2010年11月30日

朝8時12分はアカンの。

朝ドラ「てっぱん」の下宿人の笹井さん役の神戸浩(かんべひろし)さん、
めっちゃ味のあるいい演技されますねー!

彼が放つ一言一言が心にキューンと染み込みます。

脳性マヒの症状で筋緊張の調節が滑らかにいかないんですね。
その微妙な動きがなんともいえない雰囲気をかもしだしてる。
気持ちが体からにじみ出てるんです。

もう昨日のセリフなんか・・・・。

民男(たみお)君にお父さんがお母さんと東京で暮らすように促す場面。
明るい縁側で話すのを他の人たちが見ていて、なんでそんな明るいところで
暗い話をするんだと言う人に対して、

「お日様の下じゃないと涙が出るんですよ。」 と。

ズギューーーン!!!!

バリバリバリ!!!!

(心臓爆裂。)

そのあと民男君が笹井さん(画家らしい)と絵を描く場面があって、
民男君がキャンバスいっぱいのおっきな丸を描くと笹井さん、
「わお=!」と体を弾ませて。

私、涙ぼろぼろですわ。

とにかく今回の朝ドラ、味のある役者さんが多すぎる。

あかり(主人公)のお父さん役の遠藤憲一さん、お兄ちゃん役の遠藤要さん、
下宿人の人たち・・・

もう朝の8時12分はアカン。。。

メイクをした日は見れないの。




<追記>

もうすぐだね。


クリスマス1

クリスマス2

街のあちこちで見られるようになった。昨日仕事先で。
今年のクリスマス、なんかいいことありますように(^^)


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年11月29日

最後も自分の力で。

寒い。

電気ストーブでがんばってるけど、そろそろファンヒーターつけようかな。
ああ、でも、ファンは風が苦手だなぁ〜。

いろんなこと考えながら、そんな身近な悩まんでもいいことを
ウロウロ考えたりしてる。
意外に難しく考えそうに見えて、結構、楽天家だ。

弓道をやっていて無駄なものをそぎ落とし何が真実か突き詰めようとする、
仕事でいろんな環境でそれぞれ違う障害を持った人と接する、
人の生き方を見つめて自分はどんなことを考えるのか・・・
自分自身を丸ごと眺めている、今はそんな感じ。

昨晩、NHKの番組で「胃ろうの功と罪」ってのをやってたね。

胃ろうが日本に導入されて16年。
胃に直接穴を開けてチューブをつなぎ、栄養満タンの液体を流し込む。
在宅や施設で療養している嚥下困難のお年寄りで、お腹からチューブが
垂れているのをよく見かける。

看護師がふっとい注射器を3本用意し、中に肌色のトロンとした液体を入れ、
垂れたチューブの先につないでチューと流し込むのを何度か見た。
それが食事だ。

このおかげで脳卒中の後遺症や認知症で意識的に食事が摂れない人も
栄養を摂ることができ、生きながらえることができる。
管理も手軽とくれば普及したのは当然。

もともとは何らかの事故で口から食べられなくなった障害を持った
若い人に導入するために外国で開発された手術法。
それを日本では積極的にお年寄りに適用したってこと。

今、この医療行為が立ち止まって見直しを始めた。

その人の生き方って何?しあわせって何?ってね。


私はすでに家族には、意識が無くなったら延命治療をしないこと。
お葬式もなし。燃したら散骨、と言ってある。

その通りにしてくれることを願っているけど、家族としては
どんな形でも生きていてくれれば・・・っていうのもあるんかな。

でもいやだよ、死ぬときも自分の力で逝かせてよ。

posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年11月28日

大好きな梅干し〜福井梅・ベニサシ〜

イタリア料理や中華料理・・・・

ブログにいろいろ載せましたし、なんでもおいしく食べますが、
実は私・・・


こ〜んなのが大好きです!


福井梅・ベニサシ1


特に梅干しにはこだわりがありまして、どんなにおっきな高級のでも
かつお味や減塩のあま〜いのは苦手です。

その私が出会った梅干し。

あれは10年以上も前になるでしょうか。
ぶらりと出かけた、福井県は三方五湖
そこは、梅の木が道路の脇に立ち並ぶ静かな静かな町でした。
あちこちで見かける梅干しの看板。
ここは梅の産地で有名なところなんだと初めて知りました。

帰りに立ち寄った梅の里会館

そこで私は衝撃の味に出会ったのです!

