2010年09月07日

瀕死の金ちゃん

「ひんしのきんちゃん」変換したら、「品詞の筋ちゃん」だって。

ほほ〜〜〜っ。。。



って、感心している場合じゃなくて、金魚が病気になってしまいました。

今年は気温が高くて、よって、水温も高くなりがち。
細菌も繁殖しやすいんですよね。

parents
(元気なときの写真。たぶん、手前がメスで、奥のがオス。
 ピンポンパールの金ちゃんが、いつも奥のヤツに追いかけられてましたから(^^ゞ)

夏の始めには、2人(尾)の愛の結晶(?自然の摂理?)も生まれ、その後、
ちび金は別居してますが、幸せな家庭も築き、やれ2尾目の出産かと思いきや・・・

baby
(目がお母さん似。胴体がお父さん似。尾びれは半分ずつ似。)

ちょっと間の出来事でした。
3日前まで、「餌くれ〜、餌くれ〜」と周囲に水をはじきとばすくらい
元気だったんです。

おととい朝から、えらいおとなしくなったなぁ・・・と思っていたら、
晩にはヒレがモヤ〜っと白くなり、カラダのところどころが
赤く充血し始めました。

大急ぎで薬を溶かした水に放ち、様子を見ましたが・・・

ゴメン!ちび金。
おとっつあん、死なせてしまったよ。


昨日の夜、じっとしているおとっつあんを見て、
わたしゃ、峠を越したのだとばかり思っていたよ。

外面的には、おっかさんより、軽い症状だったからね。
赤くなってなかったし。
りっぱな最後だった。

おっかさんは、今、必死に病気と戦ってる。

sick1
(口の周囲の充血が目立つ。昨日より引いた。)

sick2
(ちっちゃい時は、すぐ病気になった金ちゃん。
 今回すごくがんばってる。やっぱり最後はメスが強い?)


ちび金、おっかさんは死なせないよ!

がんばれ!金ちゃん!!



posted by akane | Comment(0) | 日記