2010年08月17日

ひと夏の経験って?


14日の朝に少し涼しくなったって書いたのに、
とんでもなかった! 

なんなのこの暑さ!ぶり返しちゃった!

水木しげるさんは、墓場が散歩コースだったらしいね。
私も行ってみたけど、墓場って暑いのよ。

石が熱を持っててね、焼いもは無理としても、
目玉焼きくらいは作れそうよ。

2010 2
(こんなところに・・・いじらしい・・・。)

去年は、梅雨明けが8月に入ってからで、涼しい短い夏だったのね。
ひと夏の経験もまだなのに?ぃ・・・なんて焦ってたっけ。

そもそも「ひと夏の経験」とは、なんぞや?

山口百恵さんの歌の題名だったっけ?

その年の夏オンリーの特別な体験?

小学生の夏休みには、好きな男の子(2つ年上)とウサギ当番が
いっしょになって、ドキドキした。

中学生のときは、テニス部の顧問の先生にラーメンをおごってもらった。

高校生のときは、部活に明け暮れた。

大学生の時は、本屋の倉庫に缶詰。
山積みの返品本を荷造りし、一冊残らず送り返した。


・・・なんだか地味。。。


今年は10年ぶりくらいに、かき氷を食べた。

2010 1


そのあと焼肉食べに行ってお腹をこわした。


街でこんなん見つけた。かばんの自動販売機だって。

2010 3

2010 4

2010 5

2010 6


あ〜あ、8月もあと2週間で終わりかぁ〜。。。


posted by akane | Comment(0) | 日記

2010年08月14日

夏の終わりが近づいて。


立秋を過ぎてから、朝、前の公園のセミが鳴かなくなりました。
突き刺さるような日差しの日もありません。
夜の暑さもマシになりました。

とはいえ、やっぱりお風呂上りはまだ暑い。

肩甲骨の下あたりまで伸びた髪を 乾かすのが大変です。

お風呂から上がって、体を拭いてパジャマ着て、
ドライヤーをかけると首に髪がくっついたり、汗が玉のように吹き出て、
腕からしたたり落ちたり、パジャマもぐしょぐしょ。

・・・せっかくお風呂に入っても、またまた汗だくです^^;



夏の終わりは着々と進んでいて、昨日は朝顔の種を取りました。

asagao tane

茶色くなったカサカサの実の皮をパチン!とはじくと、
ぽろぽろ転がり出てきました。

大きいのやら小さいの、いろいろです。

これでもう10代目。
弱くなっていくこともなく、毎年たくさんの花を咲かせます。
とても優秀な遺伝子の種デス。


まだまだ上には花が咲いていて、もっといっぱい取れそう。

どなたか欲しい方、いらっしゃらないかな。



<追記>

先日ブログに載せた柴田トヨさんの本を
田舎の母に送りました。

文学少女だった(らしい・・・)母。
私が高校生になるまでいっしょに住んでいたときは、
日記を書く姿をちょくちょく見かけましたが、
今も続いているのかな?



※3日間ほどパソコンから離れます。
 キーをパチャパチャできないのはさみしいなぁ。。。
 



posted by akane | Comment(0) | 日記

2010年08月13日

男性に日傘のススメ


男、日傘なるものをさしてみる。。。


新聞に「男性も日傘をさしてはいかが?」と載っていました。

あーそういえば、日傘をさしている男性、見かけませんね。
日傘といえばミセス、マダム風っていうイメージはだいぶなくなって、
今は若い女性もさすようになりましたが・・・・。

私も、弓の練習に行くときは歩いて行くので日傘をさします。
始めは御多分にもれず、日焼け予防のためでしたが、
さしているうちに気がついたんです。
日傘をさして陰にすると体がラクなんですよ。
傘の下はいくらか温度が低いと思います。

スーツ着て仕事で日中歩いて回っていらっしゃる男性、大変ですね。
日傘、いいですよ。ぜひさしてください。

フリフリレースの日傘じゃなんですから、う〜〜〜ん・・・
涼しげな海や山の絵を描いたのとか、こっそり会社名の入ったもの、
金魚や風鈴の和柄・・・男性にも合うデザインのものがゾクゾク
出てきたらいいですね ^^ 。


posted by akane | Comment(0) | 日記

2010年08月12日

電話応対も楽しいです。


台風一過。

夜中の3時頃、風が強くなってきて窓の開け具合をあれこれと
調節してから横になった。そのあとどうやら爆睡したみたいで、
いつ台風が過ぎていったのか、まったく分からない。。。。(^^ゞ

今年初めての台風でした。


さて、今月2日から募集している初心者弓道教室の申し込みは、
ただいま6人。

どの方もね、「初心者」対象って書いてあるのに、
「私まったくやったことないんですけどいいですか?」
って、聞くんです。

あとは、
「年齢は関係ないですか?」と、
「教室が終了したあとはどうなるんですか?」
っていう質問が多いですね。

みなさん、不安げですが勇気をもってお電話してきていらっしゃるんですよね。
私はその不安を取りのぞく役目をします。

2年前初めて電話当番をしたときは、「申し込んでください!」って気持ちが
強くて、ありありと言葉に出ていたと思うんです。
とにかく元気よく、楽しく、アピールして、と。
こちらのテンションが高くて引いた人もいたかもしれませんね。

今は、相手の気持ちを考えて、言葉を選んでゆったりと話すように心がけています。

ただ、相手に合わせてばかりでもありません。
弓道の最初の窓口としての礼儀正しい言葉遣いと態度は保ち、
どんなに気安く話しかけてくる人にも丁寧に応対するようにしています。



・・・って、自分なりのスタイルができたかな。


posted by akane | Comment(0) | 日記

2010年08月11日

柴田トヨさんの本「くじけないで」


ずっと気になっていた本。

昨日、書店で手にとってみて、
これからの人生の座右の書だ!と思いました。

98歳、柴田トヨさんの詩集です。

92歳から詩作を始められ、今年2月までの42作品が収められています。

前向きな文章、優しい語りかけ、強い意志表現、ユーモア、洒落た観点、
今の時代に見失いそうな心の表現にあふれています。
もう一つの時間軸がゆったりと流れていくようです。

決して難しい言葉、すばらしい言葉を並べてあるわけじゃない。
でも、心に残る言葉がたくさんある。
98歳の女性の内面がはっきりと書かれていて、
そのみずみずしさに感動しました。


女性はこれからの生きるお手本として手元に置いて、
男性にはぜひ読んでいただいて、「母」の心の真髄を感じ取って欲しい。


Mrs.Sitaba
(・・・九十八歳でも 恋はするのよ 夢だって見るの 雲にだって乗りたいわ・・・)



posted by akane | Comment(0) | 日記