(おばあちゃんの味や!このすっぱさ、色、とろみ・・・)

なかでも「やまいち」さんが作られたこの梅干は、
幼い頃食べたものとそっくり。

それ以来、ず〜っとお取り寄せしてます(^^)

福井梅・ベニサシ2


グラム数とは関係なしに一袋にこれくらいの紫蘇も入れてくださってます。
乾燥させてふりかけにしても。風味ばつぐん、無添加だし体にも安心。

福井梅・ベニサシ3

ときどき紫蘇ジュースやジャムのおまけが同梱されてたりするんですよ。
(やまいちのおかあさん、いつもありがとう!)

「やまいち」さんのホームページが無いので、
いろんな種類や袋詰め、ケースなどすぐには紹介できませんが、
電話やファックスで頼めばチラシや価格表を送ってもらえます。
TEL.0770−46−1081
FAX 0770−46−1088


あ!
三方五湖に行ってお気に入りの梅干しを探す旅ってのもいかがでしょう?

posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年11月26日

これ、おいしいねん。

ナッツ1

ドッグフーズ・・・・じゃないよー。

今ね、お気に入りのおやつなの。

中にお豆が入っている。

ナッツ2

ついこの間まで、あんまり好きじゃなかったのに。。。

とくに、赤いヤツなんかお好みあられに入っていたら、
一番最後まで残っちゃうような。
それが、今は一番好き!


体調の変わり目かしらん?


もう一つ。お気に入り。

うどん

昨日の夕食の一品。

冷凍さぬきうどん・・・ゆでて冷やす。

あねき特製大根のおろし・・・たっぷり。

しょうが・・・少々。

ねぎ・・・ほどほど。

かつお節・・・お好みで。

最後にしょう油をダバっとかけて。



メチャおいしいよ (^^)v




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年11月25日

初心者教室終了〜私の総括〜

昨日でわが道場の初心者弓道教室が終了しました。

全10回。始まったのは、9月15日。
まだまだあつーい夏の終わりでした。

歩く、立つ、座る、座って向きを変える・・・・
その繰り返しの基本練習は慣れない動作であり、
日頃使わない筋肉を使ったり、動きにくい関節を曲げたりして、
かなりきつかったことでしょう。

初めて弓と矢を持って練習した日、
一つの型の姿勢をとるにも参加者の方の顔から
汗がポタポタとしたたり落ちていたのが忘れられません。

それでも今回は12人で始めた教室、途中で止める人はなく、
全員最後まで続けられました。
そして、的の前で1人で弓をひくことができました。

全員というのは、私が指導助手として参加した6年間のうち初めてのことです。
たいていは終了時には半分くらいに減ってしまっていたのです。

私の今回の目標が、全員最後まで的前で引くところまで体験していただくこと
でしたから嬉しい。

今回初心者教室を手伝うにあたって、私は申込者の方々が
何を求めて申し込まれるのかに忠実に従うことに決めました。

「和気あいあいがいい。楽にしてもらわないとね。」という
助手の仲間もしましたが、私は、「弓道」にどんなイメージを
持って申し込まれるのかを考えたとき、和気あいあいを求めてくる
のではないと思いました。

だから、電話応対の方法から変えました。
ときに、仲間に参加者の方々は入会しているわけではない、
「お客様」なんだと言い続けました。

そのために皆さんが最後まで残ってくださったわけでないかもしれません。
でも、教室とは関係のない仕事を始めたり、スタッフ同士で雑談したりは
なくなり、ピリッと引き締まった道場の雰囲気になったと思います。

気がつけば助手の期間が長くなりました。
思えば、この教室を手伝わせていただいたおかげで、
私自身もたくさんのことを勉強させていただき、
成長させていただきました。

今度はこの体験を大勢の後輩にしてもらいたいと思っています。
教室運営に携わることは、道場の意識レベルを高めるのに役立ちます。
ですから、もしかしたらこれが最後のお手伝いになるかもしれません。


参加者のみなさん、お疲れ様でした。
もしよかったら、この先も弓道続けてみてください。


秋の終わり
(熊取での一枚。暑かった夏のなごり。秋の空はどこまでも透き通る。)



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記