2010年08月05日

ひとりでやって見えたもの


「ゲゲゲの鬼太郎」の「ゲゲゲ」の由来。

水木しげる(本名:武良茂)さんは、小さいとき、
自分の名前を「げげる」としか言えなくて、
そのうち、あだ名が「げげ」となって、ほんで最終的に「ゲゲゲの鬼太郎」。
「しげるの鬼太郎」って意味があるんですって。

なるほど?。

ゲ、ゲ、ゲゲゲのゲ〜・・・・こりゃまた、口ずさみやすいや。


さて、昨日は、一日弓道場。

最高気温は35度に達した。屋根があってこそ、これで済んでる。
なかったら。。。おぉ、怖っ。

昨日はどういったことか、他の3人の助手のメンバーが用事やら体調不良やらで
休みで、私一人。

昇段試験の書類配布や練習の段取り組み、初心者教室卒業生のフォロー、
ついでに先生方のお茶の準備・・・・と、大忙し。
8時間いて、自分の練習は6本引いただけ。

もともと水曜は用事が多くて、矢数はかけられないけど、
昨日は体力的に もう引けなかった。

本当は自己練習だけして短時間で帰りたい。
助手メンバーそれぞれが、水曜日を止めて木曜日の高段チームに
移行したいと思っているのが本音。

でも止められないのは、水曜は水曜なりに特別にトクすることがあるから。
木曜の高段チームはそれなりにまたややこしい。
仕事の調整も必要だ。

とにかく、事故もなく、無事に過ごせてよかった。。。

更衣室で着替えていると、お茶当番表が目に入った。


8月5日「○○、▲▲」


あ!

休んだ助手メンバーの名前が二つ、しっかり書いてあった。

(明日は道場に来るんや・・・みんな少しずつ、移行するよう
 行動を起こしているんだね。)


お茶当番(掃除当番も含む)は、木曜日だけのもので練習に来る中の
女性たちが順番に交代で行っている。
お昼の12時から1時間、みんな練習を止めて道場の片隅で
食事がてら当番が用意したお菓子で「お茶」をするのだ。
これはうちの道場の独特の風習で、前の代の範士のときから
始まったものらしい。
その中に、助手のメンバーの彼女らも一歩足を踏み入れたわけである。


水曜を休んで明日に備える・・・・ちょっとショックやったけど、
それは、今まで他のメンバーに頼っていた自分の甘えからくる感情であり、
弓を引く目的は、人それぞれだからね。特に嫉妬する怒りの感情は、
持つ必要はなし。

そうなんだと思ってしまえば、自分のやるべきことは逆に明確になった。


なんだかスッキリした。



<追記>

soup curry 1
(暑いよ?、スパイスが効いたカレーが食べたい!
 香辛料と夏野菜たっぷりのスープカレーを作った。)


soup curry 2
(これこれ、この味だぁー!)



posted by akane | Comment(0) | 日記