2010年07月06日

猫、山を登る。

a morning glory 2 いつも一つずつ咲いていた朝顔。今朝、3つ。 昨日ブログを打っていたら、遠くの方で、 ジィ・・・ ジジィ・・・ジーーーーィ・・・・ セミも鳴き始めた。いよいよ夏来たか。 さて、昨日の日記。 職場のお母さん的存在、Fさんが、「あんた読むか?」 と、本を貸してくれた。 仕事先の人に貸す予定だったのが、渡せなかったという話をしているうち、 いつのまにか私に貸してくれることに。。。 半ば強制的に渡された本は、「山登りねこ、ミケ」。 は!?猫?山登り? 猫はそもそも、一所にじっとしてないでしょ? 好きなところにヒョイとでかけちゃうでしょ? 「まあ、おもしろいから読んでみ。」Fさんがニヤニヤして言う。 猫を抱えてどっかの高い山に登った体験記かな? しゃーない。Fさんのおススメだし、読んでみるか。 布団に寝っころがってペラペラ・・・・ へ?????、この猫、ずっとついて来るんだ。。。。すごいな。 60山も登ったの??変わった猫やなぁ。。。。 へっ!?オスなの?三毛猫で? いつのまにか夢中になって読んでた。 おもしろいよ。「山登りねこ、ミケ」。  著者 岡田 裕 (おかだゆたか)氏     小学校養護教諭休職中  日本の山1000山を登る会会長 全国カラオケ指導協会公認教授。     <追記> 小学校4年から20過ぎまで田舎の家で猫を飼っていた。 その名も「ミケ」。 もちろん三毛猫だったから。。。(^^ゞ 一緒に山登りはしたことはないけど、 気持ちが通じ合える落ち着いた賢い猫だった。
posted by akane | Comment(0) | 日記