2010年11月24日

失敗だらけ。

いやぁ、まいりました。

昨日の弓道の講習会。

自分で自分をこてんぱんにしちゃいました。

演武を3回やりましたが、まぁ、よく失敗したこと。

弓を引く前座の位置に10センチも後ろに座ってしまうし、
回転するときに弓の先をおろすのを忘れてしまうし、
自分の的の前の人の的の方に進んでしまうし・・・・

これら、自分のすべき所作に気持ちがいっていれば、
確実に防げるミス。

多人数で演武すると他の人の動作に合わせなきゃ!
って思いが先立って、こういううっかりミスが連発。
これ、自爆爆弾

あたしって、結局、おっちょこちょいなのね。。。。がく〜(落胆した顔)

こういうつまらんミスは、なくさないと。

昨日、いっしょに演武してくださったみなさん、

ごめんね もうやだ〜(悲しい顔)

posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年11月23日

メチャすごい大根

昨日の朝、福井の梅干しやさんに紫蘇漬け梅干しをファックスで注文。

送信しながら、(そろそろだよな・・・そろそろ来る時期だよな・・・。)と思った。

そしたら、夜、

ホントに来たぁ!

姉、特製の大根!

重いのなんのって。

姉特製大根1

包丁入れたらパシッ!
シュパン!っと切ったら、見て!見て!

姉特製大根2

汁が ジュワ っと・・・

これが、甘いの。

めちゃジューシーやし、煮るとトロトロやし。

サラダ大根おろし、それからやっぱ、 おでん やな!

posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年11月22日

眠っていてもできるくらい。

私が次の段階で受ける弓道の試験は、「○士(れんし)」という
称号の試験です。
初段、弐段、参段・・・という「段」の試験とは違って、
これに合格すると実質、名目とともに人に指導できる能力があると
公に認められたこととなります。
五段になれば誰でも受けることができます。

合格するには、
1次の実技試験(←めちゃ、キンチョーする。)、
筆記試験(←覚えていっても度忘れする。)、
面接(←こわい。)
2次の実技試験(←1次よりもさらに手の込んだ演武。足が痛い。)

昨日は、○士の2次試験の練習をしました。
午前中、有志が集まって、ほとんど道場を独占して演武の繰り返し。

家で何回も練習して、「絶対、できるー!」って状態で臨んだのに、
あれ?・・・4人でやってみると、合わせるのに気が飛んでミスの連発!

合わせなあかんし、合わせようと恐る恐る動いてもあかんし、
勢いもつけなあかんし・・・・「見せる」ってホント難しい。

昔の話だけど、小田和正さんがヤマハのコンテストに出たとき、
眠っていても歌えるくらい練習したって。
完璧!と思って出たけど、結局、「赤い鳥・・・竹田の子守唄」に
負けちゃったんだよね。

よーし、こうなりゃ、目つぶってても合わせられるくらいにしちゃるわ!

明日は県の道場で カンヅメで練習だいっ!ウレシ・・・(;_;)泣



<追記>

来年は、小田さんのコンサートツアーありとの情報!
楽しみだー!
走れ、小田さん!63歳!


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年11月21日

蘇ったプランター

ゴーヤやひょうたんが枯れてしまって、
宿主がいなくなったプランターは野ざらし。
くしゃくしゃになった枯れ葉が積もり、
カサカサの土が白い塊になっている。

目にするたびになんだかせつない。

もうあかん!

昨日、近くのホームセンターにひとっ走り。
お花を買ってきました。

カチカチの土に指を刺し、底のほうから掘り上げては、
また掘ってを繰り返し、土に空気を混ぜます。
ときどき残っている根っこが出てきたら取り除き、すくって掘って、
やがてホクホクの土に。
また使えます。

植え替え1


冬の間、このお花たちが楽しませてくれます。

植え替え2

いっぱい咲いてねー(^^)

posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年11月20日

ゲゲゲの鬼太郎まんじゅう

ゲゲゲの鬼太郎まんじゅう

へへへ。。。かわいいでしょ。

弓道場でいただいたの。

島根に旅行に行かれた方から。

箱の中にはね、鬼太郎に目玉おやじ、ねずみ男に一反もめん、
そして大好きなぬりかべ。まだ他のキャラのもあったかな?

ぬりかべ1ついただいたら、「もっと持って行きなさい。」って。
3つもいただいちゃった!


あー、どうしよう。

食べるのもったいなーい。



<追記>

ぬりかべの目、垂れてない?



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記