。
遠く離れても、目立つ目立つ。

信号待ちでバイクの後ろについた。
赤と白の定番、サンタ服を着ている。
(ピザの配達やさんかな?)

足元はバックルつきの黒のブーツ。
おかもち持ってなかったから、フツーのおにいさんだね。

よく見るとボンボンのついた三角帽子がメットにくっついてた!
(笑。)

どこに何しに行くんだ?

正面からも見たかったぞ。


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年12月18日

心でもてなす店員さん

昨日、お歳暮を買いにデパートへ。

買うと必ず聞かれる「御のしは、どうされますか?」。

私は「のし」は、よほど格式ばってない限り、
「リボン」を結んでもらうことにしている。

「のし」をつけないときは、「リボン」で。
以前、マナーの先生に教えていただいた。

「リボンでお願いします。」

たいていの店員さんは、ここで目が開き一呼吸止まる。


昨日の店員さんは、40代後半くらいかな?
髪をルーズに結んで、目元がちょっと切れ長で伏し目がち。
八代亜紀さんふう。

リボンを3種類並べて「どれにしましょう?」と。
「包装紙はどんなのですか?」と尋ねると、ささっと戻り、
「これです。」わざわざ傍まで持ってきて見せてくださった。

選んだリボンを結ぶのにしばらく待つ。

簡単にちょう結びをするのかと思っていたら、あら?
ちょうちょが幾重にも・・・。

(へ〜。)

わき目もふらず、一点見つめて、体を丸めて・・・

(まさか、そこまでしてくださるとは!)


「おまたせしてすみません。これでよろしいでしょうか?」

腰をかがめて、袋の中の商品を差し出される。

おお!

「わー!キレイにどうもありがとうございます。」

「久しぶりに(リボンかけを)したので、ちょっと・・・。」・・・店員さんペコリ。

「いえ、すっごいゴージャス!ありがとうございます。」・・・私ペコリ。

店員さんが伏し目がちに首を傾けた瞬間、ほっぺが赤くなったように見えた。
そして、体が半分になるくらい頭を下げて「ありがとうございました。」と。


高級住宅街と呼ばれ、セレブが集う老舗デパート。
でも、実はこのデパート、通うたびに思うんだけど、
雑談が始まるような気さくな店員さんが多いんだ。

要はやっぱり、素直に心で接してもらえるのが嬉しいんだよね。


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年12月17日

燃えろ!あかね!


ナンテンには、「難を転じる」って意味があるんですって。

なるほどな〜。。。

昨日、朝ドラの「てっぱん」の中で出てた。
これから先、ナンテン見たらきっと思い出すと思うよ。


さて、すっかり遅くなったけど昨日の日記。

昨日は、範士じきじきに一人一人の射を見てくださる日。
昨年からひと月に1度、そういう機会を設けてくださるようになって、
特に四段以上の者は、道着でなく着物を着て、より複雑な射礼の
様子を見ていただく。

2回射礼(このブログではよく演武という表現してるやつ。)をするのだけど、
まず1回目、範士は黙って見ておられる。
2回目は、気になったところを一人一人に声をかけたり、直接手をかけて
直したりされる。

もちろん、厳しい言葉も飛ぶ。
特に高段者で初歩的ミスをした人には厳しい。

注意されて、「すみませ〜ん。」ってニヤニヤしながら言う人には、

「『あ、忘れた。まっ、いいか。』それで済ませているからいつまでも
 変わらへんのや!」

と言われるし、

無駄な動き、余分な動きをする人を見れば、

「最近、なんでも個性、個性、って言うけれど、そんなん言い逃れや!!
 やらないかんことはやらなあかん。できなあかんことはできなあかん。」

と言われる。

練習後の挨拶に「失礼なことも言いまして・・・」とおっしゃったけれど、
なんにも間違ったことは言っておられないと思う。


皆はお茶をしてから帰るとのことで、私1人更衣室で着替えていると、
教士のM先生が来られて、

「あんたら幸せよ。私たちのときはこんな練習なかったから。」と。

「はい。
 とても贅沢な指導をしていただいていると思います。」と私が言うと、

「他の道場の人に言っちゃダメよ。それでなくても範士が道場におられる
 というだけで、羨ましがられているんだから。言ったら、ねたむからね。」
とM先生。


そんだけすごい指導を受けているということ、1回1回大事にしていかんとね。
注意されたことは2度と注意されないように直して、さらに、それをきっかけに
自分で気をつけることを見つけて、言われる前にも修正していかないとね。
未熟なときにつけた基礎は、ちょっとずつズレているところがあるから
それも見直してね。


私、あかね、課題を出されるほど燃える手(グー)タイプなり。



<追記>

心は熱いけど・・・

寒いよぉ〜。寒いよぉ〜。。。

急に寒くなった。空気がピシピシ、肌に突き刺さるみたい。

お風呂に入るのにすっごい勇気がいるよぉ。。。

服、脱ぐの、つらいよぉ。。。


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記