2010年10月25日

てっぱんダンス

NHKの連ドラ小説、滝本美織ちゃんの魅力にハマってしまい、
ちょこちょこ見てますが、もう一つずっと気になっていることが。

オープニングのダンス。

なんか気持ちがくすぐられる動きなんですよ。

葉加瀬太郎さんのバイオリンのおだやかなメロディーとゆる〜いダンス、
見ているとのんびり、ほかほかしてきます。

尾道の伝統の踊りなのかなぁ・・・と思ったりしましたが、
調べてみるとちゃんと振り付けされたものだったんですね。
教則ビデオまでありました(笑

まずは、playをクリックして、
次に「番組オープニングタイトル」の方をクリック!

周りの画の湯気やコテもダンスと一緒に動くの。かわいい。
最後、みんなが集まって手をひらひらさせるとこは、
お好み焼きの上にのっかった湯気に踊るかつお節だね。

てっぱんダンス↓
http://www9.nhk.or.jp/teppan/dance/index.html


思わず笑ってしまいます(^^)


<追記>

腕組んで回るところあるでしょう?
子どもの頃、友だちとそれやったとき、勢いつけてブンブン回って、
ボカーン!って吹き飛ぶのがおもしろかった(^^)



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年10月24日

この一粒が稼ぐ。

昨日、ちょっと足を伸ばして、いつもと違うスーパーに行きました。

野菜やお肉・・・食材をカゴに詰め込んでレジ近くに行くと、
おおっ!そこにはなんとっ!
あの伝説のチロルチョコ「きなこもち」 が
山積みになってるではないの!!

この「きなこもち」、過去記事に載せました。
2003年の発売以来、100個単位で大人買いする人が続出。
約1億個を売り上げ、発売5年で、チロルチョコシリーズの
売上高を50億円から100億円に倍増させる原動力になった代物。
( 過去の記事→http://snowsky08.blog8.fc2.com/blog-entry-746.html )

(なんか乗せられて買うのもなんだし・・・)
(ああ・・・でも、そんなにおいしいの?)

我に返ったら、カゴに入ってました(^^ゞ

チロルチョコ「きなこもち」1

周りは、きな粉風味のチョコレート。
中には、おもち。
チロルチョコ「きなこもち」2

ほがほが・・・けっこう噛み応えがあります。
これがいいんでしょうね。
あとをひく感触です。

一袋98円で9個入ってました。
とすると・・・100個なら約千百円。

1億個売れたから・・・
11億円!!この一粒が!?

posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年10月23日

腰も良くなったし、踊ってみる?

昨日、ミュージックステーションに出ててん。
韓国のユニット「少女時代」。

めーーーちゃ、きれいやねん。

特に脚。
細いけど鍛えられてるね。
こんな高いヒール履いて、こんなに速く動けないよ。

「Gee」少女時代


ダンスがおもしろい動きでね。
音楽もノリノリ!このリズム好き!


KARAのヒップダンスもちょっと驚き。
振り付け考えるの誰だろう。。。。韓国のユニットは実力あるね。



腰、昨日も施術していただいたの。
すっごい調子いいの。

ほな、ちょっと、ヒップダンスを・・・

あ。。。  まだ、あかん。。。。^^;

posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年10月22日

自然体であること

連ドラの「てっぱん」。
昨日の下宿の大家さん役の富司純子さんの笑顔、
ホンマに自然なステキな笑顔だったぁ・・・

食事は提供しても、いつもは下宿人とは一緒に食事をしない
大家さんだけど、小学生の民男くんの誕生日に、下宿人も
大家さんも一緒にご飯を食べようと主人公のあかりが画策する。
なんだかんだといろいろあったけど、み〜んな一緒にご飯を食べるんだ。

大家さん、民男君の好きな「グラタン」作ったんだよ。
いい匂い〜。。。って、みんな喜んで大皿をつつくの。
いつもむっつりの大家さん、なんともいえない穏やかな顔でそっと微笑んで。
心から。でも演技なのね、「田中初音」さんなのよ。
違和感の無い空気になじむ演技。

昨日、弓道の称号試験の二次試験の実技練習をやってね、
なかなか空気になじむ演武というのができないの。

一生懸命、真剣にやろうと思えば、いらぬところに力が入る。
いかん、いかん、リラックスしようと思えば、肝心なところの力が抜ける。

指導してくださった範士が、最初におっしゃった。
「意識を変えないと自分が変わらない。自分が変われば射が変わる。
 無駄な動きを捨てろ!余計なことはするな!」と。

5人そろっての演武では、1人が少しでも余分な動き、
癖のある動きをすると、あれっ?という違和感とともにすごく目立つ。

自然な動きで、シンプルで、かつ、人の心に訴える演武・・・・
富司純子さんの笑顔の演技・・・

わたしは・・・・まだまだだな。


コスモス2
(どうしてこんなに心に響くんだろう。)


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年10月21日

人それぞれ

昨日は、弓道の初心者教室の日。
すでに6回目を迎えました。
直径1メートルくらいの大きな的を1メートルくらい先に置いて、
それを狙って放つという実践練習に入ってます。

私は仕事があって、途中から指導の手伝いに入りました。
途中参加ということもあって、メインの者が指導している最中だったので、
これを機会にすぐに指導に入らずに、離れたところから皆さんの様子を
しばらく見学させていただきました。

確実に体幹部が安定してきた人、指導されたことをしっかり守って
技術がどんどん積み上がってきている人・・・目を見張るほど
上手になられましたね。

一方で、毎回出席しているのにかかわらず、いざ弓と矢を持って的の前に立つと
矢の持ち方までグチャグチャになっている人もいます。
同じことを言っても、スッと頭に入っていく人もいれば入らない人もいる。

ホンマ、物事の習得の仕方は、人それぞれなんだなぁ・・・と思います。

学ぼうとして来られてお金もいただいていますから、確実に28メートル先の的に
飛ばせるように指導しなくては役目が果たせません。
指導の方法も、声かけの仕方から考えていかなくてはいけないですね。
私個人は、昔のように「見て覚えろ!」が好きです。


P1030196 - コピー.JPG
(先日カイロプラクティック施術のあとに。駅までポツポツ歩いた。
 ゆ〜っくりお花が見れるのも、また幸せ・・・風に揺られて・・・)



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記