2010年09月18日

今日はぼやきます!

kameさんはやさしいな。
それに比べて、あたしゃ、“鬼”やな(笑


昨日、弓道場で演武をやった。

先生方もいないし、見学の人もいないし、高段の先輩もいない。
ベテランのYさんが、「やろかー。」っておっしゃたので、
それじゃ・・・と。

23日には、四段までの昇段試験もあるしね、
そのときに演武をやらなきゃいけない。

で、5人ずつ前に出てやるんだけども、最初に二段と四段の人が
始めることになってね。すでに3人の人が用意して並んで待ってた。
さらにそのあとには、五段以上の人たちのグループも控えている。

なのにあとの1人が、巻きわら前で弓引いてるし、
もう1人が「あと一本待って。」と言って、それを見てる。
何も急に「やろう!」と言ったわけじゃない。
ベテランYさんが、「▲▲分から始めよう。」って、
40分も前から言ってはったこと。

「待たせてまで、今、やらなアカンことなんですか?」
思わず言っちゃったよ。

それでもしてはりましたよ。
年齢は私よりも10歳以上も上の方々ですよ。

2人とも私たちが助手で携わっている初心者弓道教室出身。

「最初の私たちの教え方が悪かったかなぁ・・・・」
と、kameさんにぼやいてしまった。


巻きわら前で引いた後、その2人は並んだ。

見たら、先ほど「・・・待って。」と言った方が、
矢を一本しか持っていない。
演武の時は、二本引くことになっているのに。。。

kameさんが、「あれ、いいの?」とオロオロ。

「いいよ。」と、私。


なんでもすぐに私たちが注意して、何回も同じこと言っても頭に入らない。
これじゃダメだと、自分で気づかないと直んないんだって・・・

そう言ったが、結局、kameさんはベテランのYさんに、
「〇〇さん、一本しか矢を持ってませんが、いいんですか?」と質問。
Yさんが、「〇〇さん、一本しか持ってないよー。」と声かけした。

〇〇さん、ニヤニヤ笑って、「ああ、ホントだ。」と矢を取りに。

「わたしは、ほっとこうと言ったんです。kameさんはやさしいですよー。」


どこまで通じたか・・・
メンバーの中で1番経験年数が少なくて、1番高段・・・・
・・・困った。


それにしても私って、冷たいわね・・・ははは。



supper
(夕食。野菜いっぱい食べたくなって。
ポトフ、エリンギのクリームパスタ。
 なぜか焼ナス。エリンギ、めちゃウマっ!)

posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記