2010年08月01日

こんな日常の中に・・・・


朝、前の公園でカラスが合唱。時計を見ると5時。

連日続く。

なんかいい方法はないかと、ふと思いついた。

カラス鳴く → フラッシュ!!

部屋の窓からカメラのフラッシュをたいた。

光は向かいの看板に当たって、公園中に稲光が走った。

カラス、みごと撃退。

今朝も合唱。それじゃ、と、窓際に立った。

カラスってかしこいね?。

立っただけでも黙っちゃったよ。


今年はゴーヤの育ちがイマイチ。

go-ya1

ウルトラマンに出てくる怪獣みたい。なんていったっけ?
これはもうアカンね。
go-ya2


<追記>

大阪の乳幼児死亡の事件。
母の父(祖父にあたる)と父の母(祖母にあたる)のコメントを読んだ。

「いい子だった。人懐っこい子だった。」
「どうしているのかと思っていた。」

乳児の4ヶ月検診のスタッフとしてお母さん方に接することがある。
お母さんの中には、育児が楽しくて楽しくて仕方がない様子が
にじみ出ている人もいれば、しんどくて鬱になっている人もいる。
19歳のお母さんもいれば、43歳のお母さんもいて、
年をとっていれば育児に不安がないかといえば、そうでもなくて。

ちっちゃい子って、100パーセントの愛を求めてくるからね。

お母さんもしんどくなるよ。
育児を手伝ってくれる人がいればそれもいいけど、
しんどいときにしんどいって話せる相手、
話して自分を受け入れてくれる相手がいるのが1番いい。

コメントするなら、気になっていたのなら、
おじいちゃん、おばあちゃんも何かできなかったのかな?と思う。

そういう事情があるんだね。

子は親の鏡。繰り返すのかな。

悲しいよ。



posted by akane | Comment(0) | 日記