2010年07月02日

嫌いなものが同じ人

パクさんの死から2日。 パクさんと仲が良かった(私の好きな)リュ・シウォンさんも 泣いてました・・・歌いながら・・・。 日本から韓国へ急いで帰られましたが、出棺に間に合いましたか? 先日の話。 その日は朝から弓道場に入る日で、10時までには入りたかったが もたもたしているうちに9時40分になった。 今から家を出ても間に合わない。 電話をしようと思ったが、kameさんも悪友Kも着替えの最中だろうし、 10時15分頃には入れそうだし、そもそも何時までに入場という規則も ない・・・・電話しなかった。 10時20分過ぎ、道場到着。 更衣室で着替えていると、kameさんがやってきた。 「 いつも電話くれるあかねさんが、電話ないし、  何も言わずに休むこともないのにどうしたんだろう・・・って、  (悪友)Kさんと言ってたんよ。」とkameさん。 「ああ、ごめん。電話するのに中途半端な時間だったもんで。」 「(悪友)Kさんが心配してさぁー。『(恐怖の)S先生となんかあったんじゃないか 』・・・って。」 着替えて道場に入り準備体操をしていると、今度は悪友Kがやってきた。 「 心配したデ?。kameさんが、『 昨日私早く帰ったから分かんないけど、  もしかしたら、あかねさん、(恐怖の)S先生になんか言われたんじゃないか 』・・・って。」 オイオイ、二人とも・・・なんやねん。。。ははは。。。^^; 心配させたね、ごめん。。。 だけど二人とも、分かっちゃいないねぇー。 二人はお互い、(恐怖の)S先生から、 悪友Kを、kameさんを、 守らなきゃって気遣い合ってるみたいだけど、あたいは大丈夫だよ。 S先生は機嫌がいいときは、私の訳の分からない的の外れた冗談にも つき合ってくれる。 私が不思議だったのは、S先生がなんでいつも感情を爆発させるんかって ことだよ。だけど、それももう分かった。 それにね、知ってる? 仲がいいのが長く続くのは、 「好きなものが同じ」者同士より、 「嫌いなものが同じ」者同士のほうなんだってこと。 私とS先生はね、「嫌いなものが同じ」なんだよ。
posted by akane | Comment(0) | 日